ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ellenroad Mill - Wikipedia
エレンロード・ミル (Ellenroad Mill)

エレンロード・ミル (Ellenroad Mill) は イングランド、 ロッチデール (Rochdale) のミルンロー地区 (Milnrow) ニューヘイ (Newhey) の木綿紡績工場 (cotton spinning mill) であった。 これは 1890 年にストット&サンズ社 (Stott and Sons) により ミュール紡績ミル (mule spinning mill) として建設され、 1899 年に拡張された。 これは 1916 年 1 月 19 日に火災で破壊された。 再建された時に、 リング紡績ミル (ring spinning mill) としてデザイン・装備された。

ミル自身は閉鎖後 1982 年に取り壊されたが、 エンジン棟は -- 蒸気エンジンが完備 -- とボイラー棟の煙突が保存された。 所有権はエレンロード・トラストに移った。 エレンロード・リング・ミル・エンジンは毎月第一日曜日に蒸気が入る。 (但し、1 月はボイラー点検のため例外である。)

2 番目のエレンロード・ミル
-- リング・ミル
広域マンチェスター
における位置
  1. 場所
  2. 歴史
  3. 建築
場所

エレンロード・ミルはニューヘイ (Newhey、古風には、ニュー・ヘイ (New Hey)) の川沿いの平地にあった。 ニューヘイは今ではロッチデール大都市自治区 (Metropolitan Borough of Rochdale) の ミルンロー地区の近郊村 (suburban village) である。 これは ペナイン山脈のふもとのビール川 (River Beal) 流域にあり、 ロッチデールの 2.7 マイル (4.3 km) 東南、 マンチェスターの 10.3 マイル (16.6 km) 北東にある。

歴史的には ランカシャーの一部であるニューヘイは古代には、 バターワース (Butterworth) タウンシップ (township) の村落 (hamlet) であった。 1828 年には 「幾つかの小屋の列と 2 軒のパブから構成されている」と記述されている。 19 世紀始めに、大きな道路がニューヘイを通り抜けて、 ワーネス (Werneth) からリトルボロー (Littleborough) まで建設された。 ニューヘイは 1894 年にミルンロー都市型行政地区 (Milnrow Urban District) に組み込まれた (incorporated)。 1920 年にはニューヘイに 5 つのミルが記録され、 これに含まれるものは:  エレンロード (Ellenroad), ニューヘイ (Newhey),コラル (Coral), ハフ (Haugh) 及びガーフィールド (Garfield) があった。

公式には 1804 年に開通したロッチデール運河 ペナイン山脈を横断するブロード運河 (broad canal、広い運河) の接続を提供し、 その結果、重要な輸送回廊 (transport corridor) になった。 運河は広域マンチェスター (Greater Manchester) の ブリッジウォーター運河で開始し、 アッシュトン運河と接続し、 アンコーツ (Ancoats), ドロイルスデン (Droylsden), モストン (Moston), ミドルトン (Middleton) そして チャダートン (Chadderton) を通り抜けて、 ロッチデールの南部、 ミルンローの北部、 ニューヘイに至り、 トッドモーデン (Tordmorden) に向かう。 運河は石炭と原綿をミルまで運び、 完成した「より糸」 (yarn) を機織りシェッド (weaving shed) まで運んだ。 1890 年に運河会社は 2000 台のハシケを所有し、 交通は年間 700,000 トンに達し、1 日当たりでは 50 隻のハシケに等価であった。 これは木綿産業開発の軸を提供した。 ニューヘイは運河から 3km あり、木綿ミルの建設が遅れた。 もっと重要なことに、 ランカシャー・ヨークシャー鉄道 (Lancashire and Yorkshire Railway) が 1863 年にオールダム・ループ線 (Oldham Loop Line) を建設し、 ミルンローとニューヘイを通り抜けた。 今日、エレンロード・ミルのエンジン棟は M62 自動車道路 (motorway) のジャンクション 21 (Junction 21) の 南にある。

ロッチデールは 1890 年に木綿紡績 (cotton spinning) の主要な場所になった。 これは炭田には便利が良い場所で、鉄道が原綿の持ち込みを容易にした。

次の表はロッチデール地区で稼働したスピンドルの数 (x 1000) を示している。

1883189319031913192319261933194419531962
ロッチデール1,6271,8352,4223,6453,7493,7933,5392,4591,936983
歴史

エレンロード・ミルは伝統的な 19 世紀末の木綿ミルであった。 1880 年代末のブームの最中に、 有限会社 -- エレンロード紡績会社 (Ellenroad Spinning Co. Ltd.) が作られて、新しいミルが建設された。 彼らは、とても尊敬されているオールダム (Oldham) の建築業者であるストット&サンズ社 (Stott and Sons) を選び、 デザイン・建築をさせた。 彼らが選んだデザインは、伝統的な 5 階建て、40 区画 (bay) のミュール紡績ミルで、 分離したエンジン棟とボイラー棟があり、 ロープ駆動によりライン・シャフトを駆動した。 ストット (Stott) 達はロッチデールで 5 つのミルをデザインし、例えば 1888 年に彼らはモス・ミル (Moss Mill) を設置した。 蒸気エンジンに関しては、地元の企業である J&W マクノート (J&W McNaught) に行き、 シングル 3 段膨張水平エンジン (single triple-expansion horizontal engine) を選択した。 これは 1890 年代には石炭 1 トンあたりの動力に関しては、最大の効率を生成した。 蒸気は 5 基のランカシャー・ボイラーで生成した。 これらの通気のために 220 フィートの煙突が必要であった。 工事は 1891 年 2 月に開始し、最初の原綿が 1892 年に カード室 (Card room) を通過し、 最後のミュール紡績機が 1892 年 12 月までに、設置・操業された。 これはストット (Stott) のミルであったため、機械全部が 1 つの納入業者からのものであった可能性があり、 この業者はオールダム (Oldham) のプラット・ブラザーズ社 (Platt Brothers) であったか、 もしこれがダメであれ、ばドブソン&バーロー社 (Dobson & Barlow) であったことであろう。 ミルには加湿器とスプリンクラーがついていた。 ミルは 1899 年にストット&サンズ社 (Stott and Sons) により拡張された。

歴史のこの時点では、ミルは当時の普通のコースをたどったことが想定される; 産業は 80 億ヤードの布を製造していた 1912 年に頂点に達した; 1914 年 - 1918 年の第一次世界大戦により、原綿の供給が停止し、 英国政府は海外の植民地を奨励して、木綿紡績ミル、機織りミルを建設させた。 戦争が終わり、ランカシャーは市場を回復することはなかった。

しかしながら、1916 年 1 月 19 日に、ナンバー 2 紡績室で、 JW テーラー (JW Taylor) が面倒を見ている 2 台のミュール紡績機の 1 台の頭上装置 (headstock) に火が付いた。 スプリンクラー・システムと職人達は火を消せなかった。 ロッチデールとオールダム (Oldham) の消防隊が招集され、オールダム (Oldham) は 4:00 時まで遅延した。 5 時までに火が消し止められたと信じられたが、 再度火が付き、強風の助けにより激しく燃えた。 PM 8:00 までに、ミルの中央部が崩落した。 これは特許を取った 3 重レンガ・アーチ方法 (triple brick arch method) で作られていたが、 鉄のガーダーが強い火にさらされ、水を浴びせられた。 これにより、これが粉砕される原因になった。 翌日には、ミルの残骸は観光客の呼び物になった。 ボイラー棟とエンジン棟は無傷であった。

ミルは再建されたが、新形式となり、リング紡績ミルとして再建され、 遅い ミュール リング紡績機 (ring frame) に交換された。 同じ広さでは、より多くのリング紡績機を操業できた。 多くのミルはリング紡績機に転換されたが、 もっとも効率の高いリング紡績機はフロアーの高さを大きくして、 フロアーの支えの柱の位置 (そして区画の大きさ) を変更して、 より重いスピンドルの密度を達成する必要があった。 新しいミルは、エレンロード・リング・ミルと呼ばれ、 以前のエレンロード・ミュール・ミル (Ellenroad mule mill) と区別した。 この機会にエンジンも新しくした。 J&W マクノート社 (J & W McNaught) により 4 シリンダー 3 段膨張水平エンジンが 2 重直列エンジン (twin tandem) として再建され、 増大したスピンドルの数に必要とされる余剰の動力を供給することになった。

ミルは 1980 年まで木綿を紡ぎ続けた。 ミルは 1975 年に電化され、エンジンは静かになったが、無傷であった。 1982 年に閉鎖されてから、ミルは 1985 年までに大体取り壊されたが、 ボイラー棟、エンジン棟 -- 蒸気エンジンが完備 -- とボイラー棟の煙突が保存された。 これらはエレンロード・トラストにより引き継がれ、 トラストはエンジンを保存し、一台のビーム・エンジンと他の小さなエンジンを獲得した。 一台残っているランカシャー・ボイラーは一か月に一度火が入り、 これらのエンジンに蒸気を入れて実演する。

建築

最初のミルは 1890 年にストット&サンズ社 (Stott and Sons) によりデザインされた。 これは 5 階建てレンガ造りの耐火のミュール紡績機ミルであり、40×15 区画あった。 これは角の小塔 (turret) と南側の正面に 3 つの突き出る塔があった。 第二のミルは他の建築家により再建された。

動力
エレンロード・リング・ミル・エンジンを参照。

J&W マクノート社 (J&W McNaught) のシングル 3 段膨張水平エンジン -- 高圧シリンダーにコーリス・バルブを備えたもの -- は 1916 年に 3000 IHP の直列複合エンジンに作り替えられた。 これには高圧シリンダーのコーリス・バルブ (Corliss valves) と低圧シリンダーのスライド・バルブ (slide valves) に付属するクレーグ (Craig) の遮断装置 (cut off gear) がある。 これはホワイトヘッド (Whitehead) ガバナー (governor) により規制され、 80 トン、28 フィートのはずみ車を駆動し、このはずみ車に 44 本のロープの溝が切ってあった。 エンジンは生き延び、定期的に蒸気が入る。

装置

元々は Plan Brothers のミュール紡績機と breaking and carding equipment があった。 1916 年にリング紡績機で交換された。

用途

木綿紡績

所有者

エレンロード紡績会社 (Ellenroad Spinning Co. Ltd)

エレンロード蒸気博物館

エレンロード蒸気博物館は日曜日には公開されています (AM 11 - PM 3) が、 蒸気が入るのは第一日曜日です (AM 11 - PM 4)。 蒸気が入らない日には、エンジン棟にはボランティアがおり、見て周り、エンジンを自分で見学する良い機会です。 蒸気の肺らない日は入場料は無料です (寄付は喜んでお受けします)。 蒸気が入る日には入場料は大人 £5、16 才以下の子供無料。