ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Union Bridge (Tweed) - Wikipedia

ユニオン橋: Google map

ユニオン橋 (ツイード)
(Union Bridge (Tweed))

ユニオン橋ユニオン吊り橋 (Union Suspension Bridge) とか ユニオン鎖橋 (Union Chain Bridge) と呼ばれ、 ツイード川 (Tweed) にかかる吊り橋で、 イングランド、ノーサンバランド、ホーンクリフ (Horncliffe) と スコットランド、バーウィックシャー (Berwickshire)、フィッシュウィック (Fishwick) を接続している。 こうすることにより、橋はイングランドとスコットランドの境界にも架かっている。 メナイ吊り橋の工事が最初に始まったが、ユニオン橋が先に完成した。 今日、この橋は道路交通をなお通している最古の吊り橋で、 スコットランドではカテゴリー A の指定建造物で、 イングランドではグレード I の指定建造物である。 橋は サストランス・ルート 1 とペナイン自転車道 (Pennine Cycleway) にある。

ユニオン橋 ノーサンバーランド
における位置
  1. 歴史
  2. デザイン
歴史

ユニオン橋の開通までは、 この場所で川を横断するには 下流のベリック=アポン=ツイード (Berwick-upon-Tweed) まで 11 マイル (18 km) の往復をするか、 上流のゴールドストリーム (Goldstream) まで 20 マイル (32 km) の 往復をすることになった。 (レディカーク・ノアハム橋 (Ladykirk and Norham Bridge) は 1888 年まで開通しなかった。)

建設

橋はイングランド海軍将校のサミュエル・ブラウン大佐 (Captain Samuel Brown) によりデザインされた。 ブラウンは 1795 年に海軍に加わり、 麻ロープ (hemp rope) の改良の必要性を考えていた。ロープは しばしば破損して輸送の損失につながっていた。 彼は鍛冶屋を雇って実験的な錬鉄の鎖を作らせた。 HMS ペネロープ (Penelope, 船の名) は 1806 年に鉄の艤装を装備し、 試験航海で十分に成功したため、1808 年に従弟のサミュエル・レノックス (Samuel Lenox) と会社を設立し、これがブラウン・レノックス社 (Brown Lenox & Co.) となった。 ブラウンは 1812 年に海軍を去り、1813 年に鉄 1880 kg を使用して、 105 フィート・スパンの吊り橋のひな型を建設した。 橋は十分に強く、車両を支え、 ジョン・レニー トーマス・テルフォードは好意的であったと報告されている。

ブラウンは鎖を製造する方法の特許を 1816 年に獲得し、 次に 1817 年 7 月に 「部品を作り、まとめることにより橋を建設すること」 と題した特許を取った。 1817 年頃にブラウンはランコーンでマージー川を横断する 1000 フィート (300 m) スパンの橋を提案したが、この橋は建設されなかった。 ブラウンがユニオン橋のプロジェクトに何故関連することになったのかは知らられていないが、 1818 年 9 月付の仕様に基づいて工事をすることに同意した。

アレグザンダー・ナスミス
Alexander Nasmyth
による橋の絵 (1820 年)
橋の詳細、バラとアザミがからみ、
モットー:Vis Unita Fortior
(団結せよ、力はもっと強い)

更に上流にある歩行者用のケーブル支え橋である ドライボロ修道院橋は 1818 年 1 月に崩壊し、これはユニオン橋の建設が始まる少し前の事であった。

ブラウンは石造工事のことは何も知っていなかったので、 レニーがこの工事の部分を担当した。

橋の提案は 1819 年 7 月に同意が得られ、 議会法の認可は 1802 年に通過しており、 建設は 1819 年 8 月に開始した。

橋は翌年 7 月 26 日に開通し、 開通式には有名なスコットランドの土木技術者である ロバート・スチーブンソンが他の人ともに出席した。 ブラウン大佐は二頭立て二輪馬車 (curricle) で 12 両の荷馬車を引いて橋をテストし、 その後 700 名の見物人が横断した。 1885 年まで、橋を横断するのに通行料が課せられ、 料金小屋はイングランド側にあって、1955 年に取り壊された。

後の歴史

1883 年に通行料の廃止と共に橋の保守はツイード川橋トラスト (Tweed Bridges Trust) に手渡された。 トラストが終了した時に、橋はスコットランド境界委員会とノーサンバーランド州議会の責任となり、 現在は州議会により保守されている。

1902 年のケーブルの追加と共に、橋は多くの折に強化・一新された。 橋の路面は 1871 年と 1974 年に再び、随分と新しくされ、 鎖は時々強化された。

橋は 2007 年に数ヶ月間自動車交通に閉鎖した。 オンラインで利用可能な新聞によると閉鎖は 2007 年 4 月 12 日の少し前に起き、 橋のハンガー (吊り棒) が壊れたことによっていた。 影響を受けたハンガーは一時的に切り落とした棒で置き換えて橋を自動車に再開通しようとした。

2008 年 12 月に橋は地滑りの結果、交通に閉鎖された。 2013 年 3 月に、メディアは橋を保守する資金がないため、橋を閉鎖する提案を報道した。 2014 年 10 月に、地元の熱狂家と活動家は 2020 年の 200 年記念に間に合うように 橋を完全に修復する運動を開始した。

2013 年に橋は、ヒストリック・イングランド (Historic England) の危機遺産 (Heritage at Risk register) に置かれた。 2017 年 8 月に、スコットランド境界委員会は、提案されている £780万 の橋の更新に向けて、 £100万 の貢献をすることに同意した。

デザイン

橋は 449 フィート (137 m) の単一スパンである。

橋は東西の配置で走り、 西端がスコットランドで、東端がイングランドである。 スコットランドの端では、道路は真っすぐに続くが、イングランドの端では、南に鋭く曲がる。