ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Salts Mill - Wikipedia

ソールツ・ミル: Google map

ソールツ・ミル (Salts Mill)

ソールツ・ミル (Salts Mill) (時には Salt's Mill と綴られる) は以前の繊維ミルで、 今では芸術ギャラリー、ショッピング・センター、 そしてレストランからなる複合施設で、 イングランド、 ウェスト・ヨークシャー ブラッドフォード (Bradford) の ソルテア (Saltaire) にある。 これは 1853 年にサー・タイタス・ソールト (Sir Titus Salt) により建設され、 現在の 「1853 年ギャラリー」 はこれを収容する建物の日付から命名された。 ミルには地元の芸術家の デイヴィッド・ホックニー (David Hockney) による多くの絵画が展示され、 ペイス社 (Pace plc) のオフィスも提供している。

ソールツ・ミル (左) とニュー・ミル (New Mill, 右)
リーズ・リバプール運河から見る。

19 世紀の産業家で博愛主義者 (philanthropist) であるサー・タイタス・ソールト (Sir Titus Salt) が他の繊維工場を観察し、そこに見られる労働条件に失望して、 ミルと周辺の ソルテア (Saltaire) の町を 資金繰りして建設した。 その当時、ミルの労働条件は一般に貧弱で、 大半の労働者を苦しめていたのは: 病気、低賃金、労働搾取であった。 危険な機械と、長時間にわたる、時には 16 時間を越える労働時間 (working day) により、 しばしば事故になった。 タイタス・ソールト (Titus Salt) はこれを認め、工場と周辺の町を建設し、従業員の労働条件を改善しようとした。 完成時には、ミルは、全フロア―・スペースでは、世界で最大の産業建築物であった。 これはグレード II* の指定建造物 (listed building) である。 ミルは 1986 年に閉鎖され、翌年にこれはジョナサン・シルバー (Jonathan Silver) に売却され、 彼は長い復元計画を開始した。

  1. 綴り
綴り

ソールツ・ミルの綴りとして、 Salts Mill と Salt's Mill (つまりアポストロフィがついているものと、そうでないもの) は どちらも普通に使用される。 前者はソールツ・ミルのホームページ (website) とソルテア村 (Soltaire Village) のホームページで 一貫して使用され、 後者はブラッドフォード観光情報サービス (Bradford Tourist Information service) の「ブラッドフォードを訪れよう」 (Visit Bradford) により使用されている。