ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

The Henry Ford - Wikipedia

ヘンリー・フォード博物館: Google map

原文の題は The Henry Ford となっており、本文を読めば厳密には「ヘンリー・フォード博物館複合施設」と翻訳すべきだと思われます。

ヘンリー・フォード博物館 (The Henry Ford)

ヘンリー・フォード博物館 (The Henry Ford) (次のようにも呼ばれる: 「アメリカの革新ヘンリー・フォード博物館とグリーンフィールド・ビレッジ」 (he Henry Ford Museum of American Innovation and Greenfield Village)、 エジソン協会 (Edison Institute)) は大きな屋内・屋外の歴史博物館複合施設で、 米国ミシガン州デトロイト郊外にあるディアボーン (Dearborn) の 国内歴史的ランドマーク (National Historic Landmark) である。 博物館のコレクションに含まれるのは: ジョン F. ケネディー (John F. Kennedy) の大統領リムージン、 フォード・シアター (Ford's Theater) の エイブラハム・リンカーン (Abraham Lincolm) のイス、 トーマス・エジソン (Thomas Edison) の実験室、 ライト兄弟の自転車店 (bicycle shop)、 ローザ・パークス (Rosa Parks) のバス、 そして多くの他の歴史的展示がある。 これは米国で最大の屋内・屋外博物館で、 毎年 170 万人以上の人が訪問している。 1969 年にこれは国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に グリーンフィールド村とヘンリー・フォード博物館 (Greenfield Village and Henry Ford Museum) として指定され、 1981 年に国の歴史的ランドマーク (National Historic Landmark) に「エジソン協会」 ("Edison Institute") として指定された。

博物館時計塔、この建物は
フィラデルフィアの
インデペンデンス・ホールのレプリカ
ミシガン州における位置
  1. 博物館の背景
  2. 歴史
  3. アメリカの革新ヘンリー・フォード博物館
  4. グリーンフィールド村
  5. 特徴的なイベント (signature events)
  6. ルージュ見学 (Rouge Tour)
博物館の背景

地所は、その設立者である自動車産業家である ヘンリー・フォードにちなんで命名され、 歴史的興味のある品物を保存し、 産業革命を描き出そうとする彼の努力に基づき、 収容しているのは:  家屋、 機械、 展示品、 歴史的に重要なアメリカに関連するもの (Americana)、 更には、普通の思い出の品 (memoralilia) があり、 どれも初期のアメリカの歴史を把握する助けになっている。 これは国内で最大のコレクションの 1 つである。

ヘンリー・フォードは彼の博物館に関して次のように述べている:

私は我々の同胞が作り・使用したものに書き込まれた歴史を集めている ....。 通り過ぎれば、アメリカの生活をそのままに再現することになり、 思うに、我々の歴史と伝統の一部なりとも保存する最も良い方法である。
歴史

建築家のロバート O. デリック (Robert O. Derrick) は 正面から 400 フィート (120 m) 後方に広かり、 523,000 平方フィード (48,600 m2) の展示ホールを持つ 博物館をデザインした。 正面は 800 フィート (240 m) を差し渡し、 フィラデルフィアの独立国立記念公園 (Independence National Historical Park) の 3 つの建物 -- オールド・シティー・ホール (Old City Hall)、 インデペンデンス・ホール (Independence Hall)、 議会ホール (Congress Hall) -- の複写を組み込んでいる。 エジソン協会 (Edison Institute) は ハーバート・フーバー (Herbert Hoover) 大統領により、 1929 年 10 月 21 日 -- 最初の成功した白熱電球 (incandescent light bulb) の 50 周年 -- にフォードの長年の友人である トーマス・エジソン (Thomas Edison) に捧げたものである。 出席者に含まれたのは、 マリー・キューリー (Marie Curie)、 ジョージ・イーストマン (George Eastman)、 ジョン D. ロックフェラー (John D. Rockefeller)、 ウィル・ロジャース (Will Rogers)、 オーヴィル・ライト (Orville Wright)、 及びそれ以外のおよそ 250 名である。 落成式はラジオで放送され、受信者は博物館でスイッチが入るまで電灯を消すことが奨励された。

エジソン協会 (Edison Institute) は最初は、教育目的のための私的場所であったが、 複合施設に関しての無数に多くの問い合わせの後で、 1933 年 6 月 22 日に一般公衆に博物館として開館した。 これを元々構成していたのは: ヘンリー・フォード博物館 (Henry Ford Museum)、 グリーンフィールド・ビレッジ (Greenfield Village)、 そして、グリーンフィールド・ビレッジ学校 (Greenfield Village School、実験的な学習施設) であった。 始めは、グリーンフィールド・ビレッジとヘンリー・フォード博物館はフォード・モーター会社 (Ford Motor Company), により所有されていた。後者は、現在、学校のスポンサーで、 ヘンリー・フォード博物館と協調して、フォード・ルージュ工場見学 (Ford Rouge Factory Tour) を提供している。 ヘンリー・フォード博物館は、 フォード・ティアボーン開発センター (Ford Dearborn Development Center) とフォードの幾つかの工学ビル (engineering building) の間にあり、 これらと、同じ様式のゲートとレンガの塀を分かち合っている。

1970 年に 博物館は プリマス植民地 (Plymouth Colony) で、 ピルグリム (Pilgrim) の定住者のために作られた 17 世紀のブルースター椅子 (Brewster Chair) と信じたものを、 $9,000 で購入した。 1977 年の 9 月に、このイスはロードアイランドの彫刻家のアーマンド・ラモンターニュ (Armand LaMontagne) により 1969 年に作られた 現代の贋作であることが決定された。 博物館は贋作に関しての教育ツールとしてこの作品を保持している。

2000 年代の始めに、 博物館は建物の南の角にオーディトリウム (auditorium, 大講義室) を追加した。 これは 2016 年 1 月まで IMAX シアターを収容していたが、 この時、博物館経営陣は施設のフォーマットを変更して、その使命にもっとよく適合しようと 決意した。 改装したシアターはこの年の 4 月に再開した。

アメリカの革新ヘンリー・フォード博物館

アメリカの革新ヘンリー・フォード博物館は 歴史的オブジェクトのヘンリー・フォードの個人的コレクションとして 始まっており、彼はこれを 1906 年にまでさかのぼって集めていた。 今日 12 エイカー (49,000m2) の場所は、基本的には アンチークな機械、 ポップ・カルチャーの品物、 自動車、 機関車、 航空機などの次のようなコレクションである:

舞台裏では、ベンソン・フォード研究センター (Benson Ford Research Center) が、 ヘンリー・フォード博物館の資源 -- とりわけ、写真、写本、そして記録資材、これらはほとんど展示されない -- を使用して、訪問客がアメリカの人々、場所、イベント、そして物事を より深く理解できるようにしている。 研究センター (Research Center) はフォード・モーターズの記録文書も持っている。

RMS タイタニックの沈没の 100 周年を記念するために、 ヘンリー・フォード博物館はタイタニックの航海と沈没 を記録する大量の遺品とメディアを展示した。 この展示は 2012 年の 3 月 31 日から 9 月 30 日まで主催された。

選択展示

航空機

1903 年 ライトフライヤー
のレプリカ
1926 年 Fokker F.Vila/3M
リチャード E. バード
により北極を飛ぶ
バード (Byrd) 北極探検
展示
1939 年 ノースウェスト
航空
ダグラス DC-3

農業

フォードサン (Fordson)
トラクター No 1
蒸気トラクター
エンジン

自動車

1896 年のフォード
クワドリサイクル (Quadricycle)
1899 年ドゥリエ (Duryea) 1908 年 スティーブンス-ドゥリエ
モデル U limo (茶)、
1915 年 シュボレー、ロイヤル・
メール・ロードスター (緑)
1916 年 アパーソン・
ツーリング・カー
(Apperson Touring Car)
1928 年 モデル A
フォード
1939 年、 テキサコ (Texaco)
タンクローリー
by ダッジ (Dodge)
1949 年
フォルクスワーゲン
1950 年代のオスカー・マイヤー
(Oscar Mayer) の
ウィンナーモービル
(Wienermobile)
フォード・マスタング (Mustang)
最初の production built
ローザ・パークス (Rosa Parks)
が逮捕されたバス。これにより
モンゴメリー・バスのボイコット
ローザ・パークス
(Rosa Parks) のバスの内部
1927 年の ブルー・バード
(Blue Bird)スクールバス

大統領リムージン

サンシャイン・スペシャル
フランクリン D. ルーズベルト
により使用された公式車
ジョン F. ケネディー により
使用された SS-100-X
外部ビデオ: Tour of presidential vehicles on display (英語、展示してある大統領公式車の見学)

アメリカ製

ワット運河揚水
エンジン (1796 年)
ワット回転エンジン トーマス・ホーン (Thomas
Horn) のエンジン (1850 年)
訳注
上の 2 番目の写真は回転エンジンではなく、 ビーム・エンジンです。原著者が間違えた。
固定蒸気エンジン (1850 年) 水力エンジンと発電機、
ワシントン、スポーキャン
(Spokane、1903 年)
1831 年 デウィット・クリントン
(DeWitt Clinton) 列車
レプリカ
McDonald A&W
White Castle 看板
チェサピーク・オハイオ
鉄道機関車 C&O 1601
外部ビデオ: Tour of the railroads exhibit (鉄道展示の見学、英語)
グリーンフィールド村

グリーンフィールド村はヘンリー・フォード博物館複合施設の野外の生きた歴史博物館の部分であり、 (隣接するヘンリー・フォード博物館と共に) 1929 年に落成され、1933 年 6 月に公開された。 これは、この形式の最初のこの国の野外博物館であり、 その後の野外博物館のモデルになった。 常連客はゲートで入り、ジョーゼフィン・フォード (Josephine Ford) 記念噴水とベンソン・フォード (Benson Ford) 研究センターのそばを通る。 100 近くの歴史的建物が元々の場所から、この地所に移動され、村の設定で配置されている。 博物館の意図は国の設立以来、どのようにしてアメリカ人が生活し、働いていたかを示すことである。 村には 17 世紀の建物から現在に至るまでの建物があり、この多くには (当時の) 衣装を着た解説者が詰めており、 そこで彼らは当時の仕事 -- 農業、縫物、料理など -- をしている。 幾つかの工芸の建物 -- 例えば、陶磁器、ガラス細工、そしてブリキの作業場 -- では実演をしており、 村で使用したり、売りに出される資材を製造している。 村が呼び物にするのは衣装を着たり、普通の服を着た解説者で、 彼らが見世物に関しての物語をしたり、情報を伝えている。 このような解説者の何人かは季節的なもので例えば 「芝生の上のゲーム」 の 解説者がおり、彼らは夏のみに操業している。 グリーンフィールド村は 240 エイカー (970,000 m2) の土地があり、 このうち 90 エイカー (360,000 m2) が見世物に使用され、残りは森、川、 そして羊や馬のための余分な牧草地である。

グリーンフィールド村を垣間見る
外部ビデオ: Tour of Henry Ford's garage and childhood home, July 24, 2017 (ヘンリー・フォードのガレージと子供時代の家の見学、英語)

村の家屋、建物、そして見世物に含まれるものは:

村には歴史的な色々な輸送方法が提供され、訪問客が乗ることができる。 これらが利用するのは:  本物のフォード・モデル T、 1931 年のフォード・モデル AA バス (およそ 15 台程度存在しているものの 1 つ)、 馬が牽引するバス、 蒸気機関車が牽引する列車がある。

ワイザー鉄道 (Weiser Railroad)

グリーンフィールド村で現在蒸気機関車が走っている鉄道は、 博物館の敷地の北端に沿った単純な直線区間から構成され、 グリーンフィールド村が 1929 年に落成した時以来、存在してきた。 鉄道は、今ではワイザー鉄道 (Weiser Railroad) と命名され、 後に拡張されて、博物館の敷地のまわりの連続ループになり、 これは 1971 年から 1972 年の間に段階的に完成した。 この 4 フィート 81/2 インチ (1,435 mm) の標準ゲージ の乗客鉄道は長さ 2 マイル (3.2 km) で 4 つの駅がある。 鉄道の全ての駅は、鉄道ジャンクション駅を除き、 唯一の片側プラットフォームから成り、 ジャンクション区間の駅は、 1858 年に元々大幹線鉄道 (Grand Trunk Railway、[訳注:カナダの鉄道会社]) のために建設された、 移転したスミス川停車場 (Smith Creek Depot) の建物も含んでいる。

ワイザー鉄道 (Weiser Railroad) の
デトロイト・トリード&ミルウォーキー鉄道
(Detroit, Toledo & Milwaukee)
のラウンドハウス (Roundhouse)
ワイザー鉄道 (Weiser Railroad)

この鉄道は 1884 年に建設されたデトロイト・トリード&ミルウォーキー鉄道 (DT & M、Detroit, Toledo & Milwaukee Railroad) の ラウンドハウス (roundhouse, [訳注:機関車の向きを変える車庫]) の現代のレプリカを利用している。 2000 年に一般に公開された時には、 新しい DT&M のラウンドハウスのレプリカは米国で公開されている 7 つしかない可動なラウンドハウスの 1 つであった。

鉄道は、観光目的のために建設された歴史遺産としては異常なことに、 米国国内鉄道網 (United States National Railroad Network) に直接接続がある。 これが接続している鉄道は MDOT (= ミシガン州輸送局) により所有されているミシガン線 (Michigan Line) の区間で、 アムトラック (Amtrak) のウォルバーリン (Wolverine、[訳注:列車名]) サービスにより使用されるもので、 イリノイ州シカゴとミシガン州 ポンティアック (Pontiac) の間を走っている。 過去にはアムトラック (Amtrak) のグリーンフィールド (Greenfield) 村駅が 20 名以上で予約した観光グループのために ワイザー鉄道 (Weiser Railroad) のスミス川停車場 (Smith Creek Depot) の近くで、 グリーンフィールド (Greenfield) 村への直接の出入りを提供した。 2014 年 12 月に、これは新しいジョン・D・ディンゲル・トランジット・ センター (John D. Dingell Transit Center) と統合した。 新しいトランジット・センター (transit center、乗り継ぎセンター) はヘンリー・フォード博物館複合施設に隣接し、 少々歩けば、複合施設に出入りできるゲートがある。

ワイザー鉄道 (Weiser Railroad) の
トーチ湖 (Torch Lake) 蒸気機関車
ワイザー鉄道機関車の詳細
番号 名称 車輪配置 建設年 建造者 元々の走行場所 備考
1 B-B 1942 ゼネラル・エレクトリック(General Electric) 米国海軍(United States Navy) 50-トン 入れ替え機 (switcher).
1 エジソン
(Edison)
4-4-0 1870 マンチェスター機関車工場(Manchester Locomotive Works) エジソン・ポートランド・セメント工場(Edison Portland Cement Company) 現役. 元々 0-4-0 で,1932年にフォードにより 4-4-0 に再建
3 トーチ湖
(Torch Lake)
0-6-4T 1873 メイスン機械工場(Mason Machine Works) ヘクラ・トーチ湖鉄道 (Hecla & Torch Lake Railroad) 現役. 関節接合 (Articulated). 世界で唯一現存するメイスン・ボギー (Mason Bogie) 機関車
7 4-4-0 1897 ボールトウィン機関車工場(Baldwin Locomotive Works) デトロイト&ライマ・ノーザン鉄道(Detroit & Lima Northern Railway) 現役. ヘンリー・フォードの個人的な機関車, 1930 年にヘンリー・フォードにより寄付, 2007年から 2013年に復元
45 4-4-2 1902 ALCO ミシガン中央鉄道 (Michigan Central Railroad)
B 1927 プリマス機関車工場 (Plymouth Locomotive Works) ミスタースキー発電所 (Mistersky Power Plant) ガソリン駆動 (Gasoline powered)
グリーンフィールド村ギャラリー
ノア・ウェブスター (Noa
Webster) の家、
コネチカット州
ニュー・ヘブンにあったもの
庭とアクリー覆い橋
(Ackley)
バーバンクの小屋 (Burbank
cottage、左) とガーデン・
ハウス店
フォードのモデル T、
ヘンリー・フォード
博物館で乗れる
チャールズ・プロテウス・スタインメッツ (Charles Proteus Steinmetz) は
この小さなキャビンを所有した、これはニュー・ヨークのスケネクタディ―
(Schenectady, /skəˈnɛktədi/) の近くのモホーク川 (Mohawk River) を見下ろしていた。

トーマス・エジソンの展示

トーマス・エジソンのメンロー・パーク
(Menlo Park) の実験室の上層
トーマス・エジソンのメンロー・パーク
(Menlo Park) の 3 つのるつぼ、左手
にボイラーと小さな蒸気エンジン

ライト兄弟の展示

ライト兄弟の家と
自転車店
ライト兄弟の家、オハイオ州
デイトンから移動
ライト兄弟自転車店
の建物
特徴的なイベント (signature events)
南北戦争の回想

毎年、村は南北戦争で戦った人の犠牲と業績をたたえる。 南北戦争の回想イベントは毎年戦没将兵追悼記念日 (Memorial Day) の週末 (土日) に行われる。 750,000 名と見積もられる人々が南北戦争で亡くなった。 南北戦争の回想は週末のイベントで、これには何百人もの北軍 (Union) と南軍 (Confederate) を演じる人、音楽家、歴史を語る人、がいる。 このイベントには 400 名以上の南北戦争を演じる人が呼び物にされ、 彼らは村で完全に週末を過ごす。 グリーンフィールドの村人は南北戦争に関して学ぶために、多くの機会を与える: 展示 (exhibits)、発表 (presentation)、戦闘の再現 (battle reenactment)、 コンサート、短い演劇、体験活動 (hand-on activity)、そして歴史家との Q&A である。

南北戦争の回想
自動車招集 (Motor Muster)

自動車招集 (Motor Muster) はグリーンフィールド村で毎年開催される 2 つの自動車ショーの 1 つである。 自動車招集は伝統的には、父の日の週末に開催される。 このイベントは現在は、1932 年 - 1976 年に建設された車を呼び物にし、 600 台から 800 台の車を呼び物にしている。 特別な見世物」には「車審査」 (car judging) と「検閲」 (Pass in Review) があり、 後者では専門家が通過する車のハイライトを議論する。

サマー・キャンプ (Summer Camp)

毎年夏には、ヘンリー・フォード博物館はサマー・キャンプをする。 これは 6 月と 8 月の間にグリーンフィールド村とヘンリー・フォード博物館の中で開かれる。 これは 2 年生から 9 年生までの子供たちのためである。 各学年には異なるテーマがあり、サマー・キャンプに参加する子供たちは アメリカの革新 (American Innovation) ヘンリー・フォード博物館とグリーンフィールド村のどちらも、異なる展望 (perspective) から眺める機会を持つ。 子供たちは見習い (apprenticeship)、カヌー、ガラス吹き (glass blowing) 等の年齢に依存する活動に参加する。

外部ビデオ: Hay baling demonstration during Maker Faire Detroit 2011 at the Henry Ford (英語、 ヘンリー・フォード博物館の Maker Faire Detroit 2011 の最中の干し草梱包の実演)
歴史的野球の世界トーナメント (World Tournament of Historic Base Ball)

歴史的野球の世界トーナメントは毎年 8 月に開かれる。 ゲストは 1867 年の時代に 1 歩後退する必要がある。 というのは、国中の時代野球クラブ (vintage baseball club) は 2 日間の歴史野球の展示会では、初期の野球ルールで競うからである。 クラブは 2 日間の投球、打球、と競争に従事する。 このイベントはグリーンフィールド村の入場に含まれている。

アメリカに敬礼 (Salute to America)

独立記念日 (Independence Day) 頃の 4 日間の晩にデトロイト・シンフォニー・オーケストラは 村のウォールナット・グロウブ (Walnut Grove) で愛国的なコンサートを実施する。 出席者は毎晩 5000 名 - 9500 名に渡っている。

ラグタイム・ストリート・フェア (Ragtime Street Fair)

この 7 月の週末のイベントは 2007 年に始めて開催され、 2015 年まで毎年開かれた。 ラグタイム・ストリート・フェアは何十人ものライブ出演者を呼びものにし、 出演者に含まれたのは:  リバー・レーズン・ラグタイム・レビュー (River Raisin Ragtime Revue), 「パーフェッサー」ビル・エドワーズ ("Perfessor" Bill Edwards), マイク・モンゴメリー (Mike Montgomery), ナン・ボスティック (Nan Bostick), タスリマ・ベイ (Taslimah Bey), ジョン・レマース (John Remmers), そしてタルタルソース・トラディショナル・ジャズ・バンド (Tartarsauce Traditional Jazz Band), であり、彼らは ラグタイム時代 (1900 年 - 1917 年頃) を祝福した。 このイベントが更に呼び物にしたのは:  サイレント映画、 蓄音機の実演、 ケーキ・ウォーク (cake walk, [訳注:ケーキが賞品となったダンス・コンテスト])、 カッティング・コンテスト (cutting contest, [訳注:1920 年代と 1940 年代の間のストライド・ピアノ (ジャズ・ピアノ) の間の音楽的戦い (musical battle)])、 そしてタウン・ホール (Town Hall) の音楽レビュー (musical revue)、 セオドア・ルーズベルトの1912 年の大統領戦の選挙運動 (presidential campaign) がある。 ラグタイムのステップ (ragtime one-step) がこのイベントで無料で教えられる。

オールド・カー・フェスティバル (Old Car Festival)

オールド・カー・フェスティバル (Old Car Festival) は 9 月に毎年開かれる。 オールド・カー・フェスティバルは 1955 年以来、 レイバー・デイ (Labor Day) の後の最初の週末に開かれている。 このフェスティバルでは、 1890 年代から 1932 年までの本物の何百台の自動車の光景、サウンド、そして臭いによって グリーンフィールド村の通りとグランドが乗っ取られる。 このイベントは 500 台 - 700 台の車を呼び物にする。 特別なイベントには 「車審査」 (car judging)、「検閲」 (Pass in Review)、ガス灯見学 (gaslight tour)、 ウォールナット・グロウブ広場 (Walnut Grove field) での自動車レースがあった。 ゲストは展示会を自分で自由にまわって、宝物の車の所有者と話すことができる。 訪問客はモデル T がすぐにも組み立てられることを見たり、 発表に参列したり、詳しい人 (expert) から時代物の車 (vintage vehicle) の情報を聞くことになる。

グリーンフィールド村のハローイン (Hallowe'en in Greenfield Village)

村のハローインの祝賀が呼び物にするのは:  飾り、頭のない騎馬者 (horseman)、魔法使い、それ以外のコスチュームを着たキャラクター、 訪問客に対してはトリック・オア・トリート (原文では treat and activity) である。 これは 10 月の木曜、金曜、土曜と日曜に開かれる。

ホリデー・ナイツ (Holiday Nights)

クリスマス・シーズンは伝統的にグリーンフィールド村で人気があった。 多くの建物は時代物の装飾を呼び物にし、 村は自分で自由に歩き回る人に開かれている。 アイス・スケート・リンクが利用可能である。 訪問客はライブ・エンターテインメント (live entertainment) やコスチュームを着たプレゼンター (costumed presenters) を見たり、 馬がひく馬車や、モデル T (Model T) に乗ることができる。

ルージュ見学 (Rouge Tour)

フォード・ルージュ工場見学 (Ford Rouge Factory Tour) は現代の可動自動車工場のシーンの 背後の直接見学である。 訪問客はヘンリー・フォード博物館でバスに乗れば、 産業複合施設であるルージュ工場 (River Rouge Plant) と ディアボーン・トラック工場 (Dearborn Truck Plant) に連れていかれる。 ここではフォードは100,000 名の人を採用したモデル A (Model A) 以来車を製造している。

2003 年、 フォード F-シリーズ・トラックの製造施設であるフォード・ルージュ工場は、 広範囲な修復 (renovation) をしてから再開した。 これが 2003 年に、 著名な 「グリーン建築家」('green' architect) であるウィリアム・マクドナフ (William McDonough) による 持続可能な建築 (sustainable architecture) (ゴールド (Gold) LEED 建築) として再開した時に、 これは新しい最新鋭の (state-of-the-art) のビジター・センターを開き、 工場の持続可能な側面 (sustainablel aspects) をハイライト (highlight) して、 歴史的製造施設のレガシー (legacy) に関してビジターを教育し、 ひいては製造工場 (plant) の中で起きている車製造工程を教育する。 ビジター・エクスペリアンス (visitor experience) は、 入賞したエクスペリアンス・デザイナー (experience designer) であるボブ・ロジャー (Bob Roger) と デザイン・チームの BRC イマジネーション・アーツ (Imagination Arts) によりデザインされ、 これが提供するものは:  2 つのマルチ・スクリーン・シアター (multi-screen theaters)、 数多くのタッチ・スクリーン (touch screen) 双方向ディスプレーで、 工場の上の世界最大のグリーン屋根 ("Green" roof) を見下ろしている。 ビジターは可動組み立て工場を歩いて通り抜ける。