ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bollman Truss Railroad Bridge - Wikipedia

ボールマン・トラス鉄道橋: Google map ストリートビュー アップされた写真

ボールマン・トラス鉄道橋
(Bollman Truss Railroad Bridge)

メリーランド州サヴェージ (Savage) のボールマン・トラス鉄道橋は米国の橋梁工学の歴史で革命的なデザインの唯一の現存する実例である。 160 フィート (48.8 m) の 2 スパンのトラス橋は米国で現存する最も古い鉄道橋の 1 つである。 しかしながら、現在はサヴェージ・ミル・トレイル (Savage Mill Trail、サヴェージ水車工場散策路) を通して、 リトル・パタクセント川 (Little Patuxent River) にかかっている。 これは鉄道に採用されて首尾一貫して使用され、 始めて成功した全金属製のデザインであった。 この型式はこれを発明したウェンデル・ボールマンにちなんで名付けられた。 彼は独学のボルティモアの技術者であった。

ボールマン橋、背景に
サヴェージ水車工場の塔、
1970 年
メリーランド州における位置
訳注
トレイル (trail) には距離が短いものも、長いものもありますが、地図から短距離のものであることがわかり、 散策路あたりが適切な訳語になります。 地図からサヴェージ・ミル (サヴェージ水車工場) が橋のすぐ北にあり、もとは木綿工場だったものが、 現在は店舗とレストランの複合施設になっているようです。
  1. 歴史
  2. 説明
  3. 復元
歴史

橋は 1852 年に ボルチモア・オハイオ鉄道本線の (今では) 不明な場所に建設され、 1887 年に現在の場所に移動され、サヴェージ・ミルへの支線でリトル・パタクセント川にかけられた。 この支線はおよそ 1840 年頃にさかのぼり、元々石のアーチ橋で川を越えていた。 しかしながら、1880 年代のミルの改変と地形の制約から、代わりの橋が必要となった。 橋はミルが 1947 年に閉鎖されるまでは任に就いていた。 構内作業員 (switching crews) は追加の車両を使用して、機関車が橋を横断するのを避けた。 従って、もっと頑丈な構造にする必要がなかった。 もっと小さく、もっと狭いものが道路交通用に鉄道橋のそばに設置されたが、 第一次世界大戦後に取り壊された。

訳注
「追加の車両」 とありますが、これは 「追加の機関車」 の意味ではないかと思われます。 いずれにせよ、橋の両側に機関車がないと都合が悪いと思う。
中間にある組になった柱から
斜めの伸張要素が支えの鋳物に接続しているのが見える。

この橋は鉄道に採用されて首尾一貫して使用され、 始めて成功した全金属製のデザインであった。 デザインは錬鉄を伸張要素として使用し、鋳鉄を圧縮要素として使用した。 これは木造構造の改良であった。 というのは独立な構造要素が構造破壊の可能性を制限したからである。 1852 年 1 月 6 日に特許が取られ、会社はこのような橋を 1873 年までに、およそ 100 基建設した。 この耐久性と組み立て易さがこの時期の米国鉄道の拡張を促進した。 ボールマンのウィルズ川橋 (Wills Creek Bridge) も生き延びたが、異なる形式のトラスを使用した。

説明

ポールマンの橋は 2 スパンの通り抜けトラスで、 両端で花崗岩の橋台に載り、中央で花崗岩の橋脚に載っている。 トラス構造は錬鉄と鋳鉄の混合である。 このトラス形態は 1852 年にボールマンにより、 「ボールマンの吊り橋」 として特許が取られたデザインである。 各スパンの長さが 70.5 フィート (24.2 m)、 幅が 25.5 フィート (7.8 m)、 高さが 21 フィート (6.4 m) であり、 一方トラス上端の梁 (top chord) は圧縮力に抵抗している。 そのため、このシステムは吊りトラス (suspension truss) と言及される。

ハーパーズ・フェリー (Harpers Ferry)
のボールマン・トラス橋

トラスには装飾的な要素、例えばドーリア式の垂直要素が含まれる。 鋳鉄製の柱は構造の重さを橋台と橋脚に伝え、 これも詳細に作られている。塔の先頭にあった金属容器はバンダリズムにより失われたが、 修復時に復元された。 各入口にある金属製の板には次のように書かれている。

W. BOLLMAN, PATENTEE
BALTIMORE, MD.
BUILT BY B&O R.R. CO.
1869 AND RENEWED 1866
----------------------
W. ボールマン、特許権所有者
ボルティモア、MD                【訳注:MD = メリーランド州】
B&O R.R.CO. により建設
1869 年、
1866 年に更新

元々の板のレプリカが修復時に設置された。

橋は明るく塗られ、塔と重い圧縮要素はベンガラを使用し、 より軽い伸張要素は象牙色に塗られている。 橋は元々 3 色に塗られ、白黒写真に記録が残されているが、 正確な色彩は知られていない。

復元

1966 年に米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) は新しいプログラムを導入し、 この橋を最初の 「国内歴史的工学ランドマーク」 に指定した。 橋は 1972 年 12 月 18 日に 「国の歴史登録財」 に登録され、 2000 年 2 月 16 日に 「国の歴史的ランドマーク」 に指定された。 橋はモジェスキー・マスターズ (Modjeski and Masters、企業名) により、1978 年に復元のために調査され、 床のトラスが劣化していることが発見された。 $21,4200 の復元契約はフレデリック市 (Frederick) のデューイ・ジョルダン (Dewey-Jordan) に与えられた。 橋は 1983 年に 「ハワード郡リクリエーション・公園局」 のために、 ウォーレス・モンゴメリー & アソシエイツ, LLP (WM&A, Wallace, Montgomery & Associates, LLP) により修復され、もっと最近に追加の保存工事を受け、 2000 年 9 月 16 日に再び任に就いた。 現在では、橋はサヴェージ公園の一部として定期的に保守されている。 近くのボールマン橋小学校は歴史的な橋から名前を付けた。

1970 年代のサヴェージ・ミルとボールマン橋
現存する橋、1982 年 (1983 年 - 1984 年の
WM&A による修復以前)
現存する構造の
最上部の梁 (upper
cords)、 1982 年
現存する橋を通して見る。1982 年
WM&A による修復後に
ボールマン・トラスの持ち上げ、1984 年
部分的な持ち上げ
1984 年
橋脚の持ち上げ
1984 年
最下部の梁 (lower cords)、 1984 年