ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Traffic Bridge - Wikipedia

トラフィック橋はパーカー・トラスの実例でした。

トラフィック橋が建て替えられている場所: Google map、 アップされた写真: その 1

トラフィック橋 (Traffic Bridge)

トラフィック橋は (今は取り壊された) トラス橋で、 サウス・サスカチュワン川 (South Saskachewan River) に架かり、 「ビクトリア・アベニュー」 をサスカチュワン州サスカトゥーン (Saskatoon) の 「3 番アベニュー・サウス」 (通り名) と 「スパダイナ・クレセント」 (Spadina Crescent, クレセント = 曲がった通り) に接続している。 橋の建設の約束が、サスカトォーン、ナットアーナ (Nutana)、そしてリバーズデール (Riversdale) の 3 つの自治体が合併する 主要な要素と思われた。 橋は 1916 年に至るまでサスカトォーンの唯一の道路橋で、 この時ユニバーシティ橋が完成した。 2010 年に橋はひどく腐食し、部分的に取り壊された。

サウス・サスカチュワン川にかかる
元々のトラフィック橋
  1. 名称
  2. 歴史
  3. 閉鎖
  4. 交換
名称

橋は一般的に、そして公的な通信でも、トラフィック橋と呼ばれ、 すぐ上流にある QLLS/CN 鉄道橋と区別し、後にそれ自体で固有名詞となった。 (鉄道橋は 1890 年に完成し、1965 年に取り壊され、 この時に線路と下流の操作場が取り除かれた。今や 「上院議員シド・バックワルド橋」 (Senator Sid Buckwold Bridge) が、かっての場所で川を横断している。) これはサスカトォーンでは最古の橋であるが、公式に名称が付けられたのは 一番最後であった。 2007 年 1 月 22 日に、サスカトォーン市議会は橋を公式に 「トラフィック橋」 と命名するために投票した。 これは、橋の歴史的特質と市の初期の歴史に橋が果たした重要な役割を認めて、 市の歴史遺産顧問委員会が勧告したことに基づくものであった。

橋はその建設以来、色々な名称で言及された。 最も人気のある名称はビクトリア橋で、これはビクトリア・アベニューが橋の南端まで走っていたからである。 橋は 「19 番ストリート橋」 とも呼ばれた。 もっとも 19 番ストリートは実際は橋の 1 ブロック北を通り、 ブロードウェイ橋の北西の端と接続している。 (19 番ストリート橋の名称はブロードウェイ橋の建設までは、もっと意味があった。 この当時は路面電車が 19 番ストリートを通り、橋の方向に曲がったからである。) 橋の色から、ブラック橋とも呼ばれた。もっとも、最も最近の塗装ではむしろダーク・グレーである。 橋は時々、鉄の橋、あるいはショート坂 (Short Hill) 橋とも呼ばれた。 ビクトリア橋はショート坂を下って橋に達していたからである。

歴史

ナットアーナの住民がサスカトゥーン町とリバーズデール村と合併して市になることに同意した時に、 トラフィック橋が形成されることになった。 他の 2 つの自治体との合併の条件として、彼らは歩行者・車両用の橋を要求した。 その時までに、川を横断する唯一の方法は、信頼できない渡し舟か、 あるいは困難で時々危険な QLLS の鉄道橋を歩いて渡ることであった。 州が資金を提供し、ジョン・ガン & サンズ社 (John Cunn and Sons) が請負業者として選ばれた。 1907 年 10 月 10 日にトラフィック橋は公式に開通した。

トラフィック橋の 1907 年の写真

橋が開通してから 1 年以内の 1908 年 6 月 7 日に、 橋はサスカトゥーンの唯一の船舶事故の現場となり、 この時 「SS メディシン・ハット市」 (SS City of Medicine Hat) と呼ばれる蒸気ボートが橋に衝突した。 乗船していた人は全員なんとか安全に逃れた。 この事故によって川の蒸気ボートの交通が終焉した。 「SS メディシン・ハット市」 のものと思われる碇が 2006 年 8 月に、 橋のすぐ下流、ブロードウェイ橋の近くでダイバーの訓練中に見つかった。 この発見により、全面的な 5 日間にわたる水中発掘をすることになり、 2008 年 9 月 8 日から 12 日まで実施された。 幾つかの人工物が水中から引き揚げられた。 「最後の蒸気船:SS メディシン・ハット市の捜索」 と題されたドキュメンタリー映画が、 難破と捜索に関して 2010 年に制作された。 もっと多くの人工物がロータリー公園 (Rotary Park) の地中から発掘された。 ここは 1960 年代に公園を造るために埋め立てるまでは川が流れていた場所である。

川の堤防に作られた 2 つの道路はしばしばトラフィック橋と関連させられている。 ショート坂 (短い坂、Short Hill) は橋のそばからビクトリア・アベニューに沿って南岸を登るきつい坂を指した。 勾配が非常にきついため、大半の荷馬車は登れないし、 1913 年に操業を開始した路面電車も同様であった。 ロング坂 (長い坂、Long Hill) は橋のそばから、12 番通りの終端まで南岸の堤防を登る勾配が穏やかな 坂を指した。 この坂の終点は今日のブロードウェイ橋の終点であった。 この道路は昔の渡し場への道を登るもので、現在のサスカチュワン・クレセントである。 ロング坂でさえ、路面電車に困難であった: 1922 年 3 月に一台の路面電車が向きを変えて橋に出ようとした時に、 氷に覆われた軌道から滑り出て脱線した。

元々の橋、ビクトリア・アベニュー
の進入路が見える。後ろには
ナットアーナ・コリージェット高校

1908 年に橋の上流側に 2 メートル幅の歩道が追加された。 1961 年に橋の南端が持ち上げられて、ショート坂の勾配を低くして、 交通の流れを改良し、サスカチュワン・クレセント (通り) が橋の下を通るようになった。 橋は一日当たり、およそ 10,000 台の車両を通した。

橋は 1979 年に再塗装されたが、 表面の準備をほとんど、あるいは全然しなかったので、 工事により構造上の恩恵があったことは疑わしい限りである。 1980 年代に、橋は老朽化が目立ち始め、定期的な改修のために閉鎖しなければならなかった。 少々調整して、路面を広げることもしたが、 これは多くの現代的なドライバーが橋を通過することが困難となったからである。 サスカトゥーン市の工事隊員が 1990 年代初頭に 2 度にわたり、 重すぎる車両あるいは大きすぎる車両で橋を横断して、 橋に被害を与えた時にも長期間閉鎖しなければならなかった。

閉鎖
一時的 (2005 年 - 2006 年)

2005 年 9 月 6 日に、サスカトゥーン市は検査のために橋を閉鎖し、 これは道路を上級化するための計画の準備で (これには (10 年ぐらい前の 「8 番ストリート」 のラウンドアバウトを取り除いて以来) 市の最初のラウンドアバウトを橋の北端のすぐそばに設置することが含まれる)、 隣接する水辺開発 (リバー・ランディング) を想定したものであった。 11 月 2 日に橋は腐食などにより、検査が完了するまで無期限に車両交通が閉鎖された。 $500,000 の修理の後で、2006 年 9 月 8 日に再開通した。 この期間中の大半で、橋は歩行者と自転車に開放され続けた。 橋を修理せずに交換すれば $2400万 から $4000万 の費用が必要であった。

技術者は、重要な修復がなければ (車両用と歩行者用のどちらでも) 橋の寿命は 20 年であるとした。 橋に砂を吹き付けて (sandblast) 、金属を露出させて再塗装するには、 既存の塗料が鉛系のため、塗料の破片が川に落ちないようにする必要があり、とても高価であった。

橋のアーチは2007 年の夏に一連の装飾的な LED 照明を備えた。 これにはプログラム制御が含まれ、色を変化させ、色々なパターンで移動させた。 しかしながら照明は異論のあることになり、 市に $462,000 の負担となり、当初の見積もりのほとんど倍となった。 照明はしばしば故障し、その高い値段に関して更なる不満を誘発した。

恒久的 (2010 年)

2010 年 8 月 24 日に、 サスカトゥーン市は車両・自転車・歩行者用に橋を閉鎖した。 これは準備的な検査の結果で、検査では橋が安全であることを結論できなかったからである。

「準備的な検査結果が今日の午後にあり、検査員たちはこれまでの所、 下部の鋼の構造要素が安全であると証明できなかった」 とインフラ・サービス部門の部長であるマイク・グテク (Mike Gutek) が説明した。 「我々は下に腐食があることを知った。しかし劣化の限度と範囲、そして公共の安全のために、我々は橋を無期限に閉鎖する」

2010 年 8 月 25 日に、市長のドン・アチソン (Don Atchison) によると 「橋は崩壊する。今にも橋は崩壊する」 とし、 2007 年の I-35W ミシシッピ川橋の崩壊と比較した。 橋の閉鎖により、 ダウンタウンの中にまで至る交通渋滞が起き、 橋が修理も交換もされないと、これは長期に及ぶことになると思われた。 インサイトリックス調査会社 (Insightrix Research) の実施した調査によると 公衆は橋の修理のと交換の選択肢で分裂していた。

交換
提案

市はトラフィック橋の将来の選択肢の考察をスタンテック・コンサルティング社 (Stantic Consulting) に依頼した。 報告には幾つかの勧告があり、既存の橋の修復から新しい橋で交換することまで含まれていた。 市議会は投票をして、車両交通を橋から取り除く選択肢を排除した。 一連の公開の会合とインターネットでの調査から、市当局は橋を取り壊して、 類似のデザインの現代的な鋼のトラス橋で置き換えることを勧告した。 2010 年 12 月 6 日の市議会の投票は 8 - 3 となり、前進することになった。 新しい橋の最終的なデザイン・資金・予定は決定されていなかったが、 既存の橋よりも広くて、恐らくは短いものになることになった。 元々の橋の区間と LED 照明を再利用する提案は 2011 年 5 月に実行委員会により、 費用の点から廃棄された。 グラハム・コミューター・パートナーズ社 (グラハム通勤者の仲間、Graham Commuter Partners) が請負業者として選択され、新しい橋のイラストが 2015 年 10 月に公開された。 新しい橋は既存の 5 スパンではなく 4 スパンとなり、これらは強化した既存の橋脚の上に建設されることになった。

トラフィック橋の資金供給は 2014 年に表明された。 2015 年に市当局者はデザインの制約が緩和されるとプロジェクト資金が節約できると言った。

取り外し

橋の取り壊しは 2012 年 5 月 28 日に始まった。 橋の南側の歩行者の進入路は最初に取り除かれて橋脚の負荷テストを可能にした。 川の南岸の第一スパンの取り壊しは 2012 年 10 月 12 日に始まった。 10 月 18 日までに第一スパンが橋から切り離された。 2016 年 1 月 10 日に橋の 2 つのスパンが制御爆破 (implosion) された。 最北端のスパンは 2 月 7 日に爆薬で取り除かれた。 元々の橋の最後のスパンは 2016 年 11 月 17 日に機械で取り壊された。

2016 年、半分取り壊された橋