ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bullbridge Aqueduct - Wikipedia

運河は現在は消滅しているが、現在の地図では

川、鉄道、アンバーゲイト・ノッティンガム道路

が東西に通り、北の方からこの順になっている。そこに北のブルブリッジ村からの道がアンバーゲイト・ノッティンガム道路に接続し、 この道は鉄道の下を通っている。川を横断するのは、村からの道と運河のみで、この段階で

川 < 村からの道 < 鉄道 < 運河

の 4 階建てになっている。 運河は水道橋の西では川の北にあって、東ではアンバーゲイト・ノッティンガム道路の南にあり、 斜めにかかっていたはずです。多分、本文中の挿絵が間違いで、現物を見ずに想像で描いた。 また文中の説明から鉄道が運河の盛土を抜ける時のトンネルは 46×1.8×2.7 m の鉄製なので、 この点でも絵が間違っていると思われます。

ブルブリッジ村からの道が川を横断する箇所の位置 (Google map)
クロムフォード運河の地図 (現在残っている個所のみ)
クロムフォード運河の地図の kml ファイル

ブルブリッジ水道橋 (Bullbridge Aqueduct)

ブルブリッジ水道橋はかってクロムフォード運河にあり、 1794 年に建設され、 アンバー峡谷 (Amber Valley) 沿いの アンバーゲイト (Ambergate) の東の ブルブリッジにあった。 ここで運河は鋭く曲がって、谷とアンバーゲイト・ノッティンガム道路を横断した。 クロムフォード運河はイングランド、ダービーシャーにある。

公式には 「アンバー水道橋」 (Amber Aqueduct) と呼ばれ、 これは実際は土塁の堤防 (earthwork bank) で、この上に石の壁があって、 谷を横断して、場所によっては 30 フィートほどの高さがあった。 これは 3 基のアーチで穴が開けられ、 1 つは川を通すためにあり、2 つ目は後方の集落のために供給されるもので、 この集落は現在では小さな村となり、ブルブリッジ村と呼ばれている。 主要道路は 3 番目のアーチを通り抜け、これが元々のブル橋 (ブルブリッジ、Bull Bridge) であった。

ブルブリッジ水道橋、東から 運河のスケッチ

1840 年にジョージ・スティーブンソンはノース・ミッドランド鉄道を設計し、 この場所で運河と交差することになり、 鉄道はアンバーゲイトからウィングフィールド (Wingfield)、ストレットン (Streton) に至り、 更にはクレイ・クロス (Clay Cross) とチェスターフィールドに向かった。 鉄道は川と道路の間に設置されたが、ブルブリッジ村に通じる横の道路を超える盛土の上を通り、 これ自身が川を超える橋の上を通った。 ビクトリア時代の評論家は 「川、道路、鉄道、及び運河が積み重なり、4 階建てになっている」 と書いている。

運河の所有者に賠償を支払うのを避けるために、 運河を閉鎖せずに水路の下に鉄道を通すことが必要であった。 長さ 150 フィート (46 m)、 深さ 6 フィート (1.8 m)、 そして幅 9 フィート (2.7 m) の鉄製のタンクがバッタリー会社の鉄作業場で区間に分けてあらかじめ製造された。 区間は現場で組み立てられ、運河の交通を邪魔せずに、夜間にその場で、浮遊・沈下・埋め込まれた。

1860 年に鉄道橋 (絵には見えていない) が貨物列車が通り抜ける時に壊れ、 幸いなことに犠牲者 (casualty) がいなかった。

20 世紀初頭に運河は用途が無くなった。 運河が基幹道路を横断する所で水道橋は 1 隻分の広さしかなく、 交通信号で制御された。 1968 年に道路は、新たに格上げされた A38 道路から M1 に至るための流入ルート (feeder route) になり、 水道橋は取り壊された。