ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ponte Vecchio - Wikipedia

ヴェキオ橋: Google map フォト・スフィア

ヴェッキオ橋 (Ponte Vecchio)

ヴェッキオ橋 (「古い橋」 の意味) はイタリア、フィレンツェの アルノ川にかかる中世の閉スパンドレル石造円弧アーチ橋であり、 橋の上にはいまだに店があることで有名であるが、 これはかっては普通のことであった。 当初は肉屋が店を占めていたが、 現在の借家人は宝石商、画商、土産物店である。 ヴェッキオ橋に隣接する 2 つの橋は サンタ・トリニタ橋 (Ponte Santa Trinita) とアッレ・グラツィエ橋 (Ponte alle Grazie) である。

下流のヴェッキオ橋を見る。 トスカーナ州における位置
  1. 歴史と建設
  2. ヴァザーリの回廊
  3. ベンヴェヌート・チェッリーニの胸像
  4. 最近の歴史
  5. ギャラリー
歴史と建設

橋はアルノ川の最も狭い箇所にかかっている。 ここに一本の橋がローマ時代に最初に建設されたと信じられており、 ローマ時代にはこの場所でヴィア・カッシア (Via Cassia、【訳注:ローマの道路】) が川を横断していた。 ローマの橋脚は石造で、上部構造は木製であった。 橋は 996 年の文献に始めて登場している。 1117 年の洪水で破壊されてから、石で再建されたが 1333 年に、 中央の 2 つの橋脚を除いて流出した。 以上は ジョバンニ・ヴィッラーニ (Giovanni Villani) の 「新年代記」 (Nuova Cronica) に記載されている。 橋は 1345 年に再建された。 ジョルジョ・ヴァザーリ (Giorgio Vasari) はこのデザインは タッデオ・ガッディ (Taddeo Gaddi) のものであるという伝来の観点を記録しているが、 200 年後にもまだ記憶されていた トレチェント (trecento) の幾人かの芸術家の 1 人であるジョット (Giotto) の名も付け加えていた。 現代の歴史家は可能性のある候補者としてネリ・ディ・フィオラヴァンティ (Neri di Fioravanti) を挙げている。 橋の中央の開口部にある小さなロジア (loggia、片側の壁のない柱廊) に守られた風化した記念碑があり、かっては次のように読めた:

Nel trentatrè dopo il mille-trecento, il ponte cadde, per diluvio dell' acque: poi dieci anni, come al Comun piacque, rifatto fu con questo adornamento
【グーグル翻訳 (イタリア語/英語) の判読】
1333 年に橋は洪水により崩壊した。十年後 Comun が望むように、 橋はこの飾りをつけて再建された。
comun の意味がはっきりしませんが コムーネ (comune) の言葉があり、類似なものと思われます。 機械翻訳は語尾変化に対応しないことが多く comune が語尾変化したのかも知れません。

マンネッリの塔 (Torre dei Mannelli) が橋の南東の角に橋を守るために建設された。 【訳注:塔は元々 4 隅に作られていた。】

橋は 3 基の円弧アーチから構成されている:主アーチは 30 m (98 フィート) のスパンがあり、 2 つのサイド・アーチは各々 27 m (89 フィート) のスパンがある。 アーチの高さは 3.5 m から 5.4 m (11½ フィートから 14½ フィート) であり、 [スパン:高さ] 比率は 5:1 である。


第二次世界大戦中の 1944 年 8 月
の開放のすぐ後に見られた被害

橋は店と商人を常に受け入れ、商人は店の前のテーブルに商品を並べた。 これはバルジェッロ (Bargello) の許可を受けてからであった。 但し、バルジェッロとは市長、行政長官、ないしは警察当局者のようなものである。 裏店 (retrobotteghe, レトロボッテーゲ) は川の上流から見ることができるが、 17 世紀に付け加えられた。

破産 (bankruptcy, バンクラプトシー) の経済概念がここで始まったと言われている。 両替商が負債を支払えなかった時に、 彼が商品を売っているテーブル (banco) が兵士により物理的に壊された (rotto)。 ここから、このことを bancorotto (壊れたテーブル、バンコロッタ) と呼ばれた。 ひょっとすると 「banca rotta、バンカロッタ」 から来ているかもしれない。 「banca rotta」 とは 「壊れた銀行」 の意味である。 もはやテーブルがなくなったため、商人は何も売ることができなくなった。

第 2 次世界大戦の最中の 1944 年 8 月 4 日に英国第 8 軍が 解放に向けて前進する時に、退却するドイツ軍はヴェッキオ橋を破壊しなかった。 これはフィレンツェの他の橋とは違っていた。 多くの地元の人とツアー・ガイドによると、 ヒットラーの緊急命令の理由からであったが、両端の建物が破壊されていたため、 ヴェッキオ橋に近づくことができなかった。 両端の建物はそれ以来、元々のデザインと現代的デザインの組み合わせにより再建された。

ヴァザーリの回廊

ヴェッキオ宮殿 (フィレンツェの市庁舎、Palazzo Vecchio) とピッティ宮殿 (Palazzo Pitti) を接続するためにメジチ家の コジモ 1 世 (Cosimo I' de' Medici) は 1565 年に ジョルジョ・ヴァザーリ (Giorgio Vassari) に上方のヴェザーリ回廊を作らせた。 橋の威信を強要するために、1953 年にメジチ家の大公達は肉屋が橋で商売をすることを禁止した。 彼らの場所は直ちに幾つかの金商人により取り上げられた。 肉屋の協同組合は 1442 年以来、橋の上の商店を独占していた。 ダンテ (天国」 (Paradiso) XVI, 140 頁 - 147 頁) からの銘文を記した石が橋の入口の場所を記録しており、 ここでブオンデルモンティ家のブオンデルモント (Buondelmonnte de' Buondelmonti) がアミディ家のために 1215 年に殺害され、ゲルフとギベリン ( 教皇派と皇帝派、Guelfs and Ghibellines) の市街戦が開始した。


ヴェッキオ宮殿から ウフィツィへ
ヴァザーリ回廊
ベンヴェヌート・チェッリーニの胸像

1900 年に偉大なフィレンツェの彫刻家で金細工の名匠であるベンヴェヌート・チェッリーニ (Benvenuto Cellini) の生誕 400 年を讃え、これを記念するために、 橋の主要な金細工師たちは当時フィレンツェで最も名声があった彫刻家のラファエロ・ロマネッリ (Raffaello Romanelli) にチェッリーニの胸像を作ることを依頼し、 これを橋の東側の中央の泉の先端に設置し、今日まで設置されている。

最近の歴史

ヴェッキオ橋に沿って、多くの場所に南京錠が見受けられ、 とりわけベンヴェヌート・チェッリーニの彫像の周りの手すりに見受けられた。 これはヴェッキオ橋の最近の伝統であった。 もっともロシアやアジアでは以前から行われていた。 恐らく、これは橋の端にある南京錠店の所有者により導入された。 これは通俗的には愛と恋人たちに関連したことで: 南京錠を閉じて川に捨てれば、恋人たちは永遠に結ばれる。 これは大衆観光 (mass tourism) の悪影響 (negative impact) の実例であり、 何千もの南京錠を頻繁に取り除く必要があった。 何世紀も生き延びた橋の構造をだめにし、被害を与えた。 しかしながら、柵に鍵をかけているのが見つかれば €160 の罰金が課せられるという看板が市により設置されてからは、 減少したようである。

フェデリコ・モッチャ (Federico Moccia) の本によれば、ミルヴィオ橋 (Ponte Milvio) でも類似の現象が起きているようである。

橋は 1966 年のアルノ川の洪水でひどく損傷を受けた。

橋は ジャコモ・プッチーニ (Giacomo Puccini) の アリア (aria) 「O mio babbino caro」(私のお父さん) の中で言及されている。


西から見た時のヴェッキオ橋のパノラマ写真
ギャラリー
ミケランジェロ公園からの光景 ヴェッキオ橋の夜景 橋の光景
ヴェッキオ橋 アルノ川とヴェッキオ橋 ヴェッキオ橋のパノラマ

花火