ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ellenroad Ring Mill Engine - Wikipedia

エレンロード・リング・ミル・エンジン: Google map

エレンロード・ミルを参照。

エレンロード・リング・ミル・エンジン
(Ellenroad Ring Mill Engine)

エレンロード・リング・ミル・エンジンは保存された静止蒸気エンジンで、 イングランド、広域マンチェスター、ニューヘイ (Newhey) にある。 これは 1917 年からエレンロード・リング・ミルに動力を与え、 ミルが閉鎖されてからは、エンジンはなお博物館の展示として、 なお蒸気を入れて動いている。

3000 馬力で双子の直列複合エンジン (twin tandem compound engine) は この形式で保存されているものでは、もっとも馬力のあるものである。 2 つのエンジンはビクトリア (Victoria) とアレクサンドラ (Alexandra) と命名され、はずみ車のまわりの複数のロープは ミルの各階のラインシャフトを駆動し、これは今度はリング紡績機 (ring spinning frame) を駆動した。

ミル・エンジンに付け加え、 この博物館が操業可能な状態で収容しているのは;  元々のエレンロード・ミルのパイロット発電機、 スプリンクラー・ポンプ、 ホワイトリーズ・ビーム・エンジン (Whitelees Beam Engine)、 そしてアイリーン・エンジン (Irene Engine) である。 博物館トラストはファーン・ミル (Fern Mill) エンジンの残存する部品も所有し、 これをそのうち稼働状態に復元することを望んでいる。」

アレクサンドラ (Alexandra) -- 保存された双子の
蒸気エンジンの 1 つ、ロープを駆動するはずみ車を見せている。
名称建築家位置建設年取り壊し就役年
エレンロード・ミルStott & SunsNewhey, Milnrow, Rochdatle1890198292
注意:  5 階建て、耐火ミュール紡績機ミル、レンガ製 40×18 区画、角小塔 (corner turrets)、 南正面に 3 基の突き出し塔 (projecting towers)。1916 年の火災で被害。リング紡績機用に再建、 3 段膨張水平エンジン、J&W McNaught 製、1916 年に双子直列として再建、 シリンダー直径 23.5 インチ (60 cm)、43.75 インチ (111.1 cm)、 高圧シリンダーにコーリス・バルブ。28 フィート (8.5 m) ロープ・シリンダー、 ミル自身はもはや健在でないが、エンジン棟、ボイラー棟、 及び煙突は蒸気エンジンと共に完全で、エンジンはエレンロード・トラスト により維持され、1 ヵ月に 1 度蒸気を入れる。