ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bailey bridge - Wikipedia
ベイリー橋 (Bailey Bridge)

ベイリー橋は持ち運び可能で、あらかじめ組み立てられたトラス橋である。 これは第二次世界大戦中に英国により軍事用に開発され、 英国、カナダ、米国の軍事技術部隊により広範囲に使用された。


フランス、ムルト川 (Meurthe)
にかかるベイリー橋

ベイリー橋は組み立てるのに、特別な道具や重機械を必要としない利点がある。 木材と鋼の橋の構成要素は小さくて軽く、 トラックで運んで、クレーンを使用せずに手作業で設置される。 ベイリー橋は土木工事のプロジェクトで広範囲に使用され続け、 徒歩と車両交通のための一時的な横断を提供し続けている。

  1. 歴史
  2. デザイン
  3. 第二次世界大戦における使用
  4. 現代
  5. 他の用途
  6. メディアの叙述
歴史

ドナルド・ベイリー (Donald Bailey) は英国陸軍省 (British War Office) の文官で趣味として橋の模型をあれこれ研究した。 彼はそのようなモデルの 1 つを上司に贈り、 上司はそのデザインに何らかの利点を見出した。 王室技術者 (Royal Engineer) の将校のチームが 1941 年と 1942 年にドーセット州クライストチャーチ (Christchurch) のバラック・ロード (Barrack Road) の 「軍事技術実験施設」 (Military Engineering Experimental Establishment) に召集させられた。 開発の最中に、橋は幾つかの型式でテストされた。 例えば、吊り橋として、階段式のアーチとして、平坦なトラス橋としてテストされ、 平坦なトラス橋が標準となった。 この試作品が近くのスタンピット湿地帯 (Stanpit Marshes) を切り抜ける 「マザー・シラーの水路」 (Mther Siller's Channel) を横断するのに使用された。 スタンピット湿地帯とはドーセット州のエイボン川 (Avon River, ハンプシャー州を流れるもの) とストア川 (River Stour) の合流点にある湿地帯で、試作品は機能する橋として残っている ( 場所)。 他の型式の橋 (複数) が近くの草地でエイボン川とストア川を横断するのに一時的に建設された。 開発とテストに成功して、 橋は王室工兵隊 (Corps of Royal Engineers) の実務で使用され、 1942 年に北アフリカで始めて使用された。 幾つかの橋が 1944 年のノルマンジー上陸作戦の時までに利用可能となり、生産が加速した。 米国もライセンスを手に入れ、自分たちの使用のために、急速に建造を開始した。 ベイリーは後にこの発明によりナイトの称号を授与された。 彼の発明は広く製造され、今日でも使用されている。 しかしながら、元々のデザインはカレンダー・ハミルトンの橋 (Callender-Hamilton bridge) の特許に抵触していた。 この橋のデザイナーである A. M. ハミルトンは 「発明家に対する報償王室委員会」 (Royal Commission on Awards to Inventors) に訴えて成功した。 しかしながら、ベイリー橋はハミルトンのデザインよりは幾つかの利点があった。 例えば、壊れた部品はカレンダー・ハミルトンの橋では素早く交換できなかった。 素早く交換できることが軍事用の基本的な要求事項であった。 ロンドン市 (London County Council, 1964 年までのロンドン市) の技術局が 3 基の緊急橋のデザインでカレンダー・ハミルトンの橋を修正し、 これらの橋を 1940 年にテムズ川にかけた。 これらの橋の壊れた部分はすぐに取り換えることができた。 この工事で得られた経験はベイリー橋の開発に貢献した。

スタンピット湿地帯
ベイリー橋の試作品
クライストチャーチ
でベイリー橋の試験

ハミルトンは彼の初期の橋の使用により陸軍省から 1936 年に £4,000 を認められた。 「発明家に対しての報償王室委員会」 は彼の後の橋の使用 -- 主にアジア -- により 1954 年に £10,000 を認めた。 中将のサー・ギフォード・マーテル (Sir. Gilfford Le Quesne Martel) は彼のボックス・ガーダー橋 -- マルテル橋 -- のデザインに抵触したことにより £500 を認められた。

デザイン

ベイリー橋の成功は標準ユニットの製造と組み立ての単純さと、 重機械の助けをほとんど使用せずに設置・配備する能力にあった。 これ以前の、すべてではないにせよ、 大半の軍用橋のデザインでは、 クレーンがあらかじめ組み立てられた橋を持ち上げて、定位置に降ろすことが必要であった。 ベイリーの部品は標準的な鋼の合金を使用し、 極めて単純であったため、幾つかの異なる工場で作った部品は完全な互換性があった。 個々の部品は少人数で運ぶことができ、 軍事技術者が、これ以前よりも、もっと簡単に、もっと素早く移動して、 彼らの後から来る部隊や資材の道を準備できた。 最後に付け加えると、標準ユニットのデザインにより、 技術者は橋をいくらでも長く、いくらでも強く作ることができ、 これには支えのサイド・パネルを 2 重、3 重にしたり、 路面を 2 重、3 重にすればよかった。

基本的な橋は 3 つの主な部品から構成されている。 橋の強度はサイド・パネルにより提供されている。 パネルは長さ 10 フィート (3.0 m)、 高さ 5 フィート (1.5 m) の対角材で支えられた長方形で、 重さは 570 ポンド (260 kg) で 6 名で持ち上げることができた。 パネルは鋼を溶接して建造された。 各パネルの上端、下端の梁には連結機構があり、ピンでパネルを接続できた。

橋の床は幾つかの幅 19 フィート (5.8 m) の横材 (transom) -- これが横方向に走る -- から構成され、 (この上に) 10 フィート (3.0 m) の長さの縦桁 (stringer) が底を走り、正方形を構成している。 横材はパネルの下端の梁の上に設置され、締め金が横材とパネルを固定し、 縦桁は完成した構造枠の上に置かれ、 木の板を縦桁の上に置き、路面が作られる。 (路面固定用の) 縦材 (riband) により木の板が縦桁にボルト付けされる。 後の戦争中に、木の板は鋼の板で覆われた。この方が戦車のキャタピラによる被害にもっと抵抗力があった。


フランス、カルバドス県ランヴィルの
ペガサス記念博物館のベイリー橋の区間
横材、サイド・パネル、縦桁がはっきり見える。
【訳注:縦桁は後方部。拡大しないと見えない】

このようにして建造されたユニットは橋の 10 フィート (3.0 m) 区間を作り、 12 フィート (3.7 m) の幅を持つ路面ができる。 1 つの区間が完成すると、これがローラーの上で前に押し出され、 別の区間がその後ろで建造される。 2 つの区間は次にパネルの角にある穴にピンを打ち込んで接続された。

強度を高めるために、何枚かのパネルを (そして横材) を 3 枚まで、 橋の両側にボルト付けすることができた。 (強度を高めるための) 別の方法はパネルを垂直に積み上げることである。 3 枚のパネルを重ねて、2 階建てにすると、 ベイリー橋は 200 フィート (61 m) スパンで戦車を支えることができた。 歩道をサイド・パネルの外に設置でき、 サイド・パネルが歩行者と車両交通の間の障壁となり、 歩行者が安全に橋を使用できた。

ベイリー橋の便利な造作の 1 つはすき間の一方の側から送り出すことができることである。 このシステムでは橋の最先端の部分にくさびで角度を付けて、 送り出し用の突出部にし、橋の大半には路面と (路面固定用の) 縦材 (riband) を付けないままにする。 橋がローラーの上に置かれ、単純にすき間越しに押し出され、 その際に、人力、トラックあるいはキャタピラ付きの車両が使用される。 (押し出されてから) ジャッキの助けにより、ローラーが取り除かれ、 路面と縦材が設置され、必要であればパネルと横材が追加される。

第二次世界大戦の最中にベイリー橋の部品はこの種の技術にまったく経験のない会社によって製造された。 部品は単純であるが、正確に適合するためには精密に製造する必要があった。 そこで彼らは、会社でテスト用の橋に組み立てて、これを確実にした。 これを効率よくするために、 新たに製造された部品をテスト用の橋に連続的に追加し、 同時にテスト用の橋の反対側で連続的に分解されて、 部品が最終使用者に発送された。

ギャラリー
米国部隊が手作業でベイリー橋を
川に突き出している。
フィレンツェ、アルノ川に
かかるベイリー橋は元々の
サンタ・トリニタ橋の橋脚の
上に建設 (1944 年 8 月)
フランス、 マントのセーヌ川にかかる
ベイリー橋はハシケで支えられた。
積み上げて二重にしたベイリー橋
を米国の戦闘技術者がドイツ、
ヴェセルのライン川に突き出す。
平底船とベイリー橋て作ったイカダ
でシャーマン戦車とジープが
ガリリャーノ川を渡る
米国第12機甲師団の第119機甲工兵
大隊が マリエンベルク要塞の下の
爆撃された橋にかけたベイリー橋
リビアの Wadi el Kuf にかけた
ベイリー橋、橋脚もベイリー橋で作成
(2007 年)
南スーダンの ジュバ 白ナイル川
にかかるベイリー橋
カナダ、オンタリオ州の
ホワイトフィッシュ・フォールズ
にかかるベイリー橋 (2006 年)

イラクの Arnhem ルートにかかる橋を
点検する戦闘技術者
第二次世界大戦における使用

第二次世界大戦中の最初の使用可能なベイリー橋は 237 野戦工兵中隊、王室技術者 (237 Field Company, R.E.) が建設したもので、 チュニジアのメジェズ・デル・バブ (Medjez el Bab) の近くの メジェルダ川 (Medjerda River) にかけられたもので、 1942 年 11 月 26 日の夜のことであった。 砲火を浴びながら、ベイリー橋を最初に組み立てたのは、 第 3 野戦工兵中隊、カナダ王室技術者 (3rd Field Company, Royal Canadian Engineers) のメンバーにより レオンフォルテ (Leonforte, イタリア) で実施されたものである。 ある場合には大砲と戦車の砲撃の最中にベイリー橋は サール川 (Saar River, 仏独) に押し出された。 敵を終に排除した時に、 パネルに穴が開き戦車の重さを支えることができなくなっていた。 パネルを交換するには橋を中央で壊す必要があった。 こうせずに、彼らは全く新しいパネルを元々のパネルの上にボルト付けした。 このテクニックは後に標準的なものになった。

ベイリー橋はドイツ軍とイタリア軍が退却する時に橋を壊す問題の素晴らしい解決方法を提供した。 戦争の終結時に米国第 5 軍 (US Fifth Army) と英国第 8 軍 (British 8th Army) はシチリアとイタリアだけでも 3000 基のベイリー橋を建設し、 全部で 55 マイル (89 km) の橋を作り、平均した長さは 100 フィート (30 m) であった。 イタリアのサングロ川橋 (Sangro River bridge) を交換するためのベイリー橋は 1,126 フィート (343 m) であった。 ビルマの チンドウィン川 (Chindwin River) のものは 1,154 フィート (352 m) であった。 このような長い橋には橋脚や平底船 (pontoon) の支えが必要とされた。

バーナード・モンゴメリー陸軍元帥 (Field Marshal Bernard Mongomery) は 1947 年に 次のように書いている。

ベイリー橋は第二次世界大戦を終了させるために巨大な貢献をした。 私の作戦が関連するだけでも -- イタリアでは第 8 軍、北西ヨーロッパの 21 軍集団 (Army Group) -- ベイリー橋の大量の供給なしには前進の速度とテンポを維持することはできなかった。
現代

ベイリー橋は 21 世紀にも世界中で通常に使用されている。 幾つかの例外的な実例には次がある:

他の用途

ウーメラ (Woomera、南オーストラリア) のスカイラーク・ロケットの打ち上げ台 (Skylark launch tower) はベイリー橋の部品で作られた。

訳注
スカイラーク・ロケットは英国の研究用ロケット。最初のロケットが 1957 年にウーメラから打ち上げられた。

第二次大戦の直後にオンタリオ州水力発電委員会 (Hydro-Electric Power Commission) は戦争余剰品のベイリー橋を大量に購入し、 小さなデザイン・グループを作って目新しい応用における使用を奨励した: 例えば発電所 (建設) 用の大きな砂利分類施設に必要とされる架台 (trestle) がオタワ川に建設された。 1955 年のハリケーン・ヘイゼル (Hazel) の後に幾つかのベイリー橋の部品がトロント地区で、 代わりの橋として建設されるのに使用された。 オールド・フィンチ・アベニュー・ベイリー橋 (Old Finch Avenue Bailey Bridge、 場所) は、今なお使用されている最後のものである。 オランダのエイントホーフェン (Eindhoven) では、 戦後のエイントホーフェン駅はベイリー橋の部品で建設され、今なお使用されている。


エイントホーフェン駅の内部
メディアの叙述

1977 年の長編戦争映画 遠すぎた橋 マーケット・ガーデン作戦 (Operation Market Garden) の 1944 年の 9 月を叙述し、 オランダの Son における米国の第101空挺師団 (Ariborn Division) と英国の XXX 軍団 (XXX Corps) の部隊による ベイリー橋建設の長いシーンを見せていた。

イスラエルとヨルダンの間のアレンビー橋 (Allenby Bridge) に関しての歌がすべてのリフレーンで橋の型式を言及している。 歌はヤロン・ロンドン (Yaron Londong) が書き、、 エホラム・ガオン (Yehoram Gaon) が歌った。 これはこの場所における 6 日戦争 (Six-Day War) の後に作られた橋を言及し、 戦争の最中に破壊された橋のことを意味しているわけではない。