ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Maya Bridge at Yaxchilan - Wikipedia
ヤシュチランのマヤ橋
(Maya Bridge at Yaxchilan)

ヤシュチランのマヤ橋は吊り橋で、 研究者により、メキシコ、 チアパス州 (Chiapas) ウスマシンタ川 (Usumacinta River) に沿ってマヤ文明により建設されたものと信じられているものである。 もしそうであれば、橋は古代世界で発見された最長の橋で、 ヤシュチランで 7 世紀末にマヤ文明で建設されたものとなる。 これは吊り橋で、大なり小なり水平な路面があった。

ウスマシンタ川の堆積はヤシュチランの
吊り橋の可能性が高いと思われていた。

今や遺跡のヤシュチランには、川のそばの異常な持ち上げられた台地と川の中の橋脚が含まれることは 長い間知られ、これらの構造は長いこと橋の遺跡であると論説されていた。

マヤ文明の首都であるヤシュチランは 4 世紀に設立され、 マヤ文明古典期の最中に最も強力なマヤ王国の 1 つであった。 最盛期にはヤシュチラン王国は輝かしい寺院、ピラミッド、贅沢な宮殿を建設し、 これらが荒々しいウスマシンタ川の岸に沿った大広場に群がっていた。 この広い川は現在はメキシコとグアテマラを分離し、 大きな U-字型の曲がりを作り、これがヤシュチランの都市を取り巻いていた。 この自然な防衛が外の軍隊の侵略から都市を守っていた。 しかしながら、川は 6 ヶ月間の雨期の最中に水位の高い洪水状態となり、 この時にはヤシュチランは早く流れる水により島となり、 峡谷化した川が都市を取り巻く。 危険な川を横断する全天候型の通路が必要で、 これによって 都市の北部の農地にアクセスできた。

権限の座で生き延び、効率的に活動するために、 ヤシュチランには信頼できる通路が必要で、 これにより 一年中中断されずに川を横断する交通を手に入れた。

7 世紀に荒々しい川を横断する 100 m の長さの吊り橋を建設することにより、 マヤ人が都会の輸送問題を解決したと憶測されていた。 3 スパンの造作がある橋がヤシュチランの大広場の台地から延びて川を横断して北岸に到達していた。 63 m の中央スパンはイタリアの トレッツォ・スッラッダ橋 (Trezzo sull'Adda Bridge) が 1377 年に建設されるまでは世界最長のままであった。 これにより、川には 2 本の橋脚が必要となった。 この工学上の類を見ない偉業の存在は計算機により仮想的に再現された。

橋の遺構が調査され、再建するために使用したのは: 技術者の James A O'Kon PE により計算機シミュレーション、 リモートセンシング、考古工学技術であった。 結果は 1995 年の雑誌の ナショナル・ジオグラフィックのページの考古学・工学の世界に掲載された。