ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Krämerbrücke - Wikipedia

クレーマー橋: Google map

クレーマー橋 (商人の橋、Krämerbrücke)

クレーマー橋 (商人の橋) は中央ドイツの テューリンゲン州 エアフルト市の中世の橋で、 両側に人が住む半分木造の建物がある。 これはヨーロッパでユニークである。 この歩道橋はゲーラ川 (Gera River) の支流である ブライトシュトローム (広い川、Breitstrom) にかかっており、 ベネディクト広場 (ベネディクトシュプラッツ、Benediktsplatz) とヴェニゲマークト広場 (小さなマーケット、Wenigemarkt) を接続している。


クレーマー橋、北側
  1. 歴史と建設
  2. 今日の橋
歴史と建設

橋は浅瀬のそばに建設され、 ヴィア・レギア (王の道、Via Regia) -- 中世の交易と巡礼の道路網 -- の一部で、ヴィア・レギアはローマとバルト海を接続し、 モスクワと北スペインの サンティアゴ・デ・コンポステーラを接続した。 クレーマー橋はライン川から シレジアに至るルートにあり、 これは 2005 年 欧州評議会により 「ヨーロッパ文化街道」 のタイトルを贈呈された。 これは カミーノ・デ・サンティアゴ (Camino de Santiago) -- 聖ヤコブの巡礼道 (the Way of St. James) -- の主ルートの一部でもある。


St. Aegidien から見たクレーマー橋

橋は元々、木造建築で、多くの火災で焼失したが、 1117 年の焼失で始めて (橋のことが) 言及されている。 「市場橋」 (pons rerum venalium) の最初の文献上の言及は 1156 年にさかのぼっている。 商人と交易商はこの時までにすでに橋の両側に露店 (market stall) を設置していた。

火災が繰り返されたため (1175 年, 1178 年, 1213 年, 1222 年, 1245 年, 1265 年, 1293 年)、 市は 1293 年に修道院から橋の全ての権利を獲得して、 石の橋を建設することになった。 橋は 1325 年に完成し、人が住んでいない半分木造の露店 (market stall) も橋の上に建設された。 橋の両端には扉のついた入口のある教会が建設された。 西側にはセント・ベネディクト教会 (聖ベネディクトゥス教会、St. Benedicti) 東側には St. Aegidien 教会があった。St. Aegidien 教会は、それまでは橋の礼拝堂であった (1110 年に最初の言及がある)。

訳注
どういうわけだか、St. Aegidien はドイツ語では St. Egidien とも St. Ägidien とも綴るようです。 英語では St. Giles というようです。

79 m の長さのアーチ橋は花崗岩と砂岩で建設され、 6 基の視認できる半円筒天井 (barrel vault) から構成され、直径が 4.8 m から 7.8 m に及んでいる。

1472 年の火災が市の半分近くと橋の露店 (market stall) を破壊した後に、 橋は現在の形に再建され、62 軒の半分木材の建物が建設された。 3 階建ての建物は 13 m から 15 m の高さがある。 家を住めるようにするために、 木造のスプレングベルケ (トラスあるいは支柱、Sprengwerke) を使用して、アーチの丸天井の横に奥行きを拡張し、 建物が部分的に石橋の構造から突き出している。 橋の幅は 1486 年の完成時に 26 m であり、 建物の間の道路の幅は 5.5 m である。


クレーマー橋の半円筒天井
と手前のスプレングベルケ

商人の橋を意味するクレーマー橋の名称は 1510 年以来普通に使用されてきた。

セント・ベネディクト教会は 1807 年に売却され、 1810 年に塔以外が取り壊されて新しい家屋が建設された。 1895 年に塔は新しく建設されるラートハウス橋 (市役所橋、Rathausbrücke) に道を譲らなければならなかった。 ラートハウス橋はクレーマー橋に平行して川にかかった。 ラートハウス橋が計画された時にクレーマー橋を完全に破壊する考えが議論された。

エアフルト市の歴史とヨーロッパ中世の建築一般における特別な重要性から、 クレーマー橋は特別保存の身分が与えられた。 すべての建物は 1967 年から 1973 年に復元され、 広範な修理工事が 1985 年/1986 年と 2002 年に半円筒天井に実施された。 それ以来、11 トンまでの車両が橋を使用することが許可された。

今日の橋

今日では、一階の店は骨董商、ワイン商、アート・ギャラリー、職人の仕事場、 専門食品店、喫茶店などを営業している。 パン屋が西端の橋の下で店を営業している。 建物の上階は主にアパートになっている。 No 15, 20, 24, 33 以外の建物を除き、 すべての住居は市の所有である。


クレーマー橋の中

橋はエアフルト市の主な観光の呼び物の 1 つで、必ず見るべきものである。 それは、類似の型式の中世の橋で残っているのはフィレンツェの ヴェッキオ橋のみだからである。 クレーマー橋は 500 年以上もの間になされたように、いまだにほぼ同じように使用されている。

市はこのユニークな歴史的モニュメントの保存のための財団 -- クレーマー橋財団 -- を維持している。 「財団の家」 (House of Foundations) (クレーマー橋 No. 31) には、 クレーマー橋の過去と現在に関しての恒久展示があり、橋の 1:100 の模型がある。 インフォメーション・センターでは 橋が適切に保存・奨励することを確かにする組織の情報も提供している;これらは

エアフルト市の最大の祭りは橋にちなんで名付けられている: クレーマー橋祭り (Krämerbrückenfest)。 祭りは毎年 6 月に橋の周囲と旧市街で開かれる。