ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Dunans Bridge - Wikipedia
Google map: デュナンズ橋
Google map にユーザーがアップした写真
デュナンズ橋 (Dunans Bridge)

デュナンズ橋はカテゴリー A の指定建造物 (listed structure) で、トーマス・テルフォードによりデザインされた。 位置はスコットランド、アーガイル (Argyll) のコーワル半島 (Cowal peninsula) のデュナンズ城にある。 これは ワーテルローの戦いを記念するためにデュナンズのジョン・フレッチャー (John Fletcher) のために建設された。 橋は 1815 年に完成したが、これはカー (Kerr) によりデュナンズ邸宅 (デュナンズ・ハウス) が入念にフランコ・バロニアルの (フランスの男爵風の、 Franco-Baronial) 城に変更された 1864 年よりも前のことである。 3 基のアーチを持つ荒石建築 (rubble construction) は国際的にも重要であると思われている。 というのは、これはこの形式で現存するただ一つの橋だからである。 橋は河床から 15 メートル上に立ち、 スコットランドで最も優れた 10 基の橋の 1 つに投票で選ばれた。 橋は、今では取り壊された旋回橋と置き換えるために建設された。 この橋はしばしばテルフォードにより建設された橋と類似のものであるが、 3 基のアーチ、 ガーゴイル、8 基の六角形の橋脚、更には 16 メートル (52 フィート) の険しい高さにより、 橋がユニークなものとなっている。

デュナンズ橋 アーガイル、1890 年ごろまで州

この橋は「スコットランドの危機遺産」(Building at Risk Register for Scotland) で「危機状態」(At Risk) のカテゴリーに 分類されている。 2008 年の検査で、「構造の上あるいは周囲にかなりの植物が生え、支え壁の覆いがセメントの補修で被害を受けている」と指摘された。