ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Marion Steam Shovel (Le Roy, New York) - Wikipedia
マリオン蒸気ショベル(ル・ロイ,ニューヨーク)
(Marion Steam Shovel (Le Roy, New York))

マリオン蒸気ショベルは、ル・ロイ蒸気ショベルとも呼ばれ、 オハイオ州マリオンの「マリオン蒸気ショベル・浚渫会社」 (Marion Steam Shovel and Dredge Company) により製造された歴史的な「モデル 91 蒸気ショベル」である。 これは米国ニューヨーク州のル・ロイ町のガルフ・ロード (Gulf Road) にある。


ショベルの南側の光景、2010 年

これは 19 世紀後半から 20 世紀にかけ広大な米国の鉄道網 -- 後には道路に -- 大量の廉価な砕石を供給するために開発された技術形式の代表で、 世界に残る最も大きな無傷の蒸気エンジンと思われ、 パナマ運河の掘削に使用された可能性がある。 もはや動作することはないが、20 世紀中頃に現在の場所に移動された。 2008 年には 国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録された最初の蒸気エンジンになり、 ル・ロイ町及びジェネシー・カウンティー (Genesee County) の最東部で唯一つ登録されているものである。 【訳注:ジェネシー・カウンティーはミシガン州】

訳注
Google map: ル・ロイ蒸気ショベル (衛星写真)
  1. 解説
  2. 歴史
解説

このショベルはル・ロイ村の東北東 2 マイル (3.2 km) のガルフ・ロードの北側にあり、 ハンソン社 (Hanson Company) の石切り場に入る進入路 (driveway) の反対側にあり、 鍵がかけられた柵の中の野原にある。 道路には車を寄せるスペースがあり、ショベルを見ることができる。 登録されているものに、ショベルを囲む 10 フィート (3 m) の区域が含まれ、およそ 0.1 エイカー (400 m2) になっている。

元々の飾りは側面から色あせて消えてしまったが、 ショベルの幾つかの場所にはマリオンの名前が鋳造され読むことができる。 モデルナンバーを記した板は取り外されているが、 パテントを記した板は残っている。 ショベルは 105 米トン (95 トン) である。

主要部は鉄道の有蓋車の大きさで、 幅 18 フィート (5.5 m)、長さ 42 フィート (13 m) でアーチ型の屋根があり、リベットが打たれた板金の側面があるが、今では錆びている。 操作員のキャビンは東を向いた前方の端にあり、 主要部の残りの大半はショベルの 3 基のエンジンと 5×15 フィート (1.5×4.6 m) のもはや動作しないボイラー と炎管のみである。扉のプレートには 5304 の数が記載されている。 8 フィート (2.4 m) の石炭容器が建造後に後部に付け加えられた。 主要部は 2 対のキャタピラの上にのっており、 1 対は前方の 20 フィート幅 (6.1 m 幅) の張り出し部にあり、もう一つが中央にある。


ショベル、キャタピラーが見える。

3 基のエンジンで最も大きなものは昇降エンジンである。 これは水平式二重シリンダーで、内腔が 12 インチ (305 mm)、ストロークが 16 インチ (410 mm) である。 昇降用の動力を供給し、 更に推進用の動力も供給し、1 時間で 1/4 マイルの速度 (0.40 km/h) で移動できる。

およそ 50 フィート (15 m) の昇降用チェーンは取り除かれている。

これ以外のエンジンのどちらも内腔は 8 インチ (200 mm) である。 旋回エンジンは旋回円板のまわりのチェーンに取り付けられ、 ブーム (張り出し棒、boom) を端から端に移動する。 もう一つのエンジンは、「ブーム・エンジン」あるいは「押し込みエンジン」(crowd engine) と呼ばれ、 ディッパー (dipper) を昇降する。 外気にさらされていたため、もはや動作しない。 他の 2 基は、完全に主要部の内部にあったため、外的要素から保護されており、 圧縮空気で操作できる。

東の端には張り出し部がある。 これは 歯車で接続された 2 つの腕からなり、 適当なエンジンにチェーンで取り付けられている。 端にはバケットがあり 2 1/2 立方ヤード (1.9 m3) の容量がある。 この下に小さな石の山がある。

歴史

マリオン・パワーショベル会社は 1880 年代に生まれ、 これは挫折したショベル操作員から転向した発明家と産業家の間の協調から生まれた。 最初の人はヘンリー・バーンハート (Henry Barnhart) で、新しいショベルをデザインし、 既存のショベルほど頻繁に故障することがないことを望んだ。 彼はエドワード・フーバー (Edward Huber) の資金で事業を始め、1883 年にアイデアの特許を得た。 翌年に彼らは別の産業家であるジョージ・キング (George King) と手を組み、 オハイオ州マリオンで企業を立ち上げた。 それに続く何十年もの間に、会社は建設装置の重要な製造業者に育った。

蒸気ショベルはとりわけ需要があり、これは国内における鉄道網の バラストとしての 砕石の需要があったからであり、 20 世紀始めに自動車の使用により 道路に砂利を敷いたり、舗装したりするために需要が拡大した。 ル・ロイはオノンダガ急斜面 (Onondaga Escarpment) の近くにあり、 石灰岩の石切り場として重要な場所で、 150 フィート (46 m) の石の層の上にある。 19 世紀初頭に人々の定住が始まってからすぐに、 ル・ロイにはそのような石切り場が幾つかできた。 石灰岩の大半は建築用に製造され、 ル・ロイに現存する幾つかの建物 -- これにはマクペラ墓地 (Machpelah Cemetry) のラスロップ礼拝堂 (Lathrop Chapel) がある -- が、地元で切り出された石灰岩で建造されている。

訳注

米国ニューヨーク州とカナダ、オンタリオ州の
オノンダガ石灰岩露頭地帯

のちに「一般砕石会社」(General Crushed Stone Company) と呼ばれる会社が 1899 年に設立され、 「デュール請負会社」(Duerr Contracting Company) が ペンシルバニア州タイロン (Tyron) の人が操業するル・ロイの業務を引き継いだ。 彼は主な顧客であるリーハイ峡谷鉄道 (Lehigh Valley Railroad) の需要に応えることができなかったのである。 2 回の再編成のあとで、この会社は 1902 年に「一般砕石会社」となり、 本部はペンシルバニア州のサウス・ベツレヘム (South Bethlehem) にあった。

社長のジェームス・マディソン・ポーター (James Madison Porter) は操業する石切り場を新しい装備 -- とりわけ当時世界で最も大きな削岩機 -- で装備した。 会社は路面の 骨材 (aggregate) -- とりわけ特許を取った Amiesite と呼ばれるブレンド -- を製造する新しい分野を開拓し始めた。 1906 年には、 年間 500,000 米トン (450,000 トン) の石の契約を結んだ。 このうち 2/3 が鉄道会社によって購入された。 ル・ロイの石切り場は 1 日 2,000 米トン (1,800 トン) を製造でき、 大半がペンシルバニア州セーヤー (Sayer) の鉄道基地 (railway yards) に向け出荷した。

1906 年 3 月 14 日に、当時の地方紙 ル・ロイ・ガゼット (Le Roy Gazette) は その日に操業を始めた新しい装置を報道した。 削岩機に加え、 オハイオ州マリオンの バーナード蒸気ショベル会社により、「一般砕石会社」のために特別に製造された蒸気ショベルのことが言及された。 ここで述べられているショベルは現在のショベルと同じものかどうかはわからない。 というのは 1932 年の石切り場の写真では、このような 2 台のショベルが動作しているからである。 ガゼットはバケットの容量が 5 立法ヤード (3.8 m3) であると述べているが、 これは現存するショベルの容量の倍である。ショベルは購入後に随分改造され、 このような変更によって、小さな容量のバケットが装着された可能性がある。

訳注
原文では「バーナード蒸気ショベル会社」の「バーナード」の後ろに「原文のまま」の注釈が加えられ、 元々の新聞報道でこの箇所が間違えていることを示唆している。

会社の伝説で常に言われていることは、 現存するショベルは 1911 年にパナマ運河の建設を終えたばかりの地峡委員会から、 「一般砕石会社」が 購入した 2 台のショベルの 1 つであることである; これを支持する文献は見つかっていない。 しかしこの可能性はある。 というのは、このショベルはマリオン社が 20 世紀の最初の 10 年間に製造した 131 台の「モデル 91」の 1 つで、 60 台が地峡委員会に購入されて、運河の掘削に携わったからである。 パナマ運河の工事では、このうちの 1 台が 1912 年にガトゥン・ダムの建設場所で、立て抗から 5,554 立方ヤード (4,246 m3) の土砂を掘削して世界記録となった。 モデル名を記した板はル・ロイのショベルから取り外されているが、 これが「モデル 91」であることは確定している。 それは、この大きさが企業記録に残されているマリオンのものと一致するからである。 これ以外の「モデル 91」は知られている限りでは現存していない。


マリオン蒸気ショベルがパナマ運河で工事中

モデル 91 では操作するのに 8 人が必要である。4 人は主要部で作業する。 オペレーター (操作員) は前面のブース (小室) に座り、レバーを操作してバケットを昇降させる。 ショベルを移動する時には、バケットにも注意を払う。 クレーンマンは、ブームの左に座り、「押し込みエンジン」(crowd engine) を制御して、 掘削の深さを調整し、バケットが満杯になった時に、装着しているロープを引くことによってバケットの 中身を解放する。 後部には、ボイラーの面倒をみる技術者と、石炭をくべる火夫がいる。

外の 4 人は軌道を敷き、これに沿って輪ぶちの付いた車輪が動く。 彼らは、掘削している岩の前面でショベルを固定させるためのスクリュウ式ジャッキ (jackscrew) も設置し、 移動時にはこれを取り除く この掘削工程の局面は時間を浪費し、多大に労働力を必要とし、 しかも危険である。とりわけ機械がとても大きいからである。 1916 年にマリオンはショベルにキャタピラーを装着する変換キットの販売を始めた; 7 年後に「一般砕石会社」のショベルもそのように改造された。

訳注

2.5 トンのスクリュウ式ジャッキ。
ジャッキは画面左下に見える棒を上部に見える穴に挿入して、回転する。

「モデル 91」は 1930 年代を通じ、ル・ロイの砕石場で使用され続け、 次第にディーゼル動力のより新しい機械に取って代わられた。 第二次世界大戦よりも前のある時期に、元々の木製の側板が現在の金属製に置き換えられた。 戦争中も使用され続け、スクラップにされることを逃れた。 1949 年には退役し、現在の場所に移動された。

1960 年代初頭に、ル・ロイ町は、ショベルが置かれている場所を購入した。 道路を挟んだ石切り場は操業を続け、何度かの合併と買収の末に、 現在は ハンソン社 (Hanson plc) が所有している。

ショベルが本当にパナマ運河で使用されたかどうかについては調査が継続している。