ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

St Columb Canal - Wikipedia

ルートの説明の箇所で誤訳があるかもしれません。 この箇所は読者が陸地測量部の地図 (Ordnance Survey Map, 日本の国土地理院の地図に相当) を眺めながら読むことを想定していると思われ、この地図がないとかなり理解に苦しいためです。 陸地測量部の地図はインターネットから閲覧できるようになっていますが、 残念なことにこれは有料です。 グーグルの地図にはほとんど登場しない地名が随所にあります。 グーグルの地図に登場するもので関連するものを次の地図にまとめました。

セント・コロンブ運河の地図

地図には運河のコースまで書き込めていませんが、北側のコースは衛星写真にして、 ズームアウトすると緑色の帯に見える個所があり、どうやらこれが運河の跡のようです。 なお、ストリートマップでは水があるように見える個所があります。

セント・コロンブ運河 (St Columb Canal)

セント・コロンブ運河は時々エディーベーンの運河 (Edyvean's Canal) とも呼ばれ、 イングランド、コーンウォールの中止された運河計画であり、 肥料として使用される海の砂を輸送するためにデザインされた。 1773 年に認可され、一部分は 1780 年頃に短期間使用されたかもしれない。


ラスティ・グレイズ・ビーチ
インクラインは左端
  1. 歴史
  2. ルート
歴史

運河はコーンウォールの技術者であるジョン・エディーベーン (John Edyvean) により 1773 年に 初めて提唱された。 彼のアイデアはマウガン・ポーズから内陸の教区を通り、 ニューキーに戻るような運河を走らせることであった。 この目的は土壌を改良するために海の砂や海草や石を肥料として持ち込むことであった。 エディーベーンは 1773 年 4 月 1 日に議会法を獲得し、これにより 30 マイル (48 km) の運河が認可された。もっともこれは事務官の聞き間違えがあったようであり、 実際の計画は 13 マイル (21 km) であったからである。 技術者ジョン・エディーベーンは議会の委員会で証言をして、運河の議会法を確保した。 建設経費は £5,000 から £6,000 と見積もられ、エディーベーンは自分で費用を負担しようとした。

工事は 1773 年に開始し、2 つの区間が建設され、 どちらにも運河と「なぎさ」を接続するためのインクラインがあった。 しかし運河は決して完成することはなかった。 南側の区間はラスティー・グレイズ (Lusty Glaze) からセント・コロンブ・マイナー (St. Colomb Minor) の近くのリオルトン・バートン (Rialton Barton) に至るもので、 100 フィート (30 m) の等高線にしたがい、2 マイル (3.2 km) の長さがあり、 こちらの方の建設を先に開始したと思われるが、 決して使用されることがなかった可能性がある。というのは、土壌が砂地であったため保水で問題があったからである。 北側の区間はマウガン・ポースのトレナンス・ポイント (Trenance Point) からのもので、 200 フィート (61 m) の等高線にしたがい、 ホワイトウォーター (Whitewater) の少し手前で終了し、 ここでメナリル川 (River Menalhyl) から給水した。エディーベーンは 1776 年に健康で丈夫な 50 名を募り、 彼らは運河を掘るために 1 日あたり 14 ペンス (新硬貨では 6 ペンス) を支払われた。 この区間は 4.5 マイル (7.2 km) ほどの長さで、2, 3 年の間使用された。 エディーベーンはこの計画に自分の財産と姉 (or 妹) の大半を使い切ったようである。 彼は資金の大半を取り戻せないと気が付いて計画を中止し、1780 年代に死亡した。

訳注
ペンスの価値が変化しているのは 1971 年に貨幣に 10 進法が導入されたため。 ペニーを参照。

インクラインの操作の説明の 1 つが 1805 年出版の A. リー (A. Ree) による百科全書 (Cyclopaedia) に記載されている。 これには厚板で覆われた急なインクライン (斜面) のことが述べられている。 四角いタブ・ボートが運河の端に持ち込まれると、 ボートの前部がちょうつがいに取り付けられ、後部にロープが取り付けられる。 ロープはホイールとドラムの上を通し、馬エンジン (horse-gin) で操作される。 ボートを持ち上げると、石の積荷は厚板の上を下の浜辺まで転がり落ちる。 ホイールとドラムは石炭や石を積んだ箱を引き上げて、ボートに積載することにも使用される。

訳注
馬エンジン (horse-gin) は動物エンジン (animal-engine) の一型式でミル (アニマル・ミル) で使用された。 gin は engine の意味。

La Alcogida エコミュージアムのドンキー・ミル
(カナリー諸島)

1829 年に、リースカード (Liskeard) の事業家であるリチャード・レタリック (Richard Retallick) は セント・コロンブからマウガン・ポースまでの運河のアイデアを復活させた。 これは、ポースを夏の間に港に適した場所にするための、より大きな計画の一部であった。 彼は発案書を刊行したが、それ以上の進展はなかった。

ルート

運河はタブ・ボート運河として建設され、高度を変更するために、水門の代わりにインクラインを使用した。 北側の区間はマウガン・ポースの崖の上にあるトレナンス・ポイント (Trenance Point) で開始し、 メナリル峡谷 (Menalhyl Valley) にしたがって、東に進んだ。 運河は川よりも高度が高いので、川に流れ込む幾つもの小川を越える必要があり、 これをするために、川から運河を大きく湾曲させて、運河の高さを維持した。 ルートの大半は 1888 年の陸地測量部の地図 (Ordnance Survey map) にはっきり見ることができ、 幾つかの区間は現代の地図でも見ることができる。 最初の湾曲部はトレナンス (Trenance) に向かい、現在はマウガン・ポースの家屋で覆われているが、 200 フィート (60 m) の等高線はおよそのルートを示してくれる。 マウガン・ポースの東に、別の湾曲があり、幾つかの泉と 1 本の小川の周りを進んでおり、 小川はマーリン・ファーム (Merlin Farm) の近くに今でも見ることができる。 マーリン・ファームはモアランド (Moreland) の歴史的場所である。 レトリック・ミル (Retorrik Mill) の北では、進路は距離を置いたコースを取り、 このあとで、別の湾曲部があって、ミルの上流でメナリル川に流れ込む小川を調節している。 リトル・ランハーン (Little Lanherne) からロウアー・ランハーン (Lower Lanherne) に至る道路を越えてから、 ニュー・ファームとハイアー・ランベーンの周りを進み、 ランベーン・ボトムズ自然保護区の北に行き、再び運河のルートを進む。

訳注
モアランド (Moreland) の意味が不明。

ルートは東に続き、Trevedras では建物のすぐ南を通り、 Lower Denzell からボリンギー (Bolingey) に至る道を横断する。 ルートは半円形となり、ボリンギーの東に至る乗馬道 (bridleway) に遭遇する。 これを過ぎた後で (メナリル川に流れ込む) 別の小川を横断する。 運河は Menadews プランテーションに到達し、北側の端に沿って進み、 ここで運河が終了する。ホワイトウォーターまで 0.5 マイル (0.8 km) の地点である。

南側の区間はラスティー・グレイズ (Lusty Glaze) で開始し、 ここでは崖を下るインクラインを今でもはっきり見ることができる。 運河は東に向かい、次に南に流れ、更にポース・ヴェオとハイアー・ポースの周りで北に流れる。 以上のどちらの場所も今ではニューキーの一部となっている。 ポースからは東に向かい、100 フィート (30 m) の等高線にしたがう。 コースは幾つかの畑の境界線でわかり、セント・コロンブ・マイナーに近づく。 元々運河にかけられた橋の上を、 いまだにセント・コロンブからペンローズに至る歩行路 (footpath) が通っている。 コースは南東に向きを変え、プライオリー・ロードに至り、 東に進み続けリオルトン・ミルに向かう。 プライオリー・ロードと A3059 リオルトン・ロードとの接続部の近くで南に曲がり、 リオルトン・バートンに向かう小さな道路が A3059 を離れる場所で終了する。

考古学的な簡単な調査が 2008 年に実施された。 これはサウス・ウェスト・ウォーターがポースで下水管を交換しなければならなかった時であった。 運河の断面からわかったことは、 テラスを切り開く予備発掘ではこの部分では運河は完成していなかったことである。

1879 年にマウガン・ポースからセント・コロンブへの運河を再開する試みが リスカードのリチャード・レタリックによりなされた。しかしながら、ここからは何も得られなかった。