ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの一部の翻訳です。アイバー (eyebar) がどのようなものかの説明に関することだけです。

Eyebar - Wikipedia
アイバー (Eyebar)

構造技術と建設に置いて、アイバーは真っすぐな板 -- 通常は金属 -- で、両端に他の要素に接続するための穴 (目) が開いているものである。 アイバーは橋のような構造物に使用され伸張力のみが働き、圧縮力が働かない場合のみに使用される。

アイバーは典型的には全長で一定の厚さの長方形の面を持ち、 両端を除いて一定の幅である。 両端では幅が広くなり、丸くなっている。 この端の中央には穴があり、円柱状のピンが収まり、 ピンには 1 個以上のボルトやナットを受け入れることができる。

応用

トラス橋

アイバーはピンで接続するトラスの一部で使用され、 工学工程でアイバーがどのような場合にも伸張以外の力が働かないことが確立している場合のみ使用される。

この軽量トラス橋では両側の
トラスに 16 の要素があり、
このうち 7 個が圧縮状態で
残りの 9 個が伸長状態のみ
で、アイバーで作られている。
剪断と曲げの力が路面構造の
中に完全に収納されている。
トラス橋のピン接続された
アイバーの詳細

吊り橋

アイバー鎖は長期間、吊り橋で使用され、 たばねたアイバー鎖がひどく冗長な構造を作った。 しかしながら、 もっと現代的な冗長性の低い吊り橋には一般に好まれなくなった。 これは 1967 年のシルバー橋の崩壊の結果で、46 名が失われた。

アイバー鎖による吊り橋
クリフトン吊り橋
クリフトン吊り橋の詳細

(現在の吊り橋のデザインでは複数の撚ったワイヤーを使用して頑丈なケーブルを作る。)