ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Rigole de la plaine - Wikipedia

「リゴール・ド・ラ・プレンヌ」は 運河の地図ミディ運河の地図に書き込んであります。

リゴール・ド・ラ・プレンヌ
(平野の水路、Rigole de la plaine)

リケの給水線のシステム
リゴール・ド・ラ・プレンヌ、リゴール・ド・ラ・モンターニュ
ノーローズ・ベイスン、サン・フェレオル貯水池

ミディ運河の重要な特質は-- (水の少ない) 夏場であっても -- 水門システムが機能し続けることが保証されるための 充分な水が提供されることである。 この努力の最初の部分がリゴール・ド・ラ・プレンヌ (平野の水路) である。 これは、ソール川のポン・クルゼ (クルゼ橋、Poncrouzet) からノールーズ・ベイスン (Bassin de Naurouze) まで 水を運び、ここで水が運河に給水された。これは 1667 年に実施された。

1668 年に、リケは ポン・クルゼとノールーズの間にある ルヴェルの近くのリゴール・ド・ラ・プレンヌに貯水池 -- ポール・ルイ (ルイ港、Port Louis) を建設した。 この場所とノールーズの間の給水線は拡張され、ボートで石を運んだ。 14 基の水門が設置された。

1669 年にリケはリゴール・ド・ラ・プレンヌを拡張して、航行できるようにした。 1670 年にはルヴェルとノールーズの間が航行用に開通した。 この機能を最初に考えたのはピエール・ボレルである。


ミディ運河の境界石