ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lapal Tunnel - Wikipedia
ラパール・トンネル (Lapal Tunnel)

ラパール・トンネル (Lapal Tunnel、古い綴りでは Lappal Tunnel) は使用されていない 3,470 m (11,385 フィート) の運河トンネルで、 イングランドのウェスト・ミッドランズにあるダドリー No.2 運河の 5 マイルの水が無い区間にある。 これは集落のラパールから名付けられた。

レンガで裏打ちされたナロウ・トンネルは 1798 年にウィリアム・アンダーヒル (William Underhill) により建設され、曳舟道がない。 これは非常に小さな内径 7 フィート 9 インチで、これを使用するボートよりわずかに広く、 頭上余地は 6 フィートである。 ボートは元々、 レギングもしくは竿によって通過するのにおよそ 3 時間かかった。 そこで 1841 年に蒸気エンジンがへールズオーエン (Halesowen) 側に建設され、 これがスクープ・ホイールを駆動して、トンネルに水を詰め込んだ。 停止水門をいずれかの端で開放して、ボートをどちらの方向にも誘導できた。

トンネルは多くの崩落で苦しみ、1917 年の鉱山の地盤沈下による崩落後に、見捨てられた。 トンネルが走るのは次の下である: ラパール、M5 自動車道路のジャンクション 3 の近く、 ウッドゲート峡谷カントリー公園 (Woodgate Valley Country Park)。 トンネルの南側の運河も使用されておらず、幾つかの区間は埋められ、 これはトンネル修理が非経済的であると見なされたからであった。 トンネルの北側では運河は良く修理され、 Hawne ベイシンにアクセスするボートによって使用されている。

  1. 復元
  2. 興味ある地点
復元

ラパール運河トラスト (Lapal Canal Trust) が関わっていることは: 失われた運河を復元してへールズオーエン (Halesowen) とセリー・オーク (Selly Oak) の両端からトンネルを航行できるようにして、 元々はトンネルを復元する長期間の目的があった。 2007 年 5 月にトラストは専門のコンサルタントのアトキンズ (Atkins) から、 勧告を受け、トンネルは復元するのではなく、その代わりに 新しい 「持ち上げ乗り越え」 (up-and-over) の配置で交換されることになった。

2012 年 2 月に、Selly Oak 地区再生計画がバーミンガム市議会に提出され、 これに含まれていたことは: ウスター・バーミンガム運河の新しいジャンクションから、 最近、再建されたハーボーン (Harborne) 橋への航行可能区間であった。

1955 年の陸地測量部の地図
トンネルの西の入り口
1955 年の陸地測量部の地図
トンネルの東の入り口
興味ある地点
地点座標備考
航行可能なダドリー No 2 運河の端 52.4565°N 2.0415°Wへールズオーエン (Halesowen) の近く
西の入り口 52.4458°N 2.0275°W(6'' 地図から) ラパール小屋の反対側の
軌道西端、ラパール・レーン西
中間点 52.4450°N 2.0017°W計算結果
東の入り口 52.4442°N 1.9759°W(6'' 地図から) 草の坂に埋もれている
ハーボーン・レーン橋 52.4435°N 1.9426°W  
セリー・オーク・ジャンクション 52.4436°N 1.9377°Wセリー・オークの運河の終点