ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Carrick-a-Rede Rope Bridge - Wikipedia

キャリック・ア・リード・ロープ橋: Google map

キャリック・ア・リード・ロープ橋
(Carrick-a-Rede Rope Bridge)

キャリック・ア・リード・ロープ橋 (地元ではキャリック・ア・リーディ (carrick-a-reedy) と発音) は北アイルランドのアントリム州 (County Antrim) のバリントイ (Ballintoy) の近くの有名なロープ橋である。 橋は本土を小さなキャリックアリード島 (アイルランド語の:Carraig a' Ráid に由来し、 (釣り糸の) 投げ込み岩) に接続している。 橋は 20 m (66 フィート) を渡し、下の岩より 30 m (98 フィート) 上にある。 橋は主に観光の呼び物で、 ナショナル・トラストにより所有・保守されている。 2009 年には 247,000 名の観光客が訪れた。 橋は年中開放しており (天候に左右)、 料金を払って渡ることができる。

キャリック・ア・リード・ロープ橋
  1. 歴史
  2. 魚釣り
  3. 造作
  4. 地質学
  5. 文化的言及
  6. ギャラリー
歴史

サケの漁師が 350 年以上、橋を建設してきたと思われている。 長年の間に橋は多くの形を取った。 1970 年代には手すりが 1 つしかなく、横板の間には大きなすき間があった。 新しい橋が、10 トンまで検査され、 2000 年に地元の登山家、 懸垂下降家 (abseiler) の助けを借りて建設された。 別の橋が 2004 年に建設され、観光客にも漁師にも島へのもっと安全なルートを提供した。 現在のワイヤー・ロープと ダグラスファー (Douglas fir) の橋は ベルファーストのへイン建設会社 (Heyn Construction) により製造されて、 2008 年始めに、 £16,000 以上の経費で持ち上げられた。 観光客が橋を歩いて戻ることができなくなり、ボートで島から帰る必要があった時が随分あった。

キャリック・ア・リード・ロープ橋
1890 年頃 - 1900 年頃

2017 年 5 月 24 日に、定期検査で、明らかになったことは、 橋の構造ロープが一夜にしてバンダリズム (vandalism) により被害を受けたことであった。 ナショナル・トラストはしばらくの間橋が閉鎖されると表明した。 しかしながら、翌日に構造技術者が修理を完了し、 橋が再開されたことが表明された。

魚釣り

橋はサケのシーズン中に漁師により最早使用されていない。 シーズンは 6 月から 9 月まで続いたが、現在はサケがほとんど取れない。 1960 年代には、毎日ほとんど 300 匹のサケが取れたが、2002 年にはシーズン中に全部で 300 匹しか 取れなかった。 サケがこの場所に来るのはバン川 (Bann River) とブッシュ川 (Bush River) で産卵するためである。

造作

この場所は例外的に自然が美しく、 ラスリン島 (Rathlin) とスコットランドの素晴らしい光景がある。 この場所の周辺は類例のない地質学と動植物により SSSI (特別自然環境保護区) に指定されている。 下には大きな洞穴があり、かっては造船業者の家になり、嵐の時には避難場所となった。

地質学

キャリックアリード島は北アイルランドにおける 岩栓 (volcanic plug) の最も良い実例である。海の浸食はこの古い火山の首筋を通り抜ける区間を露出した。

凝灰岩、火山角礫岩 (explosion breddias)、 灰色火山灰 (grey volcanic ash) そして火山弾 (explosion bomb) はおよそ 6000万年前に溶岩が白亜 (chalk) を勢いよく通り抜けた時の、 噴火の激しい状態を示している。

この地域の海岸沿いに、アントリム台地の多くと同様に、 崖は玄武岩 (basalt) で、下に特徴あるアルスター白亜 (characteristic Ulster chalk) がある玄武岩である。 キャリックアリード島には 古代の火山道が粗粒玄武岩 (dolerite) を残し、これは玄武岩よりは頑丈な岩で 浸食はもっと遅い。 粗粒玄武岩の後ろの南側では火道 (vent) は火山砕屑岩 (pyrochlastic rocks) で満たされ、 これは壊れるのがもっと容易で、大半が粗い凝灰岩の 集塊岩 (coarse tuff agglomerate) である。 前面が硬く、後方が柔らかい組み合わせで、長期間の波の浸食で、まもなくこの小さな島が残った。

文化的言及

この橋の図版 (芸術家 T. M. Baynes - 彫刻 J. Davies) が 1832 年の 「フィッシャーの客間のスクラップ・ブック」 (Fisher's Drawing Room Scrap Book) に 登場し、レティシア・エリザベス・ランドン (Letitia Elizabeth Landon (L. E. L.)) の 説明の詩が付き、 ある時期に世捨て人 (恐らくスコットランドから逃亡した反逆者) として島で暮らしたと思われる紳士のことを言及していた。

ギャラリー
橋のフォトクローム (Photochrom)
1890 年頃
橋の構造、2004 年 橋の構造、2006 年
キャリック・ア・リード・ロープ橋
2006 年
キャリック・ア・リード・ロープ橋
2007 年
2010 年使用中の橋
橋と島の光景
訳注
photochrom は白黒写真からカラー画像を印刷する方法。 リトグラフの一種。