ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burgage - Wikipedia

バーゲッジの意味が理解しにくいので、 Burgage - definition of burgage by The Free Dictionaryによる定義も参考に引用します。 次のように書いています。

A tenure in England and Scotland under which property of the king or a lord in a town was held in return for a yearly rent or the rendering of a service.
イングランドとスコットランドの 町における国王あるいは領主の土地を 1 年の賃貸料、あるいは奉仕をすることで保有できた借地権のこと。

バーゲッジ敷地 (Burgage plot) には建物があり賃貸はこれも含まれているようです。 賃貸料を払って、この建物 (バーゲッジ・テネメント (burgage tenement)) に住む人が 下院議員を選挙することができたようです。だれに投票したのか公的に記録されていたため、 選挙権がある人が減少すると簡単に不正行為が起きることになったようです。

バーゲッジ (Burgage)

バーゲッジ (burgage, /ˈbərɡij/) はグレート・ブリテンとアイルランドで使用された 中世の土地の用語で、13 世紀までには確立していた。

バーゲッジ (burgage) とは (現代の用語を使用すれば) 町 (バラ ("borough") (自治都市, [英語圏の言い方]) あるいは バーグ ("burg" (自治都市, [スコットランドの言い方])) の 、 国王や領主に所有された資産の賃貸権利である。 資産 (バーゲッジ・テネメント ("burgage tenement")) は通常、そして明瞭に、 長くて細い敷地 (スコットランド語: toft) の上の 1 軒の家から構成され、 細い通りが正面にあった。 賃貸料 ("tenure") は通常、金銭の形であったが、 バーゲッジ賃貸料 ("burgage tenure") の取り決めは個別に違い、奉仕 (service) を含むこともあった。

人口が増えるにつれ、バーゲッジ敷地 ("burgage plot") は追加の小さな単位に分割された。 (結合することは 19 世紀後半になるまで、それほど一般的でなかった。)

バーゲッジ賃貸料 (burgage tenure) は通常、金銭を基礎に置き、これと比較すると、 田舎の賃貸料 (rural tenure) は奉仕 (service) を基礎に置いていた。 サクソン時代 (Saxon times) には賃貸料 (rent) は landgable あるいは hawgable と呼ばれた。

エジンバラのロイヤル・マイル (Royal Mile) から分岐する袋小路
は古いバーゲッジ敷地 (burgage plot) の線をたどっている。
歴史

バーゲッジ (burgage) は多くのバラ (borough, 自治都市) で投票権の基礎であり、これにより 1832 年以前に 下院 (House of Commons) に議員を送った。 このようなバラ (borough, 自治都市) では投票権は特別なバーゲッジ・テネメント (burgage tenements) の居住 (occupation) に付属していた。 このようなバーゲッジ (burgage) は自由に売買できテネメント、(tenement) の所有者は、選挙の間、 彼らが別の人 -- 名義人 (nominee) -- に投票する権利を譲渡する (convey) 資格があり、 そして、次にこの人が投票することができた。 選挙権の資格がある各人の投票結果は公的に記録された。 従って、所有者は名義人の投票を監視できた。 バーゲッジ (burgage) の大多数を買収することにより 1 人の金持ちが下院議員を選ぶ権利を獲得した。 このようなバーゲッジ・バラ (burgage boroughs) はポケット・バラ (pocket boroughs) と呼ばれた。 バーゲッジ・バラ (burgage boroughs) の大半はこのようにして 「1832 年の大改革法」 (Great Reform Act 1832) までに、 ポケット・バラ (pocket borough) になった。 慣行はこの法律で廃止され、これにより、すべてのバラ (boroughs、自治都市) に一様な選挙権が与えられた。

中世のイングランド、スコットランド及びウェールズ境界地 (Welsh Marches、[訳注:イングランドとウェールズの境界領域、はっきり決まっているわけでない]) のある部分では、 バーゲッジ敷地 (burgage plots) あるいはバーゲッジ・テネメント (burgage tenements) は 囲い込まれた場所 (inclosed field) で、 開放荘園の区画 (division of the 'open' manonial fields) として、 町の境界 (confine) を拡大し、荘園の領主により設置された。 これらの土地が、囲まれた土地の居住者 (tenants) として割り当てられた バージェス (burgesses, [バラ (borough) の住民]) ("burghers" に同等) は、それ以前の封建奉仕 (feudal service) の代わりに金銭の賃貸料 (rent) を支払った。 例えば 1207 年に、 リーズ荘園 (Manor of Leeds) の領主であるモーリス・ペイネル (Maurice Paynell) は 「リーズの彼の バージェス (burgesses)」に新しい町 ('new town') を作らせる認可状 (charter) を与えて、 リーズ (Leeds) の最初のバラ (borough、自治都市) であるブリゲート (Briggate) を作った、 ここでは通りがエアー川 (River Aire) から北に走った。

これらのバージェス (burgess, バラ (borough) の住民) は自由人 (freeman) でなければならなかった; 彼らは、町で職業を実践する人で、町を支配する議会 (ruling council) のメンバーを選ぶことに参加した。

認可状を与えられた最も初期の基礎は、 ノルマン征服 (Norman Conquest) 以前にさかのぼり、バーゲッジ敷地 (burgage plot) は それ以前に存在する農業集落の単に耕作地の細長い土地 (strip) であった。 オクスフォードシャー (Oxfordshire) の バーフォード (Burford)、 そして グロスタシャー (Gloucestershire) の チッピング・カムデン (Chipping Campden), ヘレフォードシャー (Herefordshire) のブロムヤード (Bromyard), そして ウィルトシャー (Wiltshire) のクリックレード (Cricklade) のような町 (town) において、 道路正面 (road frontgage) の資産 (property) は、今日でも住居の後ろにある とても長い庭の敷地 (garden plot) の中で延長している。 というのは、イングランドの資産の境界はとても安定して残ってきたからである。 デボン (Devon) のサウス・ジール (South Zeal) では、 バーゲッジ敷地 (burgage plot) は 「バラ・エイカー」 ("borough acres") と呼ばれていた。

測量の基本単位は パーチ (perch) で、 5.5 ヤード (5.03 m) に等しく、敷地 (plot) は今日でも識別できる。 というのは、これらは大きさがパーチ (perch) の倍数だからである; クリックレード (Cricklade) では大半が 2×12 パーチで、 一方 ドーセット (Dorset, /ˈdɔːrsɪt/) のチャーマス (Charmouth) では、 1320 年の認可状 (charter) は幅 4 パーチ、長さ 20 パーチ (およそ 20×100 m) の敷地を提供し、 典型的な敷地の大きさが半エーカー (0.2 ヘクタール) となり、 年間の賃貸料 (rent) は 6d であった。

バーゲッジ (burgage) の贈与もアイルランドで普通であった; 例えば ウエックスフォード (Wexford) の町は 1418 年に王室の認可状を受領し、 イングランド人の移民 (settler) は町に住むことが奨励され、 1 年 1 シリングの賃貸料 (rent) でバーゲッジ (burgage) の敷地 (plot) を与えられた。 この用語はアイルランド語の buiríos に翻訳され、 "Borris" 要素はアイルランドの多くの地名で生き延びている。