ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Living root bridges - Wikipedia
生きている根の橋 (Living root bridge)

生きている根の橋はツリー・シェーピング (tree shaping) の一型式で、 インド北東州の メーガーラヤ州 (Meghalaya) の南部で一般的である。 これらは インドゴムノキ (Rubber Fig Tree、Ficus elastica) の気根 (aerial root) から手作りされ、 シロン台地 (Shillong Plateau) の南部に沿った山岳地帯の カーシ族 (Khasi) とジャインティア族 (Jaintia) によって作られている。

生きている根の橋はインドネシアでも作られ、 バドゥイ族 (Baduy) により、 スマトラ島の ジェンバタン・アカール (Jembatan akar) と、 ジャバ島 バンテン州 (Banten provence) で作られてきた。

カーシ丘陵 (East Khasi Hills) の 生きている根の 2 重橋
  1. 生きている根の橋を作る方法
  2. 場所
  3. 歴史
  4. 実例
  5. Meghalaya の生きている根の建築物の他の実例
生きている根の橋を作る方法

生きている根の橋を作るには、 インドゴムノキ (ficus elastica) のしなやかな根を川を越えて誘導し、 次に根が育つようにして、時と共に強化させ、人の体重を支えられるようにする。

若い根は時々結び付けたり、互いにより合わせて、 Inosculation (イノスキュレーション、融合、接ぎ木の一般的なもの) の過程を経て、結合することが促進される。 インドゴムノキ (ficus elastica) は急な斜面や岩がちな表面に根付くのに適しているため、 反対側の川岸に根付くようにすることは困難ではない。 これらは生きて育つ生物なので、生きている根の橋の寿命は変化する。 理想的な条件下では生きている根の橋は何百年も存続すると考えられている。 木が健全であり続ける限りは、根が太くなるにつれ、橋は自己更新し、自己強化していく。

コングソン村 (Kongthong) の近くの生きている根の橋を修理している。
写真の地元の戦争部族カーシは若いしなやかな気根を
使用して、橋の新しい手すりを作ろうとしている。

根の橋を作るには幾つかの方法がある。

手による根の橋の生成

生きている根の幾つかはインドゴムノキ (ficus elastica) の根を完全に手で操作することによって作り、 足場や自然あるいは人造の道具を使うことがない。

しばしば、根の橋を使用する地元民は橋に小さな変更をし、 機会があれば若い根を操作する。 この理由から言えることは根の橋の生成は社会努力によく似ており、 橋は常に工事が進展中である。

東カーシ丘陵のバーマ村 (Burma) で、
根の橋が足場の助けなしに開発されている。
木あるいは竹の足場を使用する根の橋の生成

根の橋は普通は若いインドゴムノキ (ficus elastica) の根を北東インドに豊富にある 木や竹で作った足場の上に仕込むことによっても形成される。 このような状況では、根は腐敗するものの外側に巻かれる。 根の橋が強くなるにつれ、足場は何度も交換される。

根の橋が木と竹の足場を使用して育成中。
東カーシ丘陵のラングスイリアン (Rangthylliang)
アレカヤシ (Areca Palm) の幹を使用した根の橋の生成

生きている根の橋は中空になったアレカヤシの幹の中を若いインドゴムノキ (ficus elastica) の根を通して育てられる。 しなやかな木の根はアレカヤシの幹を通して育てることができ、 この幹は反対側に根が付くまで、川を横断して設置される。 幹は根を導いて根を保護し、 幹が腐敗するにつれ栄養を根に補給する役目をする。 棒や石などが育つ橋を固定するのに使用される。 この工程が完成するのに 15 年もかかる。 生きている根の橋を作るこの方法は観光客に好意的なノングリアット (Nongriat) の村の近くで最も良く観察することができる。

ここで生きている根の橋が開発中、
インドゴムノキ (ficus elastica) の撚り糸が
半分にされたアレカヤシの幹に沿って誘導。
通常の足場の構造を使用する根の橋の生成

根の橋はインドゴムノキ (ficus elastica) の若い根を普通の構造 -- 例えばすでに存在している鋼ワイヤーの吊り橋 -- を通して誘導することができる。 足場として使用される橋がすでに機能しているので、 根の橋としての機能を持つための時間の長さの問題はここでは基本的にバイパスされる; もっと信頼できる根の橋が十分に強くなるまで、通常の橋として使用できる。

ここで、インドゴムノキ (ficus elastica) の根が既存の
鋼橋に沿って仕込まれ、そのうちに鋼の
要素が壊れ、根が利用可能な生きている
根の橋になることが期待されている。
場所

生きている根の橋があるのは、西ジャイアンティア丘陵 (West Jaintia Hills) 地方と東カーシ丘陵 (East Khasi Hills) 地方である。 ジャイアンティア丘陵 (Jaintia Hills) で、生きている根の橋が見られるのは次の村の中あるいは周囲である: Shnongpdeng, Nongbareh, Khonglah, Padu, 及び Kudeng Rim である。 東カーシ丘陵 (East Khasi Hills) では、 チェラプンジ (Cherrapunji) の近くの生きている根の橋は次の村の中あるいは周囲に存在していることが知られている: Tynrong, Mynteng, Nongriat, Nongthymmai, 及び Laitkynsew の周囲。 チェラプンジ (Cherrapunji) の東では、 生きている根の橋はカタッシュノン (Khatarshnong) 地区に存在することが知られ、 以下の村の中あるいは周囲にある: Nongpriang, Sohkynduh, Rymmai, Mawshuit, 及び Kongthong。 もっと多くがピンアーズラ (Pynursla) の近くで見つけられ、マウリノン村 (Mawlynnong) の近くにある。

歴史

地元のカーシ族 (Khasi) の人々は生きている根の橋が何時、如何にして開始されたのかを知らない。 チェラプンジ (Cherrapunji) の生きている根の最も最初の記述は H. ユール中尉 (H. Yule) によるもので、 1844 年の ベンガル・アジア協会雑誌 (Journal of the Asiatic Society of Bengal) で驚きを述べている。

実例

生きている根の橋の最長の実例は長さ 50 m 以上で、 インドのカーシ族 (Khasi) の小さな街であるピンアーズラ (Pynursla) にある。 ここにはマウカーノット村 (Mawkyrnot) あるいはラングスイリアン村 (Rangthylliang) のどちらからでもアクセスできる。

この生きている根の橋は
知られている実例で最長。
パドゥ (Padu) 村の
生きている根の 2 重橋

生きている根の 2 重橋の実例もいくつかあり、最も有名なものは ノングリアット村 (Nongriat) の "2 階建て" の根の橋で、写真に登場している。

2 本の平行な、あるいはほぼ平行な構造がある 2 重橋の既知の実例が 3 基ある。 西ジャンティア丘陵のパドゥ村 (Padu) と Nongbareh 村の近くに 2 基と、 東カーシ丘陵のバーマ村 (Burma) に 1 基ある。 ピンアーズラ (Pynursla) の近くのラングスイリアン村 (Rangthylliang) の近くの "2 階建て" (あるいは恐らく "3 階建て") のものもある。

メーガーラヤ州の生きている根の建築物の他の実例

戦争部族カーシ (War Khasis) と戦争部族ジャインティア (War Jaintias) はゴムの木の気根から他の種類の構造も幾つか作っている。 これには階段と台も含まれている。 例えば西ジャインティア丘陵 (West Jaintia Hills) のクデングリム村 (Kudeng Rim) には フットボール競技場に隣接するゴムの木は改造されて、 枝が 「生きている根の観覧席」 (Living Root Bleachers) になっている。 木の気根が幾つかの枝の間で編みあわされて台が作られ、 そこから村人がフットボールの試合を見ることができる。

東カーシ丘陵の Pongtung 村の
近くの生きている根の階段