ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Leeboard - Wikipedia

leeward (リーワード) とは、帆船の舷側で風を受けない側 (風下側) のことで、 ここに設置された板が leeboard (リーボード) です。

リーボード (Leeboard)

リーボードは帆船で使用される揚力翼 (lifting foil) であり、 センターボード (centreboard) のようなものであり、 ボートの風下側 (leeward side) にある。 風下側が使用されるのはボートがヒール (heel) した時、 あるいは風の圧力で傾いたときに、 リーボードが水から持ち上がらないようにするためである。

訳注
他の英英辞典などによると 「リーボードは船が風下に向かないようにするためのもの」 なので 「リーボードが水から持ち上がらないように」 ではなく 「リーボードが水から持ち上がるように」 の書き間違い。
オランダの帆船ハシケ、
しまい込んだリーボード
が見える。
East Swin のテムズ川帆船
ハシケ、前景の船は
リーボードを配置
リーボードを装着した現代のボート
のザ・センテニアル、1979 年の
テッド・ブルーアーのデザイン
  1. 歴史
歴史

リーボードは中国で少なくとも 8 世紀以来、戦艦に使用され、 「船に使用されて、風と波が怒り狂った時に、横向きにされることも、ひっくり返ることもない」。 リーボードがジャンクを安定化し、 風上に航行することを改善するのに使用されていることは Li Chuan による本に記録されている。 この発明は 1570 年頃にポルトガルとオランダの船に伝播された。 「ポルトガル人は中国の方法で船舶の水漏れを防ぐことを実験し、 オランダ人は恐らく中国のモデルをコピーした船にリーボードを追加した」。

リーボードは比較的大きな内陸及び沿岸船に使用され、 オランダ・ハシケとテムズ・ハシケで 1570 年以来、輸送に使用された。 これらのボートにとり、リーボードは 海岸にすぐ近くで作業するための浅い喫水の利点と、 貨物用の邪魔されない船倉の利点を提供した。これらはセンター・ボードよりも建設するのが易しかった。

現在のデザイン

リーボードは商的に建設されたボートではもはや普通ではない、 というのは多くの人々はリーボードが上品ではなく、ぎこちないと考えるからである。 これらは自家製のボートでははるかに普通で、 とりわけパドル・ダック・レーサー (Puddle Duck Racer) と 縫製と接着剤の型式 (stich and glue type) の帆船の場合にはこうである。 リーボードは船体の建造を単純化する。というのはリーボードは外側に取り付けられ、 船体に穴を開ける必要がなく、穴を開ければ水が漏れるからである。 センター・ボードは引き込めるので、 引き込めた時にこれを保持する水密な格納部 (trunk) が必要となり、 これは船室や操縦室の有効スペースを占有する。 リーボードの使用はタッキングの行程に複雑さを追加するが、ボートの床に邪魔なものを追加しない。

伝統的なデザイン原理によれば、リーボードを利用するボートは 引き込める 2 枚のリーボード -- 各舷側に 1 枚づつ -- が必要か、実行中にリーボードを取り除いて、一方に取り付ける方法が必要である。 というのはすべての帆船は風上に向かう時にタッキングをする必要があるからである (proa は例外である)。 しかしながら、ある小さなボートのデザイナーは一枚だけの固定リーボードで 海に出ることができる船を造ったと主張している。

伝統的な 2 枚リーボード (あるいは非固定式のリーボード) のデザインでは ボードのデザインは風上側のボードは引き込めて抵抗を少なくする。 センターボードは船の軸に関して対称であるが、 これとは違いリーボードは非対称 (asymmetric) で、もっと効率的に一方向に揚力を産む。 ある速いレース用のスカウ (scow) ではビルジボード (bilgeboard) を使用し、これは船体の中央線と 舷側の中間に搭載され、最大の揚力と最小の抵抗を求めて、 一対の対称な翼を使用する。