ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ryhope Engines Museum - Wikipedia
ライホープ・エンジン博物館
(Ryhope Engines Museum)

ライホープ・エンジン博物館はイングランド、 タイン・アンド・ウィア州 (Tyne and Wear) の サンダーランド (Sunderland) の ライホープ郊外 (Ryhope suburb) にある観光の呼び物である。

グレード II* の指定建造物 (listed building) は ライホープで最も良く人が訪れる人造のランドマークで、 ライホープ揚水所 (Ryhope Pumping station) に基礎を置き、 これは 1967 年に閉鎖されるまで、100 年間操業していた。

ライホープ揚水所

この博物館はボランティアにより運営され、 ビクトリア時代のビーム・エンジンを 2 台保有し、 ライホープ・エンジン・トラストのメンバーにより稼働状態に保たれている。 この場所は ノーサンバーランド水道 (Northumbrian Water) によって所有され、 これは 1860 年代にこの複合施設を建設した サンダーランド & サウス・シールズ水道 (Sunderland & South Shields Water Company) の後継である。

エンジンは複動式複合回転ビーム・エンジン (double-acting compound rotative beam engine) の ほぼ同一な組で、地元北西イングランドの会社である ニューカッスル (Newcastle) の 「R & W ホーソーン」 (Hawthorn) により製造されたものであり、 「恐らくは英国でもっとも素晴らしい複合ビーム・エンジンの組」 である。 各ビームは 22 トンの重さがあり、各はずみ車は 18 トンである。 どちらのエンジンも完全に作動し、色々な週末と、毎年の銀行祭日には蒸気が入る。

博物館に更にあるものは: 3 台の 1908 年のランカシャー・ボイラー (このうち 2 台はなお定例の任務に就いている)、 鍛冶屋のフォージ、 水車、 色々な蒸気エンジンとポンプ、 配管工の作業場のレプリカ、 そして水道と関連する多くのものがある。 付け加えると、エンジン棟に到着する訪問客は今では 250 フィートの井戸の底を 床に埋設した観覧パネル (viewing panel) によって見ることができる。