ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Sandy Creek Covered Bridge State Historic Site - Wikipedia

サンディー川覆い橋: Google map

サンディー川覆い橋、州の歴史遺跡 (Sandy Creek Covered Bridge State Historic Site)

サンディ川覆い橋、州の歴史遺跡はミズーリ州 ジェファーソン郡の公的に所有された地所で、 ミズーリ州天然資源局 (Missouri Department of Natural Resources) により管理され、 サンディー川覆い橋を保存している。 この橋はミズーリ州に 4 基残る 覆い橋の 1 基である。 ミズーリ州にはかっておよそ 30 基の覆い橋があった。 サンディー川覆い橋は比較的まれなハウ・トラスの実例で、ミズーリ州に 3 基あるものの 1 基である。 覆い橋の名前は橋が横断するサンディ川によっており、 1970 年に国の歴史登録財に追加された。

サンディー川覆い橋 位置
  1. 歴史
  2. 活動と設備
歴史

ジェファーソン郡は南北戦争後の建設計画に乗り出し、 1872 年にジョン H. モース (John H. Morse) に $2000 を支払って、 サンディー川覆い橋を建設させた。 その年に、6 基の橋がオールド・リメイ・フェリー・ロード (Old Lemay Ferry Road) に建設され、 郡庁所在地のヒルズボロ (Hillsboro) と セント・ルイス郡 (St. Louis County) を接続した。 橋は 1886 年に高水位で破壊され、Henry Steffin により $899 で再建され、 彼は元々の橋の材木の半分と元々の橋台を使用した。 橋は (水面から) 高さ 74.5 フィート (22.7 m)、 幅 18 フィート 10 インチ (5.74 m) で (橋の) 高さは 13 フィート (4.0 m) である。

訳注
上の説明でははっきりしませんが、サンディー川覆い橋はオールド・リメイ・フェリー・ロードにあります。 なおグーグルの地図ではオールド・ラメイ・フェリー・ロードと書かれています。

州議会が 1967 年に法律を通過させ、 州に残っている全ての覆い橋を州の歴史遺跡に指定した時に、 この橋は州の公園システムの保護下に入った。 ジェファーソン郡は 1968 年に州に橋を手放した。 大規模な復元計画により、橋は 1984 年に元の外見に戻った。

活動と設備

橋は歩行者に開放されている。 歴史遺跡にはピクニック・テーブル、トイレ、説明版がある。