ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

High Bridge (Appomattox River) - Wikipedia

メドラ覆い橋: Google map、 ストリートビュー: その 1 その 2 アップされた写真: その 1 その 2

ハイ・ブリッジ (アポマトックス川)
(High Bridge (Appomattox River))

ハイ・ブリッジは歴史的なかっての鉄道橋で、アポマトックス川峡谷を横断し、 バージニア州プリンス・エドワード郡 (Prince Edward County) のファームビルの町 (town of Farmrille) の 6 マイル (9.7 km) 東、あるいは下流にある。 橋は元々ピータースバーグ (Petersburg) とリンチバーグ (Lynchburg) の間の サウスサイド鉄道 (Southside Railway) に不可欠なものであった。

マンスフィールド覆い橋 インディアナ州
における位置

橋は 1865 年 4 月の ハイ・ブリッジの戦いの場所として、南北戦争末に リーの軍隊の退却 -- そして究極的には戦争の結果 -- に重要な役割を演じた。

この 21 スパンの橋は南北戦争後に以前の大きさに再建され、 長さ 2,400 フィート (730 m) で、 アポマトックス川の最高の高さが水面上 160 フィート (49 m) である。 もっとも現在は鉄道交通に使用できない。 2005 年までに、その当時の所有者である ノーフォーク・サザン鉄道はこの回廊を見捨て、 まもなく 33 マイルの鉄道をバージニア州保存・リクリエーション局に寄付をした。 ハイ・ブリッジは ハイブリッジの戦いの 147 周年記念日である 2012 年 4 月 6 日に一般公開された。

橋とそれに隣接する鉄道跡は、今では鉄道トレイル公園 -- ハイ・ブリッジ・トレイル州立公園 -- となり、完成した公園は、ハイキング・サイクリング・乗馬用に開通し、 かっての橋の両側に 16 マイルある。

  1. デザインと建設
  2. 南北戦争
  3. 戦後、AM&O、N&W
  4. 鉄道による放棄と将来の利用
デザインと建設

1850 年代にサウスサイド鉄道はピータースバーグとリンチバーグを結ぶ鉄道を建設し、 バークビル (Burkeville) とパンプリン市 (Pumplin) の間でファームビルを通過した。 これによりオヴァートン農園 (Overton farm) の地所の近くで アポマトックス川を横断する高価なルートが必要となった。 C. O. サンフォード (Sanford) がこの場所を測量し、橋を設計した。 彼は後に株主に次のように報告している: 「これほど長くないが、これより高い橋があり、これほど高くないが、これより長い橋がある。 しかし長さと高さを合わせると、この橋は世界で最も大きい」。

1850 年代のハイ・ブリッジ

ハイ・ブリッジの 20 基の橋脚はほとんど 400 万個のレンガを含み、 木造の上部構造を支え、鉄道の横には歩道があり、 更には隣接する荷馬車橋 (低層荷馬車橋 (lower wagon bridge) とも呼ぶ) があった。 これは究極的には南北戦争の結果に重要な役割を演じた。 橋自身は 1852 年に完成し、全線は 1854 年に完成した。

南北戦争

サウスサイド鉄道は南北戦争の最中にひどく損傷した。 ハイ・ブリッジは戦争末期に南軍の ロバート E. リー将軍 (Robert E. Ree) がピータースバーグからの退却の最中に重要な役割を演じた。 ハイ・ブリッジの戦いは 1865 年 4 月 6 日 - 7 日に起きた。 南軍は北軍から逃げ、橋を渡った後に橋に火をつけたが、破壊することに失敗した。 北軍は橋を使用することができ、追撃を続け、 アポマトックス郡庁舎で数日後に終了し、 ここでリーは北軍の ユリシーズ・グラント将軍に 1865 年 4 月 9 日に降伏した。

戦後、AM&O、N&W

南北戦争後、かっての南軍の将軍である ウィリアム "ビリー" マホーン (William "Billy" Mahone) の指導の下で、サウスサイド鉄道が再建され、 これには 1869 年にハイブリッジに設置された新しい 21 基の フィンク・トラスが含まれている。 1870 年にサウスサイド鉄道はノーフォーク・ピータースバーグ鉄道 ( Norfolk and Petersburg Railroad)、 バージニア・テネシー鉄道 (Virginia and Tennessee Railroad) と合併して、 マホーンの大西洋ミシシッピ・オハイオ鉄道 (AM&O、Atlantic, Mississippi and Ohio Railroad) を作った。 この鉄道は ハンプトン・ローズ ノーフォークから ブリストルに至る バージニア州の 400 マイルにわたる南部接続であった。 1873 年の金融恐慌のあとで、AM&O は債務不履行となり、 1880 年代初頭に新しい所有者に買収され、 ノーフォーク・ウェスターン鉄道 (N&W) に改名された。 N&W は 1886 年に鉄道交通の中断を最小限に抑えて、 ハイ・ブリッジのフィンク・トラスを交換した。 交換は一度に 1 スパンに実施し、 最初に新しいプラット・トラスを 木造の移動フォールスワーク (足場) から吊るし、 次に古いトラスを取り除いた。 1982 年に N&W は現在の ノーフォーク・サザン鉄道の一部となった。

鉄道による放棄と将来の利用

ノーフォーク・サザン鉄道は、 部分的にはアポマトックス川峡谷を越えるハイ・ブリッジの維持費用の高さから、 ファームビルを通る路線の質を落とし、まもなく見捨てて、 バークビルとパンプリンを接続する低勾配線を選んだ。 低勾配線は 1916 年に完成し、西向きの列車にもっと都合の良い勾配を含んでいた。 サウスサイド鉄道は元々は低勾配線を使用することを思い描いていたが、 バージニア州ファームビルの住民に説得されて、鉄道が彼らの町を通るようにした。

ハイ・ブリッジを鉄道トレイル、もしくは線形州立公園に変える 2006 年の議論の後で、 鉄道の敷地と橋がバージニア州に寄付され、 ハイ・ブリッジ橋トレイル州立公園となった。 修復された橋は 2012 年 4 月 6 日に開通した。