ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次の一部分の翻訳です。 使用している絵も英語版の Wikipedia の絵から作ったものです。

Time signal - Wikipedia (時報)

日本語で時報というと「時刻の放送」のように理解され、これに準じるのものが「時報」と考えがちですが、 「時報」は time signal の翻訳で、時刻合わせに使用できるものであれば何でも時報です。 時刻合わせに関しては欧米の方が歴史が長く、色々な時報があることになります。

以下では色々な時報のことが述べられていますが、 標準時の観点から最も重要なのがタイムボールと (有線の) 電信による時刻配信サービスです。 タイムボールに関しては 海洋クロノメーター を読む必要があります。 電信による時刻配信サービスは英国が先行しますが (鉄道時間を参照)、米国もすぐにこの真似をすることが以下に書かれています。 この項目は米国の人が書いたようで、英国のことが一切触れられていないので、つながりがわかりにくくできています。 鉄道時間も併せて読んでください。 そうすれば、米国は英国の真似をしたことがわかります。 米国でも英国同様に鉄道時間が、各都市の標準時間として 受け入れられ、その結果、標準時に関しての連邦政府の法律が制定されますから、この点は英国と全く類似しており、 非常に面白い事実です。「標準時」は上からの改革の結果起きたことではなかった。むしろ、 政治的影響力のある人たちを回避することで成立したのです。

もっと別の意味から興味ある点があります。日本人からすると、有線による情報提供サービスはインターネットの ことを考える人が大多数ですが、有線による情報提供サービスの原点は英国、米国の時刻配信サービスなのです。

そして、これは 19 世紀に起きた。この時の社会の変化はその時代を生きた人たちからは怒涛の変化であったと思われます。 日時計による「太陽時」が一番先にあり、「振り子時計」の到来と共に「平均太陽時」に変化し、これが更に「標準時」 に変化した。長期間にわたる変化ですが、 普通の人が「振り子時計」を手に入れることができたのは「産業革命」以降です。これにより生活が一変した。 しかし、瞬く間に「平均太陽時」による「地方時」が「鉄道時間」に変化し、これが「標準時」に変化した。

時報 (Time signal)

時報とは時刻を照合するために使用される信号のことで、 これは目で見えたり、聞こえたり、機械的であったり、 あるいは電気的であったりする。



この自動信号時計は 1905 年に電信により同期されていた
これはラジオによる時報が広範囲に使用される以前のことである。
  1. 目で見えたり、聞こえたりする時報
  2. 電気による時報
  3. 無線による時報
目で見えたり、聞こえたりする時報

公共の時報の一つに当然、打鐘時計 (striking clock) がある。 しかしながら、これらの時報は、起動する時計仕掛けと同程度の精度でしかない。 もっとも、現存する 14 世紀の時計と比較すれば随分と良くなってはいる。 大衆の大半にすれば、 ビッグ・ベンのような公共の時計が必要とされる唯一つの標準時間である。

もっと正確な公共の時報が航海用に必要とされた時、 伝統的な耳に聞こえたり、目に見えたりする時報が設立され、ナビゲーターが海洋クロノメータ―をチェックする目的のために使用した。 このような公共の時報は、以前は多くの港で設立されていた。

そのような実例に、 ブリティッシュ・コロンビア州 バンクーバー の 「9 時の大砲」があり、これはいまだに毎晩午後 9 時に発射される。 この大砲は 1894 年に 水産海洋省 によって、 スタンレー・パーク に持ち込まれ、日曜日の午後 6 時に漁師に漁の終了を警告するものであった。 午後 9 時の発射は、後に一般向けの時報として設定された。 元々は、 時の大砲が設置される前に、 ブロックトン岬 (Brockton Point) の灯台守のウィリアム・D・ジョーンズ (William D. Jones) が ダイナマイトの棒を爆発させていた。 類似の正午の大砲が、 南アフリカの ケープタウン で、いまだに毎正午に発射されている。これは ケベック 要塞 (Citadelle of Quebec) でも同様である。 時を告げるために、大砲が平日の 1 時に発射されたのは、英国の リバプール、 スコットランドの エジンバラ城、 そしてオーストラリアの パースであった。 エジンバラの午後 1 時の大砲はまだ続いている。 チリの サンティアゴ のサンタ・ルシア・ヒル (Santa Lucía Hill) の頂上に設置されている大砲は、毎正午に発射される。 大砲が時報に使用されている場所では、地元の人は 「観光客はすぐわかる、観光客は (大砲の音に) 飛び上がるが、地元の人は時計をチェックする。」 と冗談を言う。 多くのアメリカの中西部の町では、 竜巻がよく起きるため、非常用のサイレンが特定の時間 (例えば毎土曜日の正午) に定期的にテストされる。 これは元々時報として意図したものではないが、 地元の人はそれを聞けば時計をチェックする。

訳注
ケベック要塞の写真 (左) (Citadelle of Quebec - Wikipedia) と サンタ・ルシア・ヒルの写真 (右) (Santiago - Wikipedia)

タイムボールは、その発明者である ロバート・ウォーカプ (Robert Wauchope) により、 1829 年、英国のポーツマスに設置された。 また 1833 年には、ロンドンのグリニッジ王立天文台の屋上に設置され、 それ以来、毎日午後 1 時にボールが落下されている。 最初のアメリカのタイムボールは 1845 年にサービスを開始した。 光の速度は音の速度よりずっと速いので、 目で見える時報は、耳で聞く時報よりずっと正確である。 しかしながら、耳で聞く時報は視界が不良の場合にも動作する。 1861 年と 1862 年に郵便局 (Post Office Directory) は 時の大砲の音がエジンバラの色々な場所に到達する時間 (秒) を出版した。 ニューヨークの タイムズ・スクウェアで ニュー・イアー・イヴの時のタイムズ・スクウェア・ボールが落下される儀式は 目で見える時報の名残である。



グリニッジ天文台のタイムボールが写真の右上に見える。
訳注
  1. Post Office Directory は郵便局を統括する部局の意味と思われ、上の場合であれが エジンバラ市の郵便局の本局のようなものと思われます。しかし、適当な訳語が思いつかなかったので、 単に郵便局としました。
  2. タイムボール (time ball) は元々「報時球」と訳され、日本でも使用されたようです。 次の節でわかりますが、米国では時刻合わせをするために、特別な時計が電信に接続されており、 天文台から発信される信号により、この時計が自動的に時刻合わせをします。 このような装置は日本にはなかったはずです。 問題となるのが、この時計の中にタイムボールがある点です。 つまり、米国中のタイムボールは天文台の電気信号により直接ボールを落下したのです。 (間にウェスタン・ユニオンの時計が介在してますが、直結されていると考えてよい。 これは英国でも同じ。) 日本ではどうだったのでしょうか ? 仮に天文台からの電気信号でボールを自動落下することができたのであれば、 タイムボールとその制御装置は輸入品であったはずです。 一方電信からの信号音を聞きながら、 人がタイムボールを操作したのであれば、余り正確ではない。

海とは縁のない多くの社会では、 工場の大きなサイレンの音が、公共の時報の役目を果たしたが、 ラジオによって時代遅れのものとなった。

電気による時報

スタンフォード・フレミング (Stanford Fleming ) は全世界で唯一つの 24 時間制の時計を提案した。 1879 年の 2 月 8 日、王立カナダ学会の会合で、 彼はそれをグリニッジの反子午線 (180°) に結び付けた。 彼は標準的な時間帯が使用されてもよいが、 唯一つの世界時間に従属すべきであると提案した。

標準時間は 1883 年 11 月 18 日に米国で成立した。 これに先立つ 1883 年 10 月 11 日に、全米鉄道協会 (American Railway Association) の前身である 一般時刻協議会 (General Time Convention) は米国を幾つかの時間帯に分ける計画を承認した。 11 月の当日に、米国海軍天文台 (the United States Naval Observatory) は 電信で信号を送り、東部標準時では正午、中部標準時では 11 時、山岳部標準時では 10 時、 そして太平洋標準時では 9 時の時間を合わせた。

訳注
現在の米国の時間帯は 6 つに分割されており、上記以外にハワイ時間とアラスカ時間があります。

「テクニカル・ワールド」の 1905 年の 3 月版は、時報の発信元である 米国海軍天文台 の役目を次のように述べている:

米国海軍天文台の最も重要な機能の一つが、 米国の至る所に毎日正しい時刻を配布することになった。 これは電信の信号によって遂行され、 日曜日を除く毎日正午にワシントンから発信される。 この時刻サービスの元々の目的は、港湾都市において、 船乗りに彼らのクロノメータ―の時刻合わせの手段を提供することであった。 しかしながら、他の政府の活動と同様に、 この範囲が次第に広がり、終には一般に有益となったのである。 天文台から毎日正午に送信される電気パルスは、今や、70000 台以上の時計の時刻を 自動的に合わせ、統制しているのである。 更には地方のより大きな都市においては、中央に位置する幾つかの高い建物からタイムボールを 落下させ、ある場合には同時に大砲が発射され、 その近辺の何百もの時計や腕時計を手動で合わせるための信号となったのである。
訳注
海軍天文台だけではなく、民間企業も時報送信事業に参加しています。 米国でこれを商売にしていたのは ウェスタン・ユニオンと呼ばれる会社で (当時は基本的には電信会社)、 現存している会社です。次のページに色々書かれています。
Time, Standard Time and Western Union (標準時とウェスタン・ユニオン)
この文書から少し引用することにします。

ウェスターン・ユニオンはより大きな都市における自分たちのメイン・オフィス時計を電信により、電気的に 海軍天文台と同期させた。

これらの時計は大きく、重りで駆動する振り子形式で、毎日 USNO (米国海軍天文台) からの信号と同期し、 時刻サービス配電盤 (time service switch board) とつながっていた。この時刻サービス配電盤、あるいは時計盤 (clock board) としても知られているものは、基本的にはループ回路の終端の配電盤で、特別なリレーが付いており、 これが電信線に割り込み、都市の時計回路、貴金属店や銀行などにつなげた。 この際、オフィスの電池が使用された。 同期したマスター時計の接続閉鎖装置が配電盤の時計ループを操作し、 今度は時計ループが電信線、更には加入者の時計回路に信号を送った。 東部時間の正午に標準時報が電信線に割り込み、すべてのオフィスに送信された。 ウェスターン・ユニオンの同期したオフィス時計は時計盤に連続的に同期信号を送り続け、 時計盤は毎時丁度に加入者に時刻サービスの信号を送った。

電信線では時報は正時の数分前に開始し、秒ごとにクリック音を送付し、正時の数秒前に停止し、 最後のクリック音を正時に送信した。これで回路が閉じ、電信が通常の業務に利用可能となる。 すべての鉄道の操作員 (エンジニア、火夫、制動手、車掌、地区監督、操車係、電信士) は 鉄道会社の認めた標準的な 21 石のポケット時計 (1975 年までに認められていた腕時計は ブローバのアキュルトンのみであった) と時計の最近の検査証を携行することが義務付けられていた。

なお、ウェスタン・ユニオンの時報を受信するには特殊な時計が必要ですが、 この時計の使用料はとても安く、年間で 25ドルであったそうです。 この時計は振り子時計で、時々自動的に電池によってゼンマイが巻かれたそうです。 このページの最初に載っている写真はウェスターン・ユニオンのオフィスにあった時計のようです。 なお、ウェスターン・ユニオンの時刻配信サービスは 1970 年代ぐらいまで続いたようです。
無線による時報

電信による時報の配布は AM, FM, 短波、インターネット・ネットワーク・タイム・プロトコル、 ひいては GPS 衛星の原子時計により時代遅れのものとなった。 1905 年以後、時報はラジオで送信されている。