ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bedlington Ironworks - Wikipedia
ベッドリントン鉄工場 (Bedlington Ironworks)

イングランド、ノーサンバーランドのブライス・デーン (Blyth Dene) にあったベッドリントン鉄工場は 1736 年から 1867 年にかけて操業した。 この場所は 1820 年に錬鉄のレールが発明された場所として最もよく記憶されており、 錬鉄のレールは鉄道時代を引き起こし、 1825 年に開通したストックトン・ダーリントン鉄道で始めて主に使用された。 この鉄道は鉄工場のおよそ 45 マイル (72 km) 南にあった。 ブライス・デーン (Blyth Dene) はブライス川に隣接した田園的な場所で、 当時の鉄工場に必要なものがすべてそろっていた: 石炭を産出する川の流域には鉄石 (iron stone) の小塊が産出し、 伝統的な木炭による製造をするための木材がたくさんあり、 ハンマーを駆動する水があり、製品を積み出すためのブライス港がほんの 2 マイル下流にあった。 当時、シュロップシャーの人であるエイブラハム・ダービーが木炭の代わりに コークスを使用する製鉄革命を始めていた。 ベッドリントン鉄工場は元々は 2 つの要素から構成されていた -- ベブサイド (Bebside) の工場とベッドリントンの水車工場の溶鉱炉。


ノーサンバーランドにおけるベッドリントン鉄工場の位置
  1. ベブサイド
  2. ベッドリントン
  3. 19 世紀
ベブサイド

川のベブサイド側の 50 エイカー (20 ヘクタール) が 1736 年にウィリアム・トムリンソン (William Thomlinson) によって借り受けられた。 彼はニューキャッスル・アポン・タインのスキナーバーン (Skinnerburn) 出身で、名前が確立した鉄の名匠であった。 もっとも彼は工場が適切に設立される前の 1737 年に亡くなった。 1757 年に再び売却された時には、 40 名の釘製造者 (nailer) を雇用する細断工場 (splitting mill)、 川のベッドリントン側の波止場 (quay) そして広々とした住居があった。 この住居は紳士の家族が住むのに適しており、きれいな部屋が 10 室あり、 このうち 4 室には上流風の紙が吊り下げられ、物資の地下貯蔵室、 馬小屋、大きな庭、その他の便利な設備があった。 1782 年 (あるいは 1792 年) には工場は年間 500 英トン (510 トン) も棒鉄 (rod iron) と鉄のタガを製造し、はるかロンドンまで搬出していた。 彼らはローラー工場を導入し、釘製造業は分離され、どんどん重要性を失った。

ベッドリントン

ベッドリントンの古い製粉工場 (corn mill) はサンダーランドの企業 (Malings & Co.) により、 1759 年に買収され、鋳造作業のための高炉が建設された。 後に巨大な水車で駆動するフォージ (forge) とパドル炉が付け加えられ、 必要とする鉄は周り中にあった。

訳注
フォージはハンマーで鉄を成型することあるいはその工場のことで、 上のフォージはハンマーの動力が水車であることを意味している。 フォージの中には 精製炉 (finery forge) も含まれる。上のフォージが精製炉のことを意味しているのであれば、 高炉で鋳鉄を製造して鋳造の仕事をしたがこれだけではうまくいかず、 精製炉を付け加えて鋳鉄を精製炉で脱炭素して錬鉄を製造した。 しかし効率がわるいのでパドル炉に切り替えて、パドル炉で鋳鉄から錬鉄を製造した。 この錬鉄がベブサイドの工場の原料になった。
19 世紀

1788 年までに工場はウィリアム・ホークス (William Hawks) とトーマス・ロングリッジ (Thomas Longridge) -- ゲーツヘッド (Gatesshead) 出身の義理の兄弟 -- に受け継がれた。 1809 年には事業はゴードン (Gordon) とビダルフ (Biddulph) に受け継がれ、 1819 年にはかっての共同所有者の甥であるマイケル・ロングリッジ (Michael Longridge) が受け持っていた。 彼の最初の仕事の 1 つは 1819 年に 2 マイル (3 km) 離れたチョッピントン (Choppington) の炭坑と合意を結び、ワゴンウェイが工場と炭坑を接続すれば、 石炭の値段を下げることにあった。 ロングリッジはエジンバラのロバート・スチーブンソンの報告に影響を受け、 マレーアブルな鉄 (槌で成型可能な鉄、錬鉄のこと、malleable iron) のレールを (建造することを) 決定した。 彼の代理人であるジョン・バーキンショー (John Birkinshaw) が幾つかの (断面が) クサビ型のレールを開発し、 鉄の使用を減少させ、1820 年に特許を取った。 レールは真ん中が膨らみ、ないしはカーブがあった。


1821 年におけるマレーアブルな鉄のレールに
関してのバーキンショーの特許に付随する絵

2 マイル (3 km) のワゴンウェイが 1 ヤードあたり 16 シリング 43/4 ペンスの経費がかかったが、 ロングリッジの親密な友人であるジョージ・スチーブンソンは深く感心し、 ストックトン・ダーリントン鉄道にバーキンショーの発明を使用することにした。 1822 年までにベッドリントン鉄会社は 1200 英トンのマレーアブルな鉄のレールをストックトン・ダーリントン鉄道に届けた。 この生産レベルは当時使用されていた手作業の鋳造技術をはるかに超えており、 鉄道の成功に重要な因子となった。

1836 年に野心的なロングリッジは鉄道のための機関車の製造も始め、 これにはジョージ・スチーブンソンの子息のロバート・スチーブンソンの反対があった。 最初の機関車の 「マイケル・ロングリッジ」 は 1837 年にスタンホープ・タイン鉄道に届けられた。

機関車工場は 1855 年に閉鎖されたが、ベッドリントン工場はレールと機関車のどちらもヨーロッパの多くの場所に輸出し、 鉄道システムの爆発的な成長の重要な役割を演じた。 工場は 1850 年に頂点を迎え、クリミア戦争のためにレールと鋳造品を製造した。

ロングリッジは 1853 年に工場を売り、この時点から工場は急速に衰退し、1867 年に閉鎖された。 同じ年にグレート・ウェスタン鉄道 (GWR) でイザムバード・キングダム・ブルネルの機関車技術者であった ダニエル・グーチ -- 彼はベッドリントンで育ち、子供時代に工場のまわりで遊んですごした -- はベッドリントンで製造された GWR の幾つかのレールが 37 年間使用された後でも 随分と良好な状態であることに気付いた。