ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ponte Sant'Angelo - Wikipedia

ポンテ・サンタンジェロ: Google map PhotoSphere ストリート・ビュー

ポンテ・サンタンジェロ (Ponte Sant'Angelo)

ポンテ・サンタンジェロ (Ponte Sant'Angelo、サンタンジェロ橋) は、 元々アエリウス橋 (Aelian Bridge あるいは Pons Aelius) と呼ばれ、 イタリア、ローマにあるローマ帝国の橋で、 ローマ皇帝 ハトリアヌス (Hadrian、プーブリウス・アエリウス・ハドリアーヌス (Publius Aelius Hadrianus)) により AD 134 年に完成され、 市の中心から新しく建設された大霊廟 (mausoleum) -- 現在の高くそびえる サンタンジェロ城 (Castel Sant'Angelo) -- の間で テヴェレ川 (Tiber) を橋渡しした。 橋はトラバーチン大理石 (travertine marble) で上張りされ、 5 基のアーチでテヴェレ川 (Tiber) を橋渡ししている;このうち 3 基がローマのもので、川から坂道で出入りできる。 橋は現在では、歩行者専用であり、サンタンジェロ城 (Castel Sant'Angelo) の眺めの良い光景を与えている。 橋はポンテ歴史地区 (rione of Ponte, この名称は橋自身に由来する) を ボルゴ歴史地区 (rione of Borgo、[訳注:Borgo = 村]) に接続し、 橋は行政上は後者に属している。

ポンテ・サンタンジェロ
  1. 歴史
  2. 天使の一覧
歴史

中世初期に始まって、元々の名称は忘れ去られた;  ネロの橋 (Nero's Bridge) が荒廃した後で、巡礼が 旧サン・ピエトロ大聖堂 (St Peter's Basilica) に 行くために、この橋の使用を余儀なくされ、 ここから、これは 「サン・ピエトロ橋」 (pons Sancti Petri) の名称でも呼ばれた。 16 世紀に 教皇グレゴリウス 1 世 (Pope Gregory I) の下で、城と橋には サンタンジェロ (Sant'Angelo、聖天使) の名称が与えられた。 天使が城の屋根に現れて、疫病の終了を表明した伝説によっていた。 ダンテが彼の 神曲 (Divine Comedy) の中で書いていることによると、 1300 年の 聖年 (jubilee) の最中に 旧サン・ピエトロ大聖堂 (Saint Peter) に出入りする大量の巡礼の理由から、 橋は 2 つの通路 (lane) に分離された。 1450 年の聖年 (jubilee) には橋の欄干が巡礼の大きな群集により壊れ、多くが川でおぼれた。 これに応じて、橋の一方の端の何軒かの家屋、更にはローマの凱旋門の 1 つが、巡礼ルートを広くするために壊された。

1535 年に、 教皇クレメンス 7 世 (Clement VII) は橋の通行料の収入を割り当てて、 以下の使徒の像を設置させた:  ロレンツェート (Lorenzetto( による聖ピエトロ (Saint Peter) の像 (1 冊の本を持ち、台座に Rione XIV の銘文があるもの)、 パオロ・ロマーノ (Paolo Romano) による Saint Paul の像 (折れた剣と 1 冊の本を持ち、台座に Borgo の銘文があるもの)、 これにその後 4 人の福音伝道者 (evangelists) と父祖 (patriarchs) が追加され、 アダム (Adam), ノア (Noah), アブラハム (Abraham)、及びモーセ (Mose) が表示された。 16 世紀以後何世紀もの間、橋は近くの「橋広場」 (Piazza di Ponte) で処刑された死体をその左端でさらしものにするのに使用された。 1669 年に、 教皇クレメンス 9 世 (Clement IX) は老朽化した化粧しっくいの天使 (aging stucco angels) の取り換えを依頼した、 これは (天使は) パウルス 3 世 (Paul III) の依頼により、 ラファエロ・ダ・モンテルポ (Raffaello da Montelupo) が制作したものであった。 ベルニーニ (Bernini) のプログラムは、彼の最後の大きなプロジェクトで、 10 名の天使が Instruments of the Passion を保持するものを呼び求めた。 彼は個人的には 2 つの原型 (original)  -- I.N.R.I の上書き (Superscription "I.N.R.I.") を持つ天使、 「いばらの冠」 (Crown of Thorn) を持つ天使 -- を完成したのみであった。 しかし、これら (原型) は クレメンス 9 世 (Clement IX) により自身の喜び (pleasure) のために保持された。 今では、これらはサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会 (Sant'Andrea delle Fratte) にあり、これもローマにある。

訳注
I.N.R.I. = IESVS NAZARENVS REX IVDÆORVM (Iesus Nazarenus, Rex Iudaeorum) は「ナザレ人キリスト、ユダヤ人の王」(Jesus the Nazarene, King of the Jews) の意味。

19 世紀の終わりには、ルンゴテーベレ (Lungotevere、[訳注:テベレ川の左右の堤防を走る道路]) の建設工事により、 2 つの川岸に橋を接続する 2 つのローマの坂道 (ramp) が壊され、 この場所にローマのものに類似した 2 つのアーチが建設された。

2000 年の大聖年 (Great Jubilee) のために、 橋と城の間の右岸のルンゴテーベレ (Lungotevere) は歩行者地帯になった。

天使の一覧
Noタイトル彫刻家銘文
1 柱を持つ天使
(Angel with the Column)
アントニオ・ラジ
(Antonio Raggi)
Tronus meus in columna
2 むちを持つ天使
(Angel with the Whips)
ラザロ・モレッリ
(Lazzaro Morelli)
In flagella paratus sum
3 いばらの冠の天使
(Angel with the Crown of Thorns)
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニと子息のポオロ (原型はサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会、コピーはパオロ・ナルディーニによる) Gian Lorenzo Bernini and son Paolo (original at Sant'Andrea delle Fratte, copy by Paolo Naldini) In aerumna mea dum configitur spina
4 スダリウム (ベロニカのベール)
を持つ天使
(Angel with the Sudarium (Veronica's Veil))
コジモ・ファンチェルリ (Cosimo Fancelli) Respice faciem Christi tui
5 衣服とサイコロを持つ天使
(Angel with the Garment and Dice)
パオロ・ナルディーニ (Paolo Naldini) Super vestimentum meum miserunt sortem
6 釘を持つ天使
(Angel with the Nails)
ジロラモ・ルチェンティ (Girolamo Lucenti) Aspicient ad me quem confixerunt
7 十字架を持つ天使
(Angel with the Cross)
エルコーレ・フラッタ
(Ercole Ferrata)
Cuius principatus super humerum eius
8 上書を持つ天使 (Angel with the Superscription) ジャン・ロレンツォ・ベルニーニと子息のポオロ (原型はサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会、コピーはジュリオ・カルタ―リによる) (Gian Lorenzo Bernini and son Paolo (original at Sant'Andrea delle Fratte, copy by Giulio Cartari) Regnavit a ligno deus
9 スポンジを持つ天使
(Angel with the Sponge)
アントニオ・ジョルジェッティ
(Antonio Giorgetti)
Potaverunt me aceto
10 槍を持つ天使
(Angel with the Lance)
ドメニコ・グイディ
(Domenico Guidi)
Vulnerasti cor meum