ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Marquette Iron Range - Wikipedia
マーケット鉄山地 (Marquette Iron Range)

マーケット鉄山地は鉄鉱石の埋蔵地帯で、ミシガン州のマーケット郡 (Marquette County) にあり、大まかにはイシュプミング (Ishpeming) とニゴーニー (Negaunee) の町の近くにある。 マーケット鉄山地は、スペリオル湖の盆地で 2015 年現在、活発に生産している 2 つある鉄山地の一つであり、 より小さなもう一つの場所はミネソタ州のメサビ山地 (Mesabi Range) である。 マーケット山地の鉄鉱石は 1847 年以来現在に至るまで採掘され続けている。 「マーケット鉄山地」は埋蔵場所の、人気が高い商用名称であり、 地質学者には「ニーゴーニー鉄鉱層」(Negaunee Iron Formation) として知られている。


スペリオル湖の鉄山地
訳注
地図の赤い部分が鉄山地 (Iron Range) です。クリックして大きな図を表示してみればわかりますが、 Mesabi Range (メサビ山地) も見えます。
  1. 歴史
  2. 今日の鉄山地
歴史

マーケット鉄山地は 1844 年にウィリアム A. バート (William A. Burt) の率いる測量隊に発見された。 バートが気が付いたことは、測量中の土地に鉄が集中していたため、鋭敏な磁気コンパスが歪んだ結果を与えたことである。 鉄の採掘は 1847 年に開始した。 当初はマーケット山地の赤鉄鉱は地元の木炭で銑鉄に製錬された。 しかし、1855 年に最初のスー運河が開通すると、鉄鉱石自身が新たに建設されたマーケットの港町から、 五大湖を下って船で運ばれるようになった。

訳注
  1. バートはソーラー・コンパスでマーケット鉄山地を発見しています。
  2. Google map: マーケット

クリーブランドの資本家がマーケット鉄山地の開発に鍵となる役割を演じ、 クリーブランド・クリフス鉄会社 (Cleveland-Cliffs Iron Company) は 1890 年にマーケット山地に 支配的な影響力を獲得した。

今日の鉄山地

2009 年現在、クリーブランド・クリフスのエンパイア鉱山とチルデン鉱山 (Tilden Mine) はマーケット山地から鉄鉱石を生産し続けている。 クリーブランド・クリフスは自社が完全所有する短距離の鉄道 -- スペリオル湖・イシュプミング鉄道 -- により、鉄鉱石をマーケットまで輸送し、そこから下五大湖の製鋼所まで湖上輸送船で運んでいる。


マーケット山地のクリフス鉱山

マーケット鉄山地は 1957 年にミシガン州の登録歴史遺跡 (Michigan registered historic site) に S-0035 として登録された。 イシュプミングのクリフス・シャフト鉱山博物館 (Cliffs Shaft Mine Museum) は 鉄鋼石の埋蔵場所と鉱夫たちの歴史を祝福している。

訳注
米国の「国の歴史登録財」にもマーケット郡におけるものが指定されているが、 こちらの方は建築物のようです。
参考: List of Michigan State Historic Sites in Marquette County, Michigan
(ミシガン州マーケット郡におけるミシガン州の歴史登録財)