ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Elsecar Heritage Centre - Wikipedia

エルセカー歴史遺産センター: Google map

エルセカー歴史遺産センター
(Elsecar Heritage Center)

エルセカー歴史遺産センターはイングランド、バーンズリー (Barnsley)、エルセカーの生きた歴史センターである。

エルセカー歴史遺産センター (Elsecar Heritage Center)
  1. 歴史遺産センター
歴史遺産センター

建物は元々色々な産業目的のために使用され、 これには製鉄所 (ironworks)、 フォージ (forge、鍛冶屋)、 蒸留酒製造所 (distillery)、 及び技術作業場 (engineering workshop) があった。

これには「エルセカー蒸気鉄道」 のセンター固有のエルセカー貨物駅 (Rockingham Station と呼ばれる) があり、センター中央の後方に走行駅 (running shed) がある。」

特別なイベントによっては、 ヘミングフィールド・ベイシン (Hemingfield Basin) まで列車が走る。 路線をコートンウッド (Cortonwood) まで延長し、 2 つの駅 (1 つはコートンウッド (Cortonwood)、もう 1 つはヘミングフィールド (Hemingfield)) を建設する計画がある。 鉄道車庫は選択された蒸気機関車とディーゼル機関車の居場所である。

これを構成するのは、店、ビジネス、ギャラリー、アート・クラフト・スタジオ (art and craft studio)、 そして展示ホールである。 これが運営するのは工芸品作業場 (craft workshop)、 特別イベント、そして一ヵ月に一度のアンチーク・フェアー (antique fair) である。

エルセカー歴史遺産センターは毎年 16 mm の 庭園鉄道ショーを主催し、これは 「16 mm 狭軌モデラーズのヨークシャー・グループの会社」 (The Yorkshire Group of 16 mm Narrow Gauge Modellers Ltd.) によって組織されている。

2017 年 3 月に表明されたことは、 グレート・プレース・スキーム (Great Place Scheme) -- アーツ・カウンシル・イングランド (Arts Council England)、 宝くじ歴史遺産基金 (Heritage Lottery Fund)、 及び ヒストリック・イングランド (Historic England) のパートナーシップ (partnership) -- が ウェントワース・ウッドハウス (Wentworth Woodhouse) と エルセカー歴史遺産センターを £1,264,000 の助成金で資金繰りすることであった。

エルセカー・エンジン

センターは元々の場所にある世界で唯一のニューコメン・ビーム・エンジンの場所でもある。 ニューコメン・エンジンは第 4 代フィッツウィリアム伯爵であるウィリアム・ウェントワース (William Wentworth, the 4th Earl Fitzwilliam) の指図で建設された。 これはエルセカー新炭坑 (Elsecar New Colliery) から水を汲み上げるのに使用され、 1795 年から 1923 年まで動き、電動ポンプで交換された。 エンジン棟の扉の日付は 1787 年であるが、エンジンは実際には 1795 年まで設置されなかったことが少々議論されている。 1836 年に、 グラハム兄弟 (Graham brothers) -- 地元の共同経営会社 (partnership) -- はニューコメン・エンジンのための新しい 1 本のビーム (梁) と 2 本の平行運動 (parallel motion) を鋳造した。 これは 1928 年に短期間動き、この時は電動ポンプが洪水で圧倒された。 ピーク時には 1 分間に 600 ガロンを汲み上げた。 1972 年にエンジンは古代モニュメント一覧 (sheduled ancient monument) に分類された。 エンジンは 2012 年 - 2014 年に可動状態 (水圧可動) に復元した。

エルセカー・ニューコメン・エンジン