ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

George Washington Bridge - Wikipedia

ジョージ・ワシントン橋: Google map

ジョージ・ワシントン橋
(George Washington Bridge)

ジョージ・ワシントン橋 -- 非公式には GW 橋GWBGW、あるいは ジョージ と呼ばれる -- は 2 階建ての吊り橋で、ハドソン川に架かり、 ニューヨーク市マンハッタンのワシントン・ハイツ近辺と ニュージャージー州フォート・リー (Fort Lee) を接続している。 2016 年現在で、ジョージ・ワシントン橋は 1 年に 10300万 名以上の人を運び、 世界で最も多忙な自動車用の橋になっている。 橋を所有するのは ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社 (Port Authority of New York and New Jersey) で、 これは 2 州にまたがる州政府機関で、 幾つかの橋、トンネル、空港、港、そして PATH 高速輸送システム (PATH rapid transit system) を所有している。

ジョージ・ワシントン橋
フォート・リーから東の
アッパー・マンハッタンを見る。
ニューヨーク市における位置

橋はニューヨーク大都市圏の必須な輸送路 (integral conduit) で、 双方向に 4 車線を通す 2 階と、双方向に 3 車線を通す 1 階があり、全部で 14 車線ある。 橋の速度制限は 45 mph (72 km/h) であるが、渋滞により週日にも、週末にも、交通がしばしば遅くなる。 橋の 2 階は歩行者も自転車も通している。 州間道路 95 (I-95) と US ルート 1/9 (US 1/9) は橋で川を横断している。 US 46 は完全にニュージャージー州の中にあり、 橋の中途のニューヨーク州との境界で終了している。 橋の東端のニューヨーク市で、 橋はトランス・マンハッタン高速道路 (Trans Manhattan Expressway) と接続し、 この高速道路は I-95 の 1 部分で、クロス・ブロンクス高速道路 (Cross Bronx Expressway) と接続している。

  1. 歴史
  2. 道路接続
  3. 通行料
  4. 自動車以外の利用
  5. 自殺
  6. ポピュラー・カルチャーで
歴史

橋は (ニューヨーク市の) フォート・ワシントン (ワシントン砦、Fort Washington) と (ニュージャージー州の) フォート・リー (リー砦、Fort Lee) の遺跡の近くにあり、 この砦はジョージ・ワシントン将軍と米国軍が米国独立戦争の時に、 1776 年にニューヨーク市が占領されることを阻止する試みから、 要塞化された場所である。 これは不成功で、ワシントンは 2 つの砦の間を横断して、マンハッタンを撤退した。

橋の建設は 1927 年 10 月 に、 ニューヨーク港湾公社 (Port of New York Authority) の計画として、 開始した。 橋の主任技術者はオスマー・アマン (Othmar Ammann) で、キャス・ギルバート (Cass Gilbert) が建築家であった。 地質学者はニュージャージー側で 300 フィート (91 m) の試験ボーリングを実施して、 地層が橋を支えることができるか否かを決定した。 工事が開始した時に、 橋の経費の見積もりは $75,000,000 であった。 橋は操業の最初の年に 800 万台の車両と 150 万人の歩行者を運ぶことが期待されていた。 これより以前、建設中に橋は非公式に 「ハドソン川橋」 (Hudoson River Bridge) と呼ばれた。 この名前は他の提案されている名称よりも人気が高く、 これには港湾公社が好みとしていた 「ジョージ・ワシントン橋」 が含まれ、 この名称は港湾公社に提出されたニューヨークとニュー・ジャージーの住民の投票結果に基づいていた。 しかしながら、港湾当局はその年に橋を 「ジョージ・ワシントン橋」 に命名した。

橋は 1931 年 10 月 24 日に落成し、翌日に交通に開通した。 ジョージ・ワシントン橋は全部で 4,760 フィート (1,450 m) のスパンがあり、 これには 3,500 フィート (1,100 m) の主スパンが含まれ、 この当時で世界最長の主スパンであり、 それまでの記録 1,850 フィート (560 m) -- デトロイトのアンバサダー橋 (Ambassador Bridge) -- のほとんど倍近くあった。 この橋はこの記録を 1937 年の金門橋の開通まで保持していた。

橋はハドソン川の
ニューヨーク側から南を見る。
USS ノーチラスは 1956 年に
橋の下を通過。橋の路面は
まだ 1 つしかない。

1946 年に現在の 2 階にもう 2 車線が追加されて、2 階が元々の 6 車線から広くなった。 1 階の追加はアマン (Ammann) の元々の計画にも考えられており、 米国工兵隊のジョセフ R. マキャモン中佐 (Lt. Col. Joseph R. McCammon) により承認され、1962 年 8 月 29 日に 一般に開通した。 1 階は、ジョージ・ワシントンの妻マーサにちなんで、マーサとあだ名されていたが、 橋の容量を 75% 増やし、同時にジョージ・ワシントン橋を世界で唯一の 14 車線の吊り橋にした。

橋の塔の元々のデザインは塔をコンクリートと花崗岩で包むことを求めた。 しかしながら、大恐慌の最中の経費への配慮と、地の鋼を好みとする美的評論から、 これはされなかった。 むき出しの鋼の塔は、独特な十字の支えと共に、橋の最も識別可能な特徴の 1 つになった。

ニューヨーク側の柱の下 マンハッタン側からの
橋の空からの光景

ジョージ・ワシントン橋は 1981 年 10 月 24 日に米国土木技術者学会 (American Society of Civil Engineers) により国内歴史的土木技術ランドマーク (National Historic Civil Engineering Landmark) に指定された。この日は橋の落成式の 50 周年記念の日であった。

2000 年 7 月 4 日に始まり、その後の特別な折には、各塔は 380 個の照明で照らされて、 むき出しの鋼が強調される。各塔には 150 個の 1000ワットの メタルハライドランプの混合がある。 建築的照明デザインはドミンゴ・ゴンサレス・アソシエーツ (Domingo Gonzalez Associatez) により完成された。

閉鎖的な 1 階は 2 階よりも危険物 (HAZMAT, hazadous material) の事件ではるかに脆弱であり、 HAZMAT はここでは長いこと禁止されていた。 9 月 11 日の攻撃に続き、港湾公社 (Port Authority) は橋の内部で写真撮影も禁止した。 テロリストが橋を攻撃するために写真を研究する懸念があったからである。 この撮影禁止はそれ以後解除された。

2006 年以来、橋は世界最大の風でたなびく米国旗を掲げ、 旗は長さ 90 フィート (27 m)、幅 60 フィート (18 m)、重さ 450 ポンド (200 kg) である。 旗は特別な時に天候が良ければ掲げられている: キング牧師記念日 (Martin Luther King, Jr. Day)、 ワシントン誕生日 (Presidents Day)、 戦没将兵追悼記念日 (Memorial Day)、 国旗の日 (Flag Day)、 独立記念日 (Independence Day)、 レイバー・デー (Labor Day)、 コロンブスの日 (Columbus Day)、 復員軍人の日 (Veterans Day)。 更には 9 月 11 日の攻撃で失われた人々の名誉を讃える日々は無論の事である。 旗が掲げられるイベントでは、塔は夕暮れから PM 11:59 まで点灯される。

2011 年 12 月に、港湾公社 (Port Authority) は橋を修理する計画を表明した。 始めて垂直吊りケーブル (vertical suspension cable) が交換され、 $10億 以上の経費が予想され、通行料の収入で支払われることになる。 2015 年 8 月 5 日に、修理チームは交通、とりわけ重量トラックにより引き起こされた 2 階の構造鋼 のひび割れを修理するための $8200万 の工事を開始した。 計画は 632 枚の路面のパネルを交換することを求め、こうすれば路面に少なくとも 20 年の操業年数 (service life) を追加できることになる。 工事は夜間に進み、年末までに完成する予定であった。 しかし、遅延により完成が阻まれ、究極的には冬に工事が停止した。 工事は 2014 年 6 月 16 日に再開し、 もう 12 週間続く予定であった。

2013 年 9 月 9 日から 13 日にかけて、 橋の 2 階の地元のフォート・リーへの入口の専用車線が 3 本から 1 本に減少し、 2 本がハイウェイ交通に割り当てられ、 地元自治体の当局者と緊急要員への通告なしに実施された。 当局者と緊急要員はニュージャージー州知事の クリス・クリスティ (Chris Christie) の側近と知事の任命者に より動いており、 「ブリッジゲート」 (Bridgegate) と呼ばれる政治的な議論の原因となった。 地元の料金車線の削減は大規模な交通渋滞の原因となり、 通学とフォート・リー内部の警察と緊急サービスの応答に重大な遅延を引き起こした。 これらの行動の影響と議論は港湾公社 (Port Authority), 連邦検事 (fereral prosecutor)、 ニュージャージー州議会委員会により調査された。

道路接続

ジョージ・ワシントン橋は I-95 と US 1/9 を通し、 ニュージャージー州とニューヨーク市を接続している。 US 46 はニュージャージー州から出て橋の中央の州の境界で終了する。 更に西では I-80、US 9W、ニュージャージー州道 4、 とニュージャージー・ターンパイクも I-95、US 1/9、あるいは U.S. 46 により 橋に流入しているが、 橋に到達する前に終了している。 パリセード州間パークウェイ (Palisates Interstate Parkway) は橋の 2 階に直接つながっているが。1 階にはつながっていない。 (1 階に直接つなげる計画は延期された。) ハイウェイの上の小さな道路や地元のストリートは GWB プラザと呼ばれている。

訳注
プラザは料金所のことで、Google map を見ると、 ここに周辺の道路が注いでいるのがわかり、通常のプラザよりも広くとらえているように見えます。

ニューヨーク側では 12 車線のトランス・マンハッタン高速道路 (Trans-Manhattan Expressway) は 東に向かって、橋からハーレム川に向かい、 アッパー・マンハッタンの狭い部分を横断する。 178 番ストリートの 1, 2 階に接続し、 マンハッタンのウェスト・サイドの ヘンリー・ハドソン・パークウェイ (Henry Hudson Parkway)、 リバーサイド・ドライブ (Riverside Drive) に接続し、 そしてイースト・サイドの アムステルダム・アベニュー (Amsteram Avenue)、 ハーラム・リバー・ドライブ (Harlem River Drive) に接続している。 高速道路はアレクサンダー・ハミルトン橋 (Alexander Hamilton Bridge) と直接つながり、この橋がクロス-ブロンクス高速道路 (I-95, Cross-Bronx Expressway) の一部分として、ハーレム川に架かり、 メジャー・ディーガン高速道路 (I-87, Major Deegan Expressway) への進入を提供している。 ニュージャージーに向かうと、地元から橋への進入が 179 番ストリートから可能となる。 橋をジョージ・ワシントン橋のバス・ターミナルに接続するランプ (ramp) もある。 このバス・ターミナルは通勤用のバス・ターミナルで、 ニューヨーク市地下鉄と IND 8 番街線 (IND Eighth Avenue Line) の 「175 番ストリート駅」 で直接接続している。

緊急サービスは港湾公社のトンネル橋部局 (Tunnel & Bridge Agents) により提供され、トンネル橋部局は 橋24/7 に基地を置き、 色々な緊急装備を準備している。 例えば、消防車、緊急トラック、 GW 橋の重大事故用 -- 車両救出、危険物事件 (HAZMAT)、横転車両などの緊急用 -- に特別にデザインされたレッカー車がある。 緊急医療サービスも公社により提供されている。

代替ルート

ジョージ・ワシントン橋はラッシュ時の交通渋滞では悪名高く、 ここに接続しているハイウェイと同様である。 このような道には トランス・マンハッタン高速道路 -- これは東に行けば、クロス・ブロンクス高速道度となる --、 ハーラム・リバー・ドライブ -- これは FDR ドライブになる --、 ヘンリー・ハドソン・パークウェー -- これは南に行けばウェスト・サイド・ハイウェーとなる -- そしてブロンクスのメジャー・ディーガン高速道路 (I-87) -- これは I-95 とのジャンクションで繋がり、ハーレム川の反対側にある -- 。 ニュージャージーにある西側の進入路も遅く、 とりわけ I-95、 US 1/9 と US 46 (橋の手前で合流)、 ルート 4、そしてパリセード・パークウェイ。

ニューヨーク市内で、ずっと南であるが、 リンカーン・トンネル (NJ 495) と ホーランド・トンネル (I 78/NJ 139) もマンハッタンに入る。 ベルザーノ橋 (I-278, Verrazano Bridge) は スタテン・アイランドとブルックリンを接続し、ニュージャージーから出る交通を処理する、更に南の代替ルートである。 ニューヨーク大都市圏の中で、 新タッパン・ジー橋 (New Tappan Zee Bridge) (I-87/287、ニューヨーク州スルーウェイ (New York State Thruway)) は本来のニューヨーク市を避けた、更に北の代替ルートである。

更に遠方からの交通に関しては、 例えばニュー・イングランドからの (そして北/東の地点からの) 交通、 及びペンシルバニアからの (そして南/西の地点からの) 交通に関しては、 州間道路 84 はハドソン川をニューバーグ-ビーコン橋 (Newburgh-Beacon Bridge) で横断し、GWB やタッパン・ジー橋 (Tappan Zee Bridge) よりも代替として使用される。 というのはこれはニューヨーク大都市圏内部を避け、それほど混雑していないからである。

通行料

東向きの車両は橋で通行料を支払わないといけない。 これはハドソン川を越えるすべての交通に当てはまり、 西向きの交通は無料である。 2015 年 12 月 6 日現在、 ニュージャージーからニューヨークに至る現金料金は乗用車もオートバイも $15 である。 E-ZPass の使用者はオフ・ピーク時には乗用車は $10.50、 オートバイは $9.50 を課金され、 ピーク時には乗用車は $12.50、オートバイは $11.50 課金される。 トラックは車軸ごとに $20.00 の現金料金が課せられ、 ピーク時の割引、オフ・ピーク時、夜間 E-ZPass の料金がある。 割引の相乗り料金 ($6.50) が、いつでも利用可能であるが、 これは 3 人以上の乗客を乗せ、NY もしくは NJ の E-ZPass を使用していて 有人ゲートを通る場合である (但し無料の 「相乗り計画」 (Carpool Plan) に登録している必要がある。) 資格のある低排出乗用車 (qualified low-emission passenger vehicle) には $7.00 のオフ・ピーク料金があり、 この資格は港湾公社グリーン・パス割引プランに登録することにより、 グリーン E-ZPass を与えられるのである。

橋の 1 階の下側
マンハッタンから西を見る
2 階の料金所
激しい渋滞

橋の通行料は 1931 年に片道 $0.50 であったが、 長年の間に乗用車に対しては現在 $15 に引き上げられ、 この料金は 2015 年 12 月 6 日に有効となったものである。 2006 年に、橋の通行料は全部で 1 日当たり $100万 で、この時の 乗用車の通行料は現金で $6, E-ZPass のピーク時料金で $5、そして E-ZPass のオフ・ピーク時の 料金は $4 であった。

橋には 29 本の料金所の車線がある: 12 本が 2 階の料金所、10 本が 1 階の料金所、 そして 7 本がパリセード州間パークウェイ (Palisades Interstate Parkway) の料金所で、これは 2 階につながっている。 1 階とパリセード・パークウェイは夜間は無人で、この間には E-ZPass のみが受け付けられる。 歩行者と自転車は側道を無料で横断できる。 橋の両側に側道があるが、自転車と歩行者は南側のみを使用できる。 橋から、ハドソン川、マンハッタンのスカイ・ライン、 そしてニュージャージーのパリセード [訳注:ハドソン川の崖] を見ることができる。 歩行者は橋の開通後すぐには 10 セントの通行料を支払わなければならなかったが、 自動車以外の交通には通行料を課すことがなくなった。

2007 年 1 月に、ニューヨーク・ニュージャージー港湾公社は 自動車保険の巨人である GEICO と 2 年間 $320万 の取引を表明し、 これにより大きな看板を料金所の上に設置し、看板に GEICO の標識と共に、 "GEICO、安全運転" (GEICO, Drive Safely) が表示され、 料金ブースと進入路から見えた。 しかしながら、1 週間後に港湾公社は契約をキャンセルした。 これは批評家が次のように述べたからであった: 看板はランドマークとなった橋を台無しにした、港湾公社は交渉で良い値を付けなかった、 看板はフォート・リーの規則に抵触する可能性がある。

自動車以外の利用

ジョージ・ワシントン橋は観光客と通勤に人気があり、 徒歩、自転車、ローラースケートによっている。 南側の側道 (橋のマンハッタン側の長い急な坂道で進入可能) は 自転車と歩行者が共有し、水平面が端から端まである。 マンハッタンの入口は 178 番ストリートで、カブリーニ・ブールバード (Cabrini Boulevard) のすぐ西で、これは橋の北で、ハドソン・リバー・グリーンウェイにも進入している。 側道はニュージャージー側のハドソン・テラス (道路名) から進入可能で、 ハドソン・テラスでゲートが昼間と夕方に開放され、 歩行者と自転車が通行できる。 ハドソン・テラスでは自転車/歩行者 の入口の北 100 ヤード以内に、 歩行者は長距離ハイキング・トレイル (Long Path hiking trail) の開始点が見つかり、このトレイルに沿って短距離を歩けば、 橋の素晴らしい光景が見られ、オールバニーまで北に進むことをができる。 ジョージ・ワシントン橋はニューヨーク州自転車道 9 (New York State Bicyle Route 9) を通し、これはニューヨーク市からローシズ・ポイント (Rouces Point) まで走っている。

南側の側道

港湾公社は 2008 年に北の側道を常時閉鎖した。 この道からパリセード週間パークに直接進入できるが、 北の側道は両側で下り上りの階段がある。 これは身体的に障害のある人には進入できず、 天候が悪い時には危険が伴う。

「輸送選択肢」 (Transportation Alternative、ニューヨーク市の昌道グループ) はフォート・リーで、河川道接続の強化を提案し、 これは橋のニュージャージー側で、ジョージ・ワシントン橋への 安全な歩行者と自転車の進入路を作るものである。

自殺

ハワード・スターン・ショー (The Howard Stern Show) に電話があり、 橋で自殺をしようとしていた。しかし、ハワード・スターンは何とかして話をして、 思いとどまらせた。 2010 年の Tyler Clementi の自殺は、橋からの身投げで、 LGBT の若者に直面するネットのいじめと闘争に国の注意を集めた。

2012 年に、記録的な 18 名が橋から飛び降りて自殺し、 自殺未遂は全部で 43 名であった。 2014 年と 2015 年には 18 名の自殺が報告された。 2014 年には 74 名の自殺未遂が港湾公社の警察によりとどめられ、 翌年には 86 名の自殺未遂が港湾公社の警察にとどめられた。 2016 年には 2 名の自殺が報告され、前年より減少したが。 70 名の自殺未遂が港湾公社の警察にとどめられた。

ポピュラー・カルチャーで

ランドマークの橋はニューヨークを舞台にする多くの映画で撮影され、 多くは エスタブリッシング・ショットにおいてであった。 橋は近くの 「小さな赤い灯台」 (Little Red Lighthouse) と共に、 ヒルデガード・スウィフト (Hildegarde Swift) の 1942 年の子供向きの本 「小さな赤い灯台と大きな灰色の橋」 (The Little Red Lighthouse and the Great Gray Bridge) で呼び物にされた。 橋を呼び物にしたのは フランシス・フォード・コッポラ (Francis Ford Coppola) の ゴッドファーザー (The Godfather)、 ウディ・アレン (Woody Allen) の ブロードウェイのダニー・ローズ (Broadway Danny Rose)、 マイク・ニューウェル (Mike Newell) の フェイク (Donnie Brasco)、 エイブラハム・ポロンスキー (Abraham Polonsky) の悪の力 (Force of Evil) がある。 セサミストリートでは アーニー (Ernie) は Sobre las Olas (波濤を越えて) (The Loveliest Night of the Year) のメロディー に載せて、しばしば "ジョージ・ワシントン橋" と歌っていた。

1976 年の映画 ネットワークの 登場人物の Max Schumacher (William Holden) は滑稽な話を友人の Howard Beale (Peter Finch) に語り、 橋の新しい 1 階に関してのニューズ放送 い寝過ごして、パジャマの上にレインコートを着てタクシーに乗り込み、 運転手に「ジョージ・ワシントン橋の中央に連れて行ってくれ」と頼んだ。 運転手は Schumacher は橋から飛び降りるつもりだと恐れ、 後ろを向いて、彼に頼んだ: "おい、それはするな! おまえはまだ若い。全人生がお前の前にある。"

24:レガシーで、 テロリストが橋の 2 階でトラック爆弾を爆破させた。」

夜間のリバーサイド・ドライブから