ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Chain Bridge (Massachusetts) - Wikipedia

鎖橋 (マサチューセッツ州): Google map ストリート・ビュー

鎖橋 (マサチューセッツ州)
(Chain Bridge Massachusetts)

マサチューセッツ州ニューベリーポートの 鎖橋 は 1910 年に建設されたそっくりレプリカで、 1810 年に米国で建設された 「最初の吊り橋」 の交代をした。 現在の橋は 1793 年以来、この場所にあった一連の橋の 1 つであるため、 これは米国の 「連続的に占有された最古の長スパンの橋の横断」 である。 橋は エセックス・メリマック橋 (Essex-Merrimac Bridge) あるいは ニューベリーポート鎖橋 (Newburyport Chain Bridge) とも呼ばれる。

鎖橋、1990 年

橋は 225 フィート、単一スパンの吊り橋で、メリマック川 (Merrimack River) がディア島 (Deer Island) のまわりを流れる時に右側の分流を横断している。 ニューベリーポート市とエイムズベリー市 (Amesbury) の間の境界はディア島を通り抜け、 鎖橋は 2 つの共同体を接続している。 島からメリマック川の左岸に横断するには デリック S. ハインズ記念橋 (Derek S. Hines Memorial Bridge) を横断する必要があり、 この橋はかっては エセックス・メリマック可動橋 と呼ばれ、 2012 年 8 月に再建・再開通した。 鎖橋はその構造からよく知られており、 この橋がメリマック川を横断する単一の橋と、時々間違えて考えられる。

  1. 歴史
  2. 注釈
歴史

最初の木造アーチ橋がティモシー・パーマー (Timothy Palmer) のデザインで 1792 年に建設された。 彼は地元の建築家で、木で石の迫石の建設を真似たアーチを使用し、 これを彼は 「パーマーのアーチ」 (Palmer's arch) として特許を取った。 経費は $36,000 以上かかり、橋は通行料を徴収した。 橋は 1809 年に安全でなくなり、材木が競りにかけられた。 橋は 1810 年に錬鉄の鎖の吊り橋で交換された。 ジェームズ・フィンリーはペンシルバニア州の技術者で、 1808 年に鎖建設の特許を取った。 彼は自分のデザインを使用して、スクーカル川を横断する橋を建設したが、これはその後壊れた。 (メリマック川を横断する) この橋は 1868 年まで有料橋として、機能し、 この時エセックス郡が橋を購入して、通行料を取らずに公共に開放した。 サイエンティフィック・アメリカンが 1896 年に報告したことによると、 橋はニューイングランドの吊り橋形式で、 見事にその意図を務め、ある条件下ではワイヤー橋よりもまだ望ましいことが判明した 唯一の例である。

橋の 1900 年代初頭の写真
路面電車が横断中

この橋は現在の橋で交換され、 現在の橋は 1910 年にその前に 2 つの橋があった場所に建設された。 建設資材はほとんど全く新しいものであった。 それでも橋は 鎖橋 と呼ばれ、その先代は オールド鎖橋 (Old Chain Bridge) と呼ばれている。

訳注
現在の鎖橋はワイヤー・チェーンで建設されており、鎖ではありません。

鎖橋はマサチューセッツ州輸送局 (Massachusetts Department of Transportation) により現在保守されている唯一の吊り橋である。 1990 年に、橋はマサチューセッツ州歴史的橋記録 (Massachusetts Historic Bridge Recording) の 1 部分として、 州全体にわたる記録の 1 部分として記録された。 橋には何回かの修復が実施され、最も最近には 2003 年に実施されている。

注釈
訳注
以下は原文にある注釈で
BRIDGEMEISTER 1810 Chain (Essex-Merrimack)
からの引用で、ここに書かれていることを追加すると 上の文書には写真が掲載されており、鎖の接続法がわかる。 現在の吊り橋の一般的な吊り方とは違い、橋の両端に鎖 が 3 本ずつあり、 中央に 4 本の鎖で吊っている。(写真には影が写っているのて注意。)
マサチューセッツ州ニューベリーポートの上流 3 マイルでメリマック川に最近架けられた 鎖橋は現在では不断に使用されている。 橋は単一弧で構成され、244 フィート・スパンである。 橋台は石造りで長さ 47 フィート、高さ 37 フィートである; 直立材あるいは枠構造が橋台の上に立ち、高さ 35 フィートで、この上に張り渡された 10 本の鎖 があり、鎖の両端は川の両側で穴に深く埋め込まれ、大きな石に固定されている: 各鎖は長さ 516 フィートである、 鎖が直立材を通り抜ける時に鎖は 3 つに分かれ、短い節 (ふし) で作られている。 この方が鉄の板で作ったサドルよりは、もっと安定すると言われている。 4 本の中間の梁が鎖の上に安置されている; これ以外のすべてが主鎖 (main chain) に繰り下げられて、床と均衡を取っている。 この橋には各々幅 15 フィートの 2 つの通路があり、床は非常に頑丈なので、 馬や車両がどのような速度で通っても、床にはほとんど感知できる動きがない。 手すりは頑丈で強固であり、これは床に多くの硬さを追加する。 両側の各範囲には 3 本の鎖があり、中央の範囲には 4 本の鎖がある: これらは計算されて 500 トン近くを支えることができる。 水面から床の中央まで 40 フィートで、 橋台の頂上から直立材の頂上まで 35 フィートの高さであり、 全体で 72 フィートである。 橋台の大きさと力、床の幅と長さ、作品が持ち上がり、 鎖の明白な力等が全部寄り集まって、素晴らしい作品になっている。 これに費やされた出費は 25000ドルに満たない。 橋台は石でできており、直立材には覆いがあり、鎖にはペンキが塗られ、床以外の 何物も腐食することがない。 橋はコロンビア地区のジョン・テンプルマン (John Templeman) 殿により建設され、 このような工事の才能と、 彼に提案・使用された色々な改良は高く有益で、彼に認めるべきものは偉大である。