ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wannalancit Mills - Wikipedia

ウォナランシット・ミルズ: Google map

ウォナランシット・ミルズ (Wannalancit Mills)

マサチューセッツ州ローウェル (Lowell) のウォナランシット・ミルズ (以前のサフォーク・ミルズ (Suffolk Mills)) は初期のアメリカの 木綿ミル (cotton mill) で、 一部分は早くも 1830 年代からのものである。 この名前はアメリカ原住民のペナコック族 (Penacook tribe) の酋長 (sachem or sagamore) であるウォナランセット (Wanalancet) のなまったものである。 今日、この複合施設を本部とするのは:  オフィス・スペース (office space)、 会議センター (conference center)、 及び、大学の研究施設である。

ウォナランシット・ミルズの建物
  1. 歴史
歴史
操業

1830 年に、サフォーク繊維会社 (Suffolk Textile Company) が設立された。 ミル (mill, 工場) の建物は, 水力、後には蒸気力を放出して、 まもなく都市のミルの建物が密集する中に建設された。 南北戦争の最中にミルは閉鎖されて、再建された。 1926 年にサフォーク・ミルは売却された。 ニューイングランドの繊維産業は 第一次世界大戦までに退潮し、 第二次世界大戦後に崩壊した。 しかしながら、このミルは頑張っていた。 1950 年に、ウォナランシット繊維会社がミルに移動し、この名称を変えた。 1969 年に、コロンビアの労働者を導入した、というのは彼らは貧弱な労働条件に慣れており、 繊維機械の操業方法を知っていたからである。 ミルは 1981 年に最終的に閉鎖した。

サフォーク・ミルズのタービンからラインシャフトへの 動画 (川の変遷の展示の一部)
再利用

今日、ウォナランシット・ミルズは適合した再利用の実例であり、 オフィスが含まれている。 ミルの一部分は、マサチューセッツ・ローウェル大学、及びファーリー・ホワイト・インタレスト (Farley White Interests) によって共々所有され、 後者はボストンに拠点を置く不動産投資・開発会社である。 ファーリー・ホワイトは 1998 年に複合施設の 75% を買収し、多大な改装と賃貸のやりなおし運動を開始した。 この努力は資産である煙突の (モルタル) 塗りなおしで頂点を迎えた。 2000 年にミルの所有者は都市の最大のクリスマス・ツリーとして煙突を使用し、これは高さが 256 フィートあった。 一年の照明費用はおよそ $30,000 である。 2010 年には "ツリー" になることがなく、所有者は照明費用をその決定理由とした。 この年以来、再びライト・アップされた。 ライト・アップされた年にはツリーは、直径が 102 フィートの基礎に固定された 32 本の 電線に固定された 5,440 個の緑色の電球を使用している。 19 フィートの星がツリーの頂上に置かれた。 今日、ミルは 50 以上の商業賃貸者の本部となり、 最先端研究、社会福祉事業 (social service)、環境研究、及び通信製品の開発に従事している。