ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

New River Gorge Bridge - Wikipedia

ニュー川峡谷橋: Google map

ニュー川峡谷橋 (New River Gorge Bridge)

ニュー川峡谷橋は鋼のアーチ橋で、 長さ 3,030 フィート (924 m) で、 ウェスト・バージニア州フェイエットビル (Fayetteville) でニュー川峡谷にかかっている。 ここは米国東部のアパラチア山脈にある。 ニュー川峡谷橋は 1700 フィート (518 m) の長さのアーチがあり、 長年の間、世界最長の単一スパンのアーチ橋であった。 現在は第 3 位である。 橋は US ルート 19 の一部で、この建設により、 アパラチア開発基幹道路システム (Apparachian Development Highway System) の回廊 L (Corridor L) が完成した。

ニュー川峡谷橋 ウェスト・バージニア州
における位置

ニュー川峡谷橋の路面はニュー川の 876 フィート (267 m) 上方にある。 ニュー川峡谷橋は道路橋としては、世界で最も高いものの 1 つで、 現在では米国で 3 番目に高い。 2005 年に米国造幣局が ウェスト・バージニア州 25 セント硬貨の裏面にこの橋を描いて、 国中の注目を集めた。 2013 年に橋は国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録された。

  1. 歴史
  2. 観光
  3. ギャラリー
歴史

橋の建設は 1974 年 6 月に始まり、 1977 年 10 月 22 日に完成した。 これはマイケル・ベイカー社 (Michael Baker Company) により、主任技術者クラセンス V. クヌーセン (Clarence V. Knudsen) の指揮の下でデザインされ、 US スティールの米国橋梁部門 (American Bridge Division) により施工された。 最終的な建設費は $3700万 であった。(入札値をおよそ $400万 越えた。) 橋は 耐候性鋼 (COR-TEN steel、コールテン鋼) により建造された。 耐候性鋼を建設に使用する上で、幾つかの挑戦があった。 その中で注目に値するものは、溶接個所が鋼のそれ以外の点と同様に耐候性を保持することであった。

ニュー川にかかるフェイエット・ステーション橋、
峡谷の縁から 800 フィート (244 m) 下にある。

当時、橋はウェスト・バージニア州道路局の歴史の中で最大のプロジェクトで、 全体の経費の点からも重要で、 連邦政府は資金の 70% を供給した。 建設は国と地方の経済を押し上げ、完成により交通が改善した。 橋は、車が峡谷の 1 方の側から反対側に移動する時間を 45 分から 45 秒に短縮した。

2013 年 8 月 14 日に、 橋は国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録された。 橋はできてから 50 年もたっていなかったが、 地方輸送に対する例外的な影響と工学的重要性から登録された。

観光

ニュー川峡谷橋は国立公園局 (National Park Service) の 「ニュー川峡谷河川地区」 (New River Gorge National River area) に属し、これによりニュー川峡谷のこの地区が保護されている。 橋の北端で公園局はビジター・センターを経営している。 ここには景色の良い展望台と、峡谷の中途まで降りる階段がある。

訳注
米国の 国立公園局 (National Park Service) は 国立公園 (National Park) 以外の色々な名称の保護区を管理している。 上で National River と呼んでいるのは National River and National Wild and Scenic River and Riverway のことと思われます。
ニュー川峡谷橋の光景
公園局の展望台から

幅 2 フィート (60 cm) の鋼の狭い通路 (catwalk) が路面の下に橋の全長にまたがって走っている。 元々は点検を容易にするために建設されたが、 狭い通路 (catwalk) はガイド付きの、障害者にもアクセスできる 1/4 マイルの 「橋歩き」 に開放されている:観光客は命綱を使用する。

橋の開通以来、橋はフェイエット郡の 「橋の日」 (Bridge Day) -- 毎年 10 月の第 3 土曜日に開催 -- の目玉であった。 この祭りには 懸垂下降 (rappelling)、(ロープによる) クライミング、 ベースジャンピングの実演が含まれる。 バンジージャンピング は 1993 年以来 「橋の日」 には禁止された。

祭りの最中に橋は閉鎖される。 同時多発テロ事件 (September 11th terrorist attack) 以前には、 4 車線の中で 2 車線が祭りの最中に車に開放されていた。 2001 年以来警備上の懸念から、これらのイベントの最中には橋全体が車両交通に閉鎖された。 ニュー川峡谷橋から最初に飛び降りたのはバートン・アーヴィン (Burton Ervin) で、 彼はウェスト・バージニア州のコーウェン (Cowen) に住み、 炭鉱の職工長 (foreman) であった。 バートンは 1979 年 4 月 1 日に従来のノース・アメリカン・エアロダイナミックス社 (North American Aerodynamics) のミニ・リグ・システム (Mini Rig System) を 32 フィートのロポ (Lopo) パラシュートと共に使用した。 4 人のベースジャンパーが死亡し、3 人は 「橋の日」 の祭りの最中であった。

恐らく、その高さ (と障壁のないこと) から、 比較的へんぴな箇所ではあるが、橋からの定期的な飛び降り自殺がある。

ギャラリー
2005 年に発行されたウェスト・
バージニア州 25 セント硬貨
はニュー川峡谷橋を描いている。
公園局のビジター・ センターから見た橋
霧がニュー川峡谷橋の下を覆っている。
橋の支えの近接写真
ビジター・センターの近くの
観察場所への遊歩道
小さな固定翼の飛行機
から見たニュー川峡谷橋
ニュー川峡谷橋のパノラマ