ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Windsor Railway Bridge - Wikipedia

Google map: ウィンザー鉄道橋

ウィンザー鉄道橋 (Windsor Railway Bridge)

ウィンザー鉄道橋はイザムバード・キングダム・ブルネルによりデザインされたバークシャー州ウィンザーの 錬鉄製の弓と棒で構成された橋である。 この橋をかってのグレート・ウェスタン鉄道 (GWR) の支線が通り、スラウからウィンザーに至り、 「ウィンザー・イートン中央駅」の中に入っていった。 この橋はテムズ川のロムニー水門とボヴェニー水門の間の水平区間を横断している。


ウィンザー鉄道橋、錬鉄製の橋
写真は下流側を写し、ウィンザーの方を向く
  1. 構造
  2. 開通
  3. 軌道のレイアウト
構造

橋は単一スパンの構造で、3 基の弓ヅル・トラスから構成され、 これにより 2 つに分割され、その各々の部分を GWR の軌道が通っていた。 この橋は、今なお定期輸送に使用されている世界で最も古い錬鉄製の鉄道橋である。 これはブルネルの最後の代表作であるロイヤル・アルバート橋の先駆である。 橋は 1975 年にグレード II の指定建造物に指定された。

開通

鉄道は 1849 年に開通した。 鉄道の建設は遅延し、元々の議会法には含まれていなかった。 というのは イートン・カレッジの学寮長の反対があったからである。 レンガの高架橋は 1861 年から 1865 年に建設され、 元々の木製架台に取って代わった。橋の請負人はジョージ・ハネット氏 (Mr. George Hannet) であった。


煉瓦製の高架橋、GWR の支線がウィンザーに向かう
(東に向かい、イートン・カレッジの方を見ている。)
軌道のレイアウト

橋は複線で建設されたが、鉄道が 1960 年代に合理化された時に、 上流側の軌道が取り除かれた。こちら側の路床には下水ないしは上水の本管が設置されている。