ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Gudgeonville Covered Bridge - Wikipedia
ガッジョン覆い橋: Google map
ガッジョンビル覆い橋
(Gudgeonville Covered Bridge)

ガッジョンビル覆い橋は長さ 84 フィート (25.6 m) の多重キングポスト・トラスの覆い橋で、 米国ペンシルバニア州エリー郡のジラード・タウンシップ (Girard Township) でかってエルク川に架かっていた。 橋は 1868 年に建設され、 1980 年 9 月 17 日に国の歴史登録財に登録された。 橋は 2008 年 11 月 8 日に放火によって破壊された。

ガッジョンビル覆い橋
破壊前の橋、2008 年 7 月
ペンシルバニア州における位置

橋はエリー郡に残存する 3 基の覆い橋の中で最古のものであった。 連邦道路管理局国内橋梁台帳 (Federal Highway Administration National Bridge Inventory) によるこの橋の構造の充足率 (sufficiency rating) はたったの 14.6% で、 「基本的には許容できず、高い優先度で修正することが要求される」 と思われていた。

  1. 歴史
  2. 橋の大きさ
歴史
建設

ガッジョンビル覆い橋は 1868 年頃建設され、火災後の 1870 年代初頭に再建された。 橋はジラード・タウンシップにあり、 エルク川を横断していた。 橋はウィリアム・シャーマン (William Sherman) によりデザインされた。 橋の基礎はエリー延長運河 (Erie Extension Canal) の遺物と信じられている。 橋の名前はミステリーであるが、 ある情報源によると橋はガッジョンピンの工場 (gudgeon factory) へのアクセスのために建設されたことが示された。

訳注
エリー延長運河 (Erie Extension Canal) はビーバー・エリー運河 (Beaver and Erie Canal) とも呼ばれ、ペンシルバニア運河の一部分で、 ビーバー運河区、シェナンゴ運河区、コノート運河区から構成される。(エリー湖との接続部分)
現在の使用と状態

何年もの間、橋には多くの小さな火災があり、 常にバンダリズムの対象になっていた。 橋を分解して、バンダリズムの対象とならないもっと安全な場所に移動する幾つかの提案があった。 別の橋を建設して、元々の橋を迂回する別の提案もあった。 というのは橋は狭すぎて、 色々な車両を通せなかったからである。 このような車両には除雪車、消防車、救急車があった。

ガッジョンビル覆い橋の内部
2008 年 7 月

エバンズの 2001 年の ペンシルバニアの覆い橋:完全ガイド ではこの橋は 構造的に健全である が全体的な外見は 非常に失望的である と述べている。 連邦道路局国内橋梁台帳は橋の構造の充足率をただの 14.6% にした。 台帳では橋の基礎は 「擦り取りの危険がある」 (scour critical) と決定し、 「計算された土砂の擦り取り条件で不安定であることが決定」 され、 手すりが 「現在認められている標準に合致しない」 とした。 全体的な状態は 基本的には許容できず、高い優先度で修正することが要求される」と思われ、 橋を改良するための経費の見積もりを $107,000 とした。

破壊

ガッジョンビル覆い橋は 2008 年 11 月 8 日の地方時間 AM 1:40 頃に火事になった。 火災はペンシルバニア州警察により放火と決定された。 12 月 17 日に、州警察は 2 人の容疑者を逮捕した、 これは彼らがガソリンをぶちまけ、火をつけたと告白した後のことであった。 容疑者はクロウフォード郡 (Crawford) 北部とエリー郡西部の幾つかの他の事件にも関連していた。 2009 年 8 月に、放火犯の 1 人は橋の破壊と、関連しない罪により懲役 5 年から 10 年の判決を受けた。 もう 1 人の放火犯は懲役 51/2 年から 14 年の判決を受けた。

ガッジョンビル覆い橋
2008 年 11 月 8 日の火災後
ガッジョンビル覆い橋
の北の入口, 2008 年 7 月

一時的な橋を建設するために、橋の残骸は橋台から持ち上げられ、近くの野原に置かれて、 1 月 26 日に取り壊された。 ペンシルバニア州輸送局 (PennDOT) は覆い橋の正確なレプリカを設置することを許さなかった。 というのは規則に適合しなかったからである。 一時的なプレハブの橋が 2009 年 8 月に設置され、 経費はタウンシップの保険による支払いでまかなった。 新しい橋がすぐにでも必要となり、 恒久的なコンクリートの橋をデザイン・建設するのに 3 年が必要となった。 橋がなければ 2 マイル (3 km) 迂回する必要がある。

橋の大きさ

次の表は異なる情報源で、異なる方法による、長さ、幅、荷重の公表値の比較である。 NBI は橋の長さを橋台の背面あるいは舗装の溝の間の距離とし、 道路面の幅を縁石あるいはレールの間の最も制限がある最小距離としている。 NRHP の様式はペンシルバニア州歴史・博物館委員会 (PHMC, Pennsylvania Historical and Museum Commission) によって準備されたもので、 これはペンシルバニア州のすべての覆い橋に関して、 (複数の) 郡の技術者、歴史協会、覆い橋協会などに調査したものである。 エバンズは 2001 年にペンシルバニア州のすべての橋を訪れ、各橋の長さ (入口から入口まで) と (入口の) 幅を本のために測定した。 ザッカー (Zacher) の本のデータはペンシルバニア州のすべての覆い橋の 1991 年の調査に基づくもので、 この調査は PHMC とペンシルバニア州輸送局が地方政府と民間機関の協力を得て実施したものである。 これは基本的には NBI と NRHP のデータを使用している。 というのはこれは全国調査だからである。

長さ荷重 情報源 (年)
25.6m4.3m4.5t NBI (2007 年)
21.9m3.4m2.7t NRHP (1979 年)
26.1m4.3m記載なしエバンス (2001 年)
21.9m4.3m記載なしザッカー (1986 年)