ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Belah Viaduct - Wikipedia

ビーラ高架橋があった場所: Google map

以下に登場するサウス・ダラム&ランカシャー・ユニオン鉄道は ストックトン・ダーリントン鉄道の傘下にあった鉄道で、 ビーラ高架橋はストックトン・ダーリントン鉄道/スタインモアを越えて に登場します。

ビーラ高架橋 (Belah Viaduct)

ビーラ高架橋はサウス・ダラム&ランカシャー・ユニオン鉄道の鉄道高架橋で、 イングランド、カンブリア州でビーラ川を横断していた。 この場所はバルラス村 (Barras) のおよそ 1 マイル南で、 カークビー・ステファン (Kirkby Stephen) の 4 マイル東北東である。 橋は 1860 年に完成し、現在は取り壊されている。

取り壊されたビーラ高架橋の信号
取扱所と南西の橋台、2006 年
高架橋の北東のからビーラ峡谷を
越えて南西の橋台を見る。2016 年

高架橋はトーマス・バウチ (Thomas Bouch) によりデザインされ、 鉄細工はギルクス・ウィルソン (Gilkes Wilson) により供給・組み立てられた。 バウチもギルクスのどちらも後のテイ橋の責任を担った。 橋には鋳鉄製の柱の上に格子ガーダーがあり、£31,630 の経費で建設された。 基礎石 (foundation stone) は 1857 年 11 月に置かれた。

最初の機関車は 1860 年 11 月に高架橋を横断し、鉄道は 1861 年 8 月 7 日に開通した。

橋は長さ 347 ヤード (317 m)、 幅 24 フィート (7.3 m) で、 16 のスパンがあり、高さ 196 フィート (60 m) で、建設された時にはイングランドで最高の橋であったが、 ウェールズのクラムリン高架橋より 4 フィート (1.2 m) 低かった。」

第二次世界大戦後に老朽化した高架橋の重量制限と保守に限りがあったため、 ビーラ高架橋とディープデイル高架橋 (Deepdale Viaduct) の横断で 重連運転 (double heading) が禁止された。 テバイ線 (Tebay line) の坂道 (incline) で列車を牽引するためには、まだ 2 両の軽蒸気機関車が必要であったため、 一両が後方で 補助機関車 (banker) として動作した。 もしもダーリントン鉄道の 鉄道クレーン (breakdown crane) が必要となれば、これも問題となった。 この 45 トン・クレーン自身の重さは 156 トンであった。 これを高架橋越しに牽引するには、負荷を分散させるために 3 両の空の貨車を機関車との間に連結する必要があった。

1956 年に高架橋は完全に塗装し直され、 これにより 「ある人々には、ブリティッシュ・レールウェイはこの鉄道が長期的価値があると、暗にほのめかしたかもしれない」 しかし、1959 年に鉄道の閉鎖が表明され、最後の客車が 1962 年 1 月 20 日に走った。 高架橋の鉄細工は 1963 年の夏に取り壊された。 ビーラ川の両側の石の橋台は今でも残っている。

記念の詩

チャールズ・デイビス (Charles Davis) は高架橋の詩を書き、 1859 年 9 月 6 日に 8 番目の橋脚の中央の柱に埋められ、取り壊しの時に見つかった。 詩は 「ダウの鉄道引用文の辞書」 (Dow's Dictionary of Railway Quotations) に引用されている:

見ろ !  ビーラの美しい光景が始まる ! 
この渦巻く流れが永久に流れ、
この素晴らしい巨大な橋の中と下を流れ、
激しい流れが至る所の尾根から下る;
何千人もの人がこの見事な光景に驚嘆する、
列車が昼にも夜にもこの上を通る時に;
幾星霜もの間、人は語ったことがない、
このような巨大なエラ (gill) の上の構造を。
時は流れ、死すべきものが増え、
今これを見ているものが安らかに眠りにつく時。

「ダウの辞書」 には別の詩も含まれ、 「レールウェイ・マガジン、巻 XLVI, 1920 年」 で引用されたものとして挙げている:

将来の時代に、この詩が語ることは
誰が谷 (dell) の上に橋を作ったのか、
ギルクス・ウィルソンと 80 人の男たち、
(彼らが) ビーラ高架橋を谷 (glen) の上に持ち上げた。