ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Great Lakes passenger steamers - Wikipedia

passenger steamer の訳は旅客蒸気ボートになりそうですが、 訳語が煩雑となるので乗客蒸気ボートにしました。

五大湖乗客蒸気ボート
(Great Lakes passenger steamers)

五大湖における商用乗客輸送の歴史は長く、不規則である。 これは 19 世紀中頃と 1950 年代の間に頂点を迎えた。 早くも 1844 年に宮殿蒸気ボート (palace steamer) が五大湖の周辺で乗客と貨物を運んだ。 1900 年までに比較的贅沢な乗客蒸気船の船隊が下五大湖で定期航行し、 とりわけ、シカゴ、ミルウォーキー、デトロイト、クリーブランド、バッファロー、トロントのような 重要な産業の中心地を結んだ。

訳注
下五大湖 (lower lakes)、上五大湖 (upper lakes) の呼称は必ずしも一定したものでない。 5 つの湖の中でオンタリオ湖のみが随分低く、それ以外はほぼ同じ海抜です (ナイアガラの滝が中間にある)。 この理由からオンタリオ湖以外を上五大湖と呼ぶことがある。 スペリオル湖 (一番奥) のまわりに住んでいる人はスペリオル湖以外を下五大湖と呼ぶ (スペリオル湖以外はすべて南)。 バラ積み貨物船の船員はスペリオル湖、ミシガン湖、ヒューロン湖を上五大湖と呼び、それ以外を下五大湖と呼ぶ。 (Great Lakes) ここでの呼称はスペリオル湖以外を指しているようです。

SS ミルウォーキー・クリッパー
  1. 歴史
  2. レゾート交通
  3. 現在の事業
歴史

情報源により、どれが五大湖の最初の蒸気ボートであるか一致をみない。 ある情報源によれば、最初の蒸気ボートはカナダで建造さえたフロンテナク (Frontenac, 170 フィート) で、 オンタリオ州アーネスタウン (Ernestown、キングストン (Kingston) からおよそ 18 マイルの所) で、1816 年 9 月 9 日に進水した。 ある情報源では、最初の蒸気ボートは米国で建造されたオンタリオ (110 フィート) で、 1817 年春にニューヨーク州サケッツ・ハーバー (Sacketts Harbor) で進水した。 フロンテナクは先に進水したがオンタリオが先に業務に就いたようである。 オンタリオは 1817 年 4 月に定期業務を開始したが、フロンテナクは 6 月 5 日湖の上流まで最初の航海をした。

上五大湖の最初の蒸気ボートは、 エリー湖を航行するために 1818 年に建造された乗客船のウォーク・イン・ザ・ウォーター (Walk-In-The-Water) であった。 これは成功で、もっと多くの船舶がこれに続いた。 五大湖における蒸気ボートはサイズが大きくなり、数も増え、 追加の甲板が上部構造に付け加えられて、容量が増えた。 容量を増やす、この廉価な方法は川の蒸気ボートから適応したものであるが、湖上船に成功裏に適用した。

訳注
ここでの上五大湖は原文で upper Greate Lakes と複数形になっており、スペリオル湖 + ミシガン湖 + ヒューロン湖を指している。

エリー運河が 1825 年に完成し、 これによりニューイングランドとニューヨークからの移住者が オールバニー (Albany) と バッファロー (Buffalo) を通り抜けて、ミシガン州まで水路で到達できるようになった。 このルートの開通と 1937 年のシカゴの法人化により、 デトロイトから マキノー海峡 (straits of Mackinaw) を通り抜けて、シカゴに向かう五大湖の蒸気ボートの交通が増えた。

訳注
英国と米国では自治体となるためには法人化のプロセスが必要です。 法人化された自治体が債務超過に陥れば 「破産」 があり得ます。 このような場合には会社更生法のようなものが適用されるようです。 日本では自治体の「破産」には別の用語が使用されている。



これは 1835 年の旅行者の「ミシガン
州ポケット・マップ」の挿入部で、蒸気
ボートのルートを示している:
(左端上) デトロイトからバッファロー、
(左端下) デトロイトからフォート・
グラチオット、(中央) デトロイトから
Michilimackinac を経由してシカゴ、
(上) ナイルズからセント・ジョセフ
訳注
Michilimacknac の発音は How To Pronounce Michilimackinacで聞こえます。 ミチリメキネクと発音していますが、ゲストも発音しており、必ずしも一定していないことがわかります。 元々原住民の発音をフランス語化され、それが英語化されたものです。 現代的な呼び方は マキノー島 (Mackinac) です。

スクリューは 1842 年の蒸気ボートのヴァンダリア (Vandalia) で五大湖に導入され、 乗客と貨物輸送の新しい結合形式を建設することが可能となった。 パッケージと乗客の最初の貨物船であるヘラクレス (Hercules) は 1843 年にニューヨーク州バッファローで建造された。 ヘラクレスはこの形式 -- スクリュー駆動の船舶 -- を定義づける全ての造作を見せ、 乗客は上部甲板の専用室に収容され、パッケージ貨物は下の大きな主甲板と船倉に収容された。

エンジンも同様に発展した。 複合エンジンは効率化のために蒸気が二段階で膨張され、五大湖には 1869 年に最初に使用された。 三段膨張エンジンはもっと効率が高くなり 1887 年に導入され、 四段膨張エンジンは、速度とパワーと効率で、究極的なレシプロ・エンジンの型式で、 1894 年に五大湖に登場した。

蒸気ボートの航路は鉄道会社により、 鉄道起点と接合するために、 1850 年代に五大湖で設立された。 この事業は東部で鉄道から物資と乗客を受け取り、 湖で運んで、西部で鉄道に手渡した。 鉄道会社は鉄道事業を補完するために蒸気船航路を買収したり、建設した。 このような鉄道会社が所有する蒸気船航路の 1 つが ペンシルバニア鉄道により設立され、 バッファローのペンシルバニア鉄道のターミナルから、 ミネソタ州 ダルース (Duluth) の 北太平洋鉄道 (Northern Pacific Railroad) のターミナルを接続した。 この新しい航路はエリー・ウェスタン輸送会社 (Erie and Western Transportation Co.) によって所有され、良く知られたアンカー・ライン (Anchor Line) になった。 北太平洋鉄道は自社で北蒸気船会社 (Northern Steamship Company) を始め、 1890 年代中ごろから蒸気ボートのノースランドとノースウェストで、 バッファローとダルースの間の 7 日間の往復航海を操業した。 旅行客は幾つかの地点で下船することができ、同一シーズン内に航行を完了することが許された。

訳注
同一シーズンとは航行シーズンのことと思われ、湖が結氷しない春から秋までのことのようです。

レジャー航海の重要な産業が 19 世紀後半に登場し、 大きな客船が汚染された都会から離れた北の森林地帯の夏のレゾートとホテルへの旅行に提供された。 ミシガン州のハーバー・ビーチ (Harbor Beach) とペトスキー (Petoskey) のようなコッテージ・レゾート (cottage resorts) はもとよりのこと、 ミシガン州のマキノー島 (Mackinac Island) のグランド・ホテル (Grand Hotel) とホランド (Holland) の近くのオタワビーチ (Ottawa Beach) のような夏のホテルには定期蒸気船が就航していた。 乗客蒸気船は日帰り旅行にもチャーターされた。 これで悪名高いのが: レディー・エルジン (Lady Elgin) は 1861 年に沈没し、300 名の命が失われた; イーストランド (Eastland) は 1915 年にシカゴ川で転覆し、何百名もの人名が失われ; ノロニック (Noronic) は 1949 年の 9 月にトロントの波止場で焼失し、119 名が失われた。 この船は 「五大湖の女王」 (Queen of Great Lakes) と呼ばれていたが、 今や五大湖の乗客輸送の終焉の象徴でもある。 SS ノース・アメリカンと SS サウス・アメリカンは 1967 年まで航行を続け、 この時サウス・アメリカンはモントリオールの 1967 年の万国博覧会 (World's Fair) の 乗客輸送のために最後の航行をした。


1912 年進水のシーアンドビー (Seeandbee)

1912 年のパナマ運河法 (Panama Canal Act) 、 (37 法令 560, 566 の 390 章、1912 年 8 月 24 日) の 11 節の非独占条項により、 鉄道がほとんどの場合に蒸気船を所有することが禁止され、 法律が効力を持つことになった。 その結果、鉄道会社の所有する船隊は鉄道と所有権で関連しない買い手に売却せざるを得なくなった。 というのは、新しい鉄道法規では五大湖での船舶部門を放棄せざるを得なかったからである。 この剥奪法の下で、例えばミルウォーキー・クリッパー (Milwaukee Clipper) は アンカー・ラインにより、他の鉄道会社が所有する 4 つの船隊と共に新たに作られた 「五大湖輸送会社」 (Great Lakes Transit Corporation) に売却された。 ミルウォーキー・クリッパーは 1970 年に退役するまで、古いルートで乗客を運んだ。

リゾート交通

列車、そして後には車が一般的となるまでは、 五大湖のまわりのもっと遠隔地にある夏季休暇の場所は 基本的には蒸気ボートでのみアクセスすることができた。 北ミシガン (Northern Michigan) の観光とレゾートの場所は 1890 年代末に このような方法で成長を始めた。

シティー・オブ・アルピナ
(1942 年頃)
シティー・オブ・クリーブランド
(1941 年頃)
SS サウス・アメリカン、1913 年建造
1967 年に至るまで仕事に従事

19 世紀末には、多くの初期の旅行客はミシガン湖の蒸気船で北ミシガンのリゾート地域に到着した。 シカゴからミシガン州ハーバー・スプリングス (Harbor Springs) に至る旅行は多くの乗客にとり、 とても人気があった。 マニトウー (Manitou) と呼ばれるエレガントな船はこの行程を 24 時間で実施した。 1898 年に、この運賃は特別寝台、食事を込めて $5.00 であった。 これ以外で人気の高い他の 2 隻の船はペトスキー (Petosky) とシャールボイ (Charlevoix) であった; これらの船がハーバー・スピリングに到着するのに 40 時間かかった。 1898 年における、これらの船の料金は寝台と食事を込めて $7.00 であった。 初期の蒸気ボートはハーバー・スプリングスが自然に保護された場所で、 とても深いハーバー (自然にできた港) であったため、 ここに立ち寄った;後にはペトスキーに立ち寄った。 1910 年から 1931 年の間には群衆がグレン・ヘブン (Glen Haven) の波止場に土曜日と日曜日に群がった。 大型バス (Motorcoaches) が新たに到着するレゾートの客を待ち受け、 一方多くの夏の家の住民はシカゴから来る夫や父親を迎えるために波止場にバスで来た。 「彼らはシカゴを金曜日の晩に出発し」 と観光チラシは説明し、 「最初の停泊地であるここに翌朝に着く」。 彼らは家族と共に日曜日の晩まで滞在し、ボートが彼らを連れ戻し、仕事に戻ることになる。 彼らは偉大なるかな !

小説家のアーネスト・ヘミングウェイ (Ernest Hemingway) は彼の北ミシガンの最初の 22 回の夏の大半で、 ペトスキーの周辺で過ごした。 彼は時々、蒸気ボートでハーバー・スプリングスまで旅行し、 これは 32 時間かかる航海であった。

五大湖の重要な航路会社には米国のデトロイト・クリーブランド水路会社 (Detroit and Cleveland Navigation Company) とカナダの北航行会社 (Northern Navigation Company、 後にカナダ蒸気船航路 (Canada Steamship Lines) に吸収) があった。 幾つかはアナーバー鉄道 (Ann Arbor Railroad)、 大幹線鉄道 (Great Trunk Railway)、 そしてパー・マーケット鉄道 (Pere Marquette Railway、1947 年にチェサピーク・オハイオ鉄道に吸収) のような鉄道会社と提携していた。 ジョージア湾 (Georgian Bay) とヒューロン湖ではオーエン・サウンド輸送会社 (Owen Sound Transportation Company Limited) が 1921 年以来乗客の定期往復輸送を実施していた。

現在の事業

1950 年代以来、レジャー・クルーズ (レジャー周遊、leisure cruise) は五大湖のフェリー事業に道を譲り、 人々と車を色々な 島へ/島から 輸送した。 このような島には次があった: ロイヤル島 (Isle Royale)、 ピーリー島 (Pelée Island)、 ケリーズ島 (Kelleys Island)、 サウス・ベース島 (South Bass Island)、 ノース・マニトゥ島 (North Manitou Island)、 サウス・マニトゥ島 (South Manitou Island)、 ハーセンズ島 (Harsens Island)、 トロント諸島 (the Toronto Islands)。 これらの中で良く知られたものは、チチマン (Chi-Cheeeman) で、 トバモーリ (Tobermory, オンタリオ州) と淡水の島では世界最大のマニトーリン島 (Manitoulin Island) を接続している。

訳注
チチマンはディーゼル・エンジンで駆動する船です。 恐らく新しい船は蒸気動力ではないので、このページの表題と異なっていると思われます。

カー・フェリー事業もミシガン州ラディントン (Ludgington) とウィスコンシン州マニトウォク (Manitowoc) を接続し -- 操業しているのは五大湖で操業しているコークスを燃やす最後の蒸気ボートである SS バジャー (SS Badger) である --、 ウィスコンシン州ミルウォーキーとミシガン州マスキーゴン (Muskegon) の間で高速な双胴船 (カタマラン、catamaran) も走っている。 一隻の国際フェリーがオンタリオ湖の上でニューヨーク州ロチェスター (Rochester) からトロントまで 2004 年から 2005 年まで走っていた。 しかし、これは高い操業コストと低い需要により苦しめられた。 私的に所有された会社はロチェスター市に引き継がれ、 船は外国に売却され、 ジブラルタル海峡の横断で使用されている。

五大湖のクルーズ船の交通は 21 世紀の始めに増大し、次のような船がある: MS ハンブルク (Hamburg)、 MS サン・ローラン (Saint Laurent) と五大湖クルーズ会社の小さな船 -- 複数日の旅行を提供。

訳注
MS は motor ship の意味で、内燃エンジンで動く船のことで、通常はディーゼル。
幾つかの蒸気船
船名 建造年 国籍
ナイアガラ
(Niagara)
1856 米国
ミルウォーキー・クリッパー
(Milwaukee Clipper)
1904 米国
SS シティー・オブ・ミルウォーキー
(SS City of Milwaukee)
1931 米国
SS サウス・アメリカン
(SS South American)
1913 米国
SS ノース・アメリカン
(SS North American)
1913 米国
ティオネスタ
(Tionesta)
1903 米国
SS クリストファー・コロンブス
(SS Christopher Columbus)
1892 米国
SS キーウェイティン
(SS Keewatin)
1907 カナダ
シティー・オブ・デトロイト III
(City of Detroit III)
1911 米国
船名 建造年 国籍
SS イーストランド
(SS Eastland)
1902 米国
SS カナディアーナ
(SS Canadiana)
1910 カナダ
オクトラロ
(Octoraro)
1910 米国
PS レディー・エルジン
(PS Lady Elgin)
1851 米国
コメット
(Comet)
1875 米国
SS シティー・オブ・エリー
(SS City of Erie)
1898 米国
タシュムー
(Tashmoo)
1899 米国
SS アラバマ
(SS Alabama)
1909 米国
マニトウ
(Manitou)
1893 米国