ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Market Weighton Canal - Wikipedia

Market Weighton (/ˌmɑːrkɪt ˈwiːtən/ WEE-tən)

マーケット・ウィートン運河の地図
マーケット・ウィートン運河の地図の kml ファイル

マーケット・ウィートン運河
(Market Weighton Canal)

マーケット・ウィートン運河は 9.5 マイル (15.3 km) を走り、 ハンバー河口からマーケット・ウィートンの運河の終端に至っている。 これは 1772 年に議会法を獲得し、1782 年に開通した。 マーケット・ウィートンに最も近い 3.5 マイル (5.6 km) は 1900 年に 見捨てられ、 ウィートン水門を通り抜ける航行権は 1971 年に失われた。 しかしながら、2002 年現在、水門は通行可能で、 フォールネス川 (River Foulness) とのジャンクションまでは利用可能で、 ここでドロによって通行ができない。 またニューポートの北で M62 自動車道の下を通る通行権もない。

運河の入口のウィートン水門
  1. 歴史
  2. ルート
  3. 興味ある地点
歴史

運河はもっと大きな計画の一部として考えられ、 ハンバー川とマーケット・ウィートンの間の低地 (low-lying land) と沼沢地 (fen) を排水することであった。 50,000 エイカー (20,000 ヘクタール) ほどの土地が洪水により脅かされ、 洪水は雨によるものと、 80,000 エイカー (32,000 ヘクタール) にまたがるより大きな集水域から流れ込む水によっており、 この集水域には東の地域を取り囲む東ヨークシャー山地 (East Yorkshire Wolds) が含まれた。 計画以前には低地 (lower area) の大半は沼地で、 高地 (upper area) は水浸し (waterlogging) で苦しみ、動物の放牧のみに適していた。 2012 年に 「マーケット・ウィートン排水委員会」 (Market Weighton Drainage Board) は近くの 「下流ウーズ川内部排水委員会」 (Lower Ouse Internal Drainage Board) と合併して、「ウーズ川・ハンバー川排水委員会」 (Ouse and Humber Drainage Board) を 作った。 主要な支流であるフォールネス川 -- これは 「ウーズ川・ハンバー川排水委員会」 により管理・保守されている -- と共に、運河はこのひどく改造した人工的光景 (man made landscape) の 土地の排水と洪水危機管理に責任を負っている。

最初の計画はハンバー川からソッド・ハウス水門 (Sod House Lock) 近くの Wholsea に至る運河で、 ポックリントンに至る支線とウィートンに至る支線が付属するもので、 1765 年 10 月に提案され、1767 年 8 月に再び提案された。 1771 年 4 月までに、これは航行できる排水溝となり、 12 月までにポックリントンに至る支線は外された。 まもなく議会に提示された計画はマーケット・ウィートンからフォールネス川に 至る新しい掘割 (cut) の建設と、 フォールネス川を、ジャンクションからハンバー川まで直線化することであった。 水路は運河としても排水溝としても使用できた。

計画は 1772 年 5 月 21 日の議会法により認可され、その表題は次で与えられた:

ヨークのイースト・ライディング (East Riding of the County of York) に ある公有地、低地及びカー (湿地帯、carr) を排水・保存し、 マーケット・ウィートンからハンバー川に至る航行可能な掘割 (cut) あるいは運河を建設するための法律

議会法は資本を集めるための権限を含んではいなかったが、 ある人々のグループは初期建設の資金繰りをすることに同意していた。 一方、当面の収入は通常の通行料に付け加え、 地主からの税金により提供されることになっていた、 地主は排水と公有地の囲い込み (enclosing) で恩恵を被るからであった。 工事を監督することに任命された技術者はホイットワース氏 (Mr. Whitworth) で、 排水委員 (Drainage Commissioner) の委員会により管理された。

運河は 1782 年までに完成し、主な交通は農産物とレンガから構成され、 レンガにはウォーリング・フェン (Walling Fen) のレンガが含まれ、 これは繊細で、白く、耐久性があった。 排水と航行の相反する目的から、 地表に対する水面の高さは有効になった議会法との関連で厳密に管理された。 2 つの機能の間には避けがたい衝突があり、航行は排水機能が要求するよりも 高い水位を要求した。 幾つかのレンガ積みがニューポート地区の運河沿いに設置され、運河は商的に成功した。

凋落

他の運河と同様に、この地域に鉄道が到来したことにより、 運河の凋落が始まった。 ヨークからマーケット・ウィートンに至る鉄道路線は 1847 年に開通し、 その後の収入の喪失により、運河の状態は随分と劣化し、 委員たちは 1900 年に議会法を求めて運河を航行用として見捨てた。 ソッド・ハウス水門 (Sod House Lock) より上流はその年に見捨てられたが、 レンガの商用輸送は 1950 年代まで継続し、交通は ハンバー川のスループ (sloop、船の名) で実施された。 この運河の状態は劣化し続け、 1934 年のマーケット・ウィートン排水委員会 (Market Weighton Drainage Board) -- 1930 年の土地排水法 (Land Drainage Act) の下の内部排水委員会 -- の形成まで続いた。 これは元々の排水委員会の権限を引き継ぎ、 113 マイル (182 km) の人工水路に責任を持ち、 この水路の大半が運河とフォールネス川に流れ込み、 この運河と川は今は存在しない 1951 年のヨークシャー州ウーズ川・ハル川機関 (Yorkshire Ouse and Hull River Authority) の管轄であった。

運河の下流区間は、 ハンバー川への進入を提供するウィートン水門 (ハンバー水門とも呼ばれる) を含め、 1971 年に見捨てられたが、 水門が取り壊されるとの話を聞かされると、 マーケット・ウィートン市民トラスト (Market Weighton Civic Trust) は素早く行動を取り、全構造を古代モニュメントの指定建造物に設定させ、 彼等の行動により、公衆の圧力と共に、水門が修理され、再開通された。 水門の更なる修理とオーバーホールは 1991 年に 国内河川機関 (National River Authority) が £150万 の経費で実施した。 水路には公衆の航行権がないが、 進入は環境庁の取り決めにより可能で、 環境庁が現在これを所有している。

排水

1960 年代に、豪雨の結果、この一帯は洪水で影響を受け、 フォール川と運河を高地集水排水溝 (highland carrier drain) にすることが決定された。 これには堤防を高くして主水路を広く深くし、ブルームフリート (Broomfleet) の両側に洪水貯水域を設置することが含まれていた。 この工事は河川局 (river authority) により実施された。 排水委員会は 1975 年から 1979 年の間に 6 基の揚水棟を建設した。 排水水路の改良により、経費は £839,000 にまで上がった。もっともこの 70% は助成金で提供された。 1980 年代に、£100万 の計画により排水施設が更に改良され、 もう二基の揚水棟がクラブリー峡谷 (Crabley Clough) と Skelfleet 峡谷 (Skelfleet Clough) に建設された。

ウィートン水門の導水路 (sluice) が 1971 年に電磁気操作に変換された時に運河の水位は排水機能に悪影響を与えずに、 上昇させることができるようになった。 集水域に進入した水のおよそ 80% はウィートン水門の導水路を経由する。 集水域の北西の水はフォールネス川と運河に重力で流れ込み、 一方で南東の水は揚水所で処理され、これは運河に汲み上げられる。 排水委員会で操作される 9 つの揚水棟のうち、2 つはクラブリー川からハンバー川に直接汲み上げる。 ハンバー川の水位は潮汐の周期の大半で運河の水位よりも高いので、 運河は潮汐の影響を受けないように水門で閉鎖されており、 潮が低い時のみ、システムから排水される。 集水域のおよそ半分がハンバー川の満ち潮の水位の下にあり、従って排水機能はこの地域の生活に 極めて重大である。

ルート

航行はウィートン水門で開始し、 この水門はハンバー川の潮汐により双方向である。 運河は水門の北で平坦な沼沢地 (fenland) を横断し、セルビーからハルに至る鉄道の橋の下を通過し、 ニューポートで B1230 道路の橋と、 M 62 自動車道の橋の下を通過する。これらの橋により、ボートの頭上余地がおよそ 9 フィート (2.7 m) に 制限されている。 サンドホルム・ランディング (Sandholme Landing) の上流で、運河に左からフォールネス川が合流し、 更におよそ 1.2 マイル (1.9 km) 先に遺棄されたソッド・ハウス水門 (Sod House Lock) があり、これが現在の航行の開始点である。 ここより向こうの大半の運河は埋められている、 もっとも排水水路が運河のルートのすぐそばを通っている。 もう 2 つの水門 -- ミル水門 (Mill lock) と Holme Ings 水門 -- があり、運河は開始点 (Canal Head) で終了し、 これはおよそ 0.6 マイル (0.97 km) 先で、マーケット・ウィートンの町 の 2 マイル (3.2 km) 手前である。 短い支線 -- ホルム運河 (Holme Canal) -- が Holme Ings 水門のすぐ上流で、左に離れ、これには水がある。 フォールネス川とのジャンクションの上流で運河にはひどくドロがたまり、 航行は非常に小さなボート以外には全く困難である。

訳注
Ingsによると、これは 古ノルド語 (Old Norse) の言葉で water meadow あるいは marshes (湿地帯) の意味で、 これにはハンバー川の氾濫原の一部が含まれている。 読みはインズか ?
興味ある地点
地点座標備考
運河開始点
(Canal Head terminus)
53.8444°N 0.7022°Wマーケット・ウィートンの近く
ホルム運河とのジャンクション
(Jn with Holme Canal)
53.8403°N 0.7082°W 
ソッド・ハウス水門
(Sod House lock)
53.7989°N 0.7194°W 
フォールネス川とのジャンクション
(Jn with River Foulness)
53.7823°N 0.7157°W 
M62 自動車道
(M62 motorway crossing)
53.7683°N 0.7065°W 
セルビー・ハル鉄道
(Selby - Hull railway bridge)
53.7427°N 0.6900°W 
ウィートン水門
(Weighton lock)
53.7201°N 0.6775°Wハンバー河口とのジャンクション