ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Aaron Manby - Wikipedia

この文書の内容は蒸気ボートの アーロン・マンビー の話で、 船の名前を表すときには斜体表示にしています。ところが大きなフォントの場合 (見出しの場合) に FireFox では印刷時には斜体指定が反映されないので、注意してください。(印刷プレビュー時には反映されている。)

アーロン・マンビー (Aaron Manby)

(船の) アーロン・マンビー は造船の科学では画期的な船であり、 これは海に出た最初の鉄製の蒸気船だからである。 この船はホースリー鉄工場でアーロン・マンビー (1776 年 - 1650 年) によって建造された。 この船は 1822 年にパリに向けて航行し、 海軍大佐 (後の提督) チャールズ・ネイピア (Charles Napier) が船の指揮を取り、 アーロンの子息のチャールズが機関士 (engineer) として乗船していた。 次に、 アーロン・マンビー は 「鉄の蒸気船会社」 (Compagnie des bateaux a vapeur en fer) により使用され、 パリとルアーブルの間の輸送に従事した。

船の歴史

アーロン・マンビー は 1821 年に進水し、 始めて鉄で建造された船であった。 この船は風変りではあるが遠大な発想を持った海軍大佐 (後の提督) チャールズ・ネイピアの新構想であり、 彼はセーヌ川での輸送に、蒸気船の船団を使用する考えを持っていた。 スタッフォードシャーのティプトンのホースリー鉄工場の工場主の名前にちなんで船の名前が付けられた。 海軍大佐ネイピア、アーロン・マンビー、そして彼の子息のチャールズ・マンビーが共同して作ったデザインに基づいて、 この船が組み立て式に作られた。 船は部品に分割されて、テムズ川沿いのロザハイズ (Rotherhithe) に運ばれて、 ここで組み立てられた。 船は 116 トンの積載能力があり、長さが 120 フィート (36.6 m) であった。 この船の平底の船体は 1/4 インチ (6.4 mm) の厚さの鉄板で構成され、 アングル材 (L 字型の棒, angle-iron) で作ったリブ (肋骨、rib) に固定されていた。 外輪は直径が 12 フィート (3.7 m) で、幅は 2.5 フィート (76 cm) しかなかった。 船には木製の甲板が 1 つあり、バウスプリット (bowsprit, 船首の前に突き出た丸材) が付いていた。 特徴のある外形には 1 本の 47 フィート (14 m) の高さの煙突があった。 エンジンは首振り形式 (oscillating) でアーロン・マンビーによりデザインされ、特許 (1821 年の英国特許 No 4558) が取られた。 これはセーヌ川で運行するために、船の最大幅が 23 フィート (7.0 m) に制限されていたためである。 当時はびこっていた知識に挑み、 鉄殻 (iron-hulled) の船は単に浮くだけではなく、9 ノット (17 km/h) で進むことができ、、 当時操業していたどの蒸気船よりも、排水 (水面下に沈んでいる部分) が 1 フィート (30 cm) 小さかった。

1822 年の 5 月にテストした後で、7 月 10 日にネイピアの指揮の下で、アーロン・マンディー はルアーブルに向けて、 イングリッシュ海峡を横断した。平均速度は 8 ノット (14 km/h) で、乗客とアマの種と鉄の鋳物からなる貨物を運んだ。 船はセーヌ川を遡上し、パリに至り、ここで船は人々を熱狂させ、これに続く 10 年の間この場所を根拠地にした。 これは蒸気船による英国からフランスへの最初の横断と言われているが、これは間違いである。 木造の蒸気船によるもっと短い横断があったが、ネイピアの横断はロンドンからパリへの直接横断で、 世界中で最初の鉄の船による海上航行であった。 何度か海峡を横断した後で、船はセーヌ川を上下する遊覧船になった。 ネイピアが類似の鉄の蒸気船建造のために資金提供した後で、 彼の事業が破綻して、フランスの共同企業体 「鉄の蒸気船会社」 (Compagnie des bateaux a vapeur en fer) に売却され、この会社は船をロワール川で操業し、1855 年に解体された。 船体の建造に木ではなく鉄板を使用することは、これに続く数十年の間に造船で広く模倣された。 ネイピアはこの船を鉄の軍艦に至る最初のステップと考えた。 この意味では アーロン・マンビー は王立海軍の最初の鉄のフリゲート艦である HMS ウォリアー (Warrior) の直接の先祖である。HMS ウォリアー はネイピアが死亡した年に建造された。