ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Waltham Windmill - Wikipedia

ウォルサム風車: Google map Google map に投稿された写真、その 1

Waltham は人名と思われ、これを含む地名は随分あり、 グーグル地図でのカナ表記は ウォルサム、ウォーザンの 2 種類がありますが、同じ発音のカナ表記と思われます。 エル (l) の英語での発音のカナ表記は「ル」、「-」のどちらでもありえます。 (子音なので日本語の「ル」のような発音ではなく「-」の方が近い。) また、th の発音は、実際は非常に難しく、「ザ」のように記述するほうが近いかもしれません。(これも子音) 一応、このページではカナ表記を「ウォルサム」に統一します。

このページでは grinding stone はミルストーンの意味と思われますが、 そのまま臼石と翻訳しました。

ウォルサム風車 (Waltham Windmill)

ウォルサム風車は 6 枚帆の風車で、ノース・イースト・リンカンシャーの グリムズビー (Grimsby) から 5 マイルのウォルサム村 (village of Waltham) にある。 この場所では 6 枚の帆がなお完全に稼働能力があることで名声があり、 英国のこのような数少ない風車の 1 つである。

2013 年の風車
  1. 建設
  2. 後年
  3. 今日の風車
  4. つまらないこと (Trivia)
建設

この場所の最初の風車は 1666 年に建設され、これは架台柱風車 (trestle post mill) であった。 この場所はブリグスリー・ロード (Brigsley Road) にうまく配置され、 グリムズビーへの輸送が良好で、リンカンシャー高原 (Lincolnshire Wolds) の 農場に向けて開けていた。 この風車は 1744 年に吹き飛ばされたが、すぐに別の柱風車に交換され、 以前の仕事を継続した。 この地域の住民にとって不幸なことに、この風車も同じ運命をたどり、1873 年に吹き飛ばされた。

今日存在する風車の建設は 1878 年に開始し、リンカンシャー、ラウス (Louth) の 成就した水彩画家のジョン・サンダーソン (John Saunderson) が取り仕切る 1880 年の完成式で完成した。 (彼のラウス教区教会の絵画 (南正面図、"ラウス大聖堂、南正面図") は 今日まで彼の子孫の家庭に残っている。) この新しい風車は地元のレンガで建設され、 風雨に対して密閉するためにタールの層でコーティングされていた。 6 階建ての風車は以前の柱風車よりも大きな容量があり、 6 枚の両面帆 (double sided sail) の造作があって、 小麦粉の製造で、4 組の臼石 (four pairs of grinding stones) を駆動した。 (この臼石は 2 つのいわゆる灰色石 (ピーク地方 (Peak District) の石から切り出したピーク石 (peak stone)) と 2 つのフランスの 珪岩 (quartzite stone) であった。)

後年

1920 年代に、帆は片面帆 (single-sided sails) で再建され、微風時の効率を増やした。 言われていることでは、第二次世界大戦中に、英国空軍グリムズビー爆撃機飛行場 (RAF Grimsby) の建設中に空軍省 (Air Ministry) は風車がドイツ軍爆撃機の中間目印点 (waypoint) になる可能性に気が付いた。 彼らは風車を所有していた農夫に会いに行き、 グリムズビー・ドック塔、及びビンブルック風車 (Binbrook) と共にこれを破壊することを告げた。 農夫は散弾銃を持ちだして、彼らを自分の土地から追い出した。 彼らが戻ってきたときは WAAF の食堂を建設するだけであった。 グリムズビー・ドック塔は英国空軍の無線送信機があったため生き延び、 ビンブルック風車 (Binbrook) は取り壊された。 1962 年までに、ウォルサム風車は風によって完全に操業可能な 英国で最後の風車の 1 つになったが、この時点から 1967 年までは電動であった。

今日の風車

風車の敷地内にあるのは:  ミニチュア鉄道、 田舎生活に専念した博物館、 グリムズビー電話博物館、 昔の菓子屋で 1920 年代から 1970 年代の流行を売っている店、 インド・レストラン、 古いグレート・ノーザン鉄道の 6 輪車両に収納されたカフェである。 風車自身はなお健在で、 ウォルサム風車保存協会 (Waltham Windmill Preservation Society) とウォルサム風車トラスト (Waltham Windmill Trust) により 資金繰りされ、色々なイベントが年中開催され、 日曜日朝のカー・ブート・セール (Car-Boot Sales, 不用品の屋外の展示販売),主に夏季、 クラシック・カーのラリー (rally)、 航空ショー、 及び年に一度の花火大会で 11 月の最初の土曜日に開催される。

ウォルサム風車 ウォルサム風車
つまらないこと (Trivia)

2001 年に風車のキャップと帆が取り除かれて、復元・再塗装された。 風車はウォルサムの幼稚園と小学校 (Infant and Junior School) のシンボルとして使用されている。 2013 年に風車は £30,000 の経費で復元された。