ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bliss Tweed Mill - Wikipedia
ブリス・ツイード・ミル (Bliss Tweed Mill)

ブリス・ツイード・ミルは ツイード製造をした以前のミルで、 英国、 オクスフォードシャーのチッピング・ノートン (Chipping Norton) の端にある。 これは 1980 年にグレード II* の指定建造物 (listed building) になった。

このミルは布地製造業のウィリアム・ブリス (William Bliss) のために 1872 年に建設され、 地元で製造されたウールから、すばらしいツイード (tweed) の布を作った。 この建物はボルトン (Bolton) 在住の建築家のジョージ・ウッドハウス (George Woodhouse) によりデザインされ、 彼はランカシャーの複数のミルもデザインし、これにはマイルズ・プラッティング (Miles Platting) のビクトリア・ミル (Victoria Mill) が 含まれていた: ウッドハウス (Woodhouse) はボルトン (Bolton) の市役所の建築にも関連している。

1872 年に建設されたブリス・ミル

中心となる 5 階建ての紡績棟の表面は地元の石灰岩で覆われ、 邸宅 (country house) に似た外形があり、各端の四角い塔には石の壺の形 (urn) がある。 ミルの蒸気機械に動力を与える炉の異常に大きな煙突は、 1 つの正面に組み込まれた丸い塔の頂上のドームから立ち上がっている。 大煙突 (chimneystack) は背の高い トスカナ式柱 (Tuscan column) のような様式がある。 内部では建物は鋳鉄製の柱で支えられ、これはレンガのヴォールトを支えるビーム (beam、梁) を支えている。 隣接する低い建物はツイードの布を織るために使用された。

ミルの労働者は 1913 年 12 月から 1914 年 6 月までストライキを実施し、 争点は労働者が労働組合に参加する権利であった。 しかし、ミルは、英国陸軍のカーキ色の布 (khaki cloth) の大量の注文を受けて、第一次世界大戦で繁栄した。

ミルは 1980 年に閉鎖し、1988 年頃に住宅アパートに転換された。