ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Crumlin Viaduct - Wikipedia

クラムリン高架橋の地図も作りました。但し鉄道が撤去されているので鉄道の位置は不明で関連する地名だけを表示しています。 (高架橋の橋台の座標 (3 ヵ所) は原文に載っていたので地図に書き込んでありますが、衛星写真から判断すると少し不正確に思われます。) 地図の上には関連する川を桃色で目立つように表示してあります。 2 回ズームインしないと高架橋の周辺がはっきり見えません。

クラムリン高架橋の地図
クラムリン高架橋 (Crumlin Viaduct)

クラムリン高架橋はかってサウス・ウェールズ (南ウェールズ) のクラムリン村の上空にあった 鉄道高架橋で、 元々ニューポート・アバガベニー・ヘリフォード鉄道 (NA&HR, Newport, Abbergavenny and Hereford Railway) のタフ・ベイル延長鉄道がエブブ川 (Ebby River) を 横断するのに建設された。


1957 年のクラムリン高架橋

「産業革命中の技術的偉業の最も重要な実例の 1 つ」 として歓呼され、 1967 年に取り壊されるまでの 107 年間の任に就いている間に、 かって建設されたこの大きさの橋の中で最も低価格であり、 英国で最も高い鉄道高架橋で、 世界で 3 番目に高い高架橋であり、 イタリア、スポレト (Spoleto) の水道橋と、 ニューヨーク州の ポーテッジにおける木造高架橋に次ぐものであった。

  1. 背景
  2. 建設
  3. 操業
  4. 閉鎖と取り壊し
  5. ギャラリー
背景

産業革命とサウス・ウェールズから石炭が大量搬出された時に、 サウス・ウェールズ炭田に至る鉄道建設が成長した。 タフ・ベイル鉄道 (TVR, Taff Vale Railway、タフ谷鉄道) がカーディフ港 (Cardiff Docks) への石炭輸送を占有することになり、 鉱山の所有者は競合する鉄道を必死に望み、搬出する速度を改善し、 新しい市場にアクセスし、輸送費を削減することを望んだ。

ロンドン・ノースウェスタン鉄道 (LNWR, London and North Western Railway) は産業化されたウェスト・ミッドランドとノースウェスト・イングランドへの ルートを開発し、 スランビハネル鉄道 (Llanfihangel Railway) とグロスモント鉄道 (Grosmont Railway) を管理して、ヘレフォード鉄道への (石炭) 収集支線 (feeder lines) として使用し、 これ以降は GWR/LNWR の共同管理するシュルーズベリー・ヘリフォード鉄道を経由した (訳注:GWR = グレート・ウェスタン鉄道)。 これによりポンティプールとエブブ峡谷からヘリフォードへの物資の輸送が可能となった。 しかしながら (石炭の) 生産量が高いリムニー峡谷 (Rhymney Valley) とロンザ峡谷 (Rhondda Valley) の炭田へのアクセスは良くても制限されたもので、 ここでは TVR で南のカーディフ (Cardhiff) に至り、 次に GWR の南ウェールズ鉄道でニューポートまで至り、 ここで LNWR の管理する鉄道軌道に進入できた。

これにより英国議会は 1846 年 8 月 3 日に議会法を通して、タフ・ベイル延長鉄道を承認した。 この延長鉄道によりポンティプールのコーエド=ア=グリック・ノースジャンクション (Coed-y-gric North Junction) とタフ・ベイル鉄道がクエーカーズ・ヤードで接続され、ここで LNWR が管理する鉄道に直接進入できた。 LNWR は必要とされる資金を承認し、既存の 3 つの鉄道会社と新しい延長鉄道を吸収した。

建設

タフ・ベイル延長鉄道のルートは 2 つの大きな (川の) 峡谷を横断する 2 つの重要な高架橋が必要であtta : 一つはエブブ川 (Ebbw River) を横断するもので、もう一つはリムニー川 (Rhymney River) を横断するもの -- ヘングード高架橋 (Hengoed Viaduct) -- であった。

エブブ峡谷はその地形から 2 つの挑戦があった:

主任技術者のチャールズ・リデルが結論したことは、石は橋を建設するにはお粗末な選択であった。 というのは余分な石を谷に持ち込む必要があり、 高さの理由から不安定で、保守費用が高くなるからであった。 更には石の構造は中がつまっているため、 鉄道軌道の周囲に圧縮された空気の流れを作り、 乗客と乗務員に安全性の問題が起きるからであった。 ひっくるめれば、要求される過大技術の結果はとても高価にもなる。 従って、彼が委員会に勧めたことは鋳鉄の構造であった。

2 つの入札が 1852 年 8 月にあり、 リデルはスコットランドの土木技術者トーマス W. ケナード (Thomas W. Kennard) のデザインを推薦した。 彼はウォーレン・トラスの修正版を使用した。 契約は 1852 年 12 月に署名され、完成日が 1857 年 10 月 1 日と明記された。 父親のブラナヴォン鉄工場 (Blaenavon Ironworks) で彼のデザインを更に実験した後で、 鉄構造をケナードのファルカーク鉄工場で鋳造し、ニューポート港 (Newport Docks) に船で送った。

訳注
ブラナヴォン (Blaenavon) は Google map で検索するとポンティプールに見つかり、 クレムリン高架橋に近い場所です。

ケナードは 1853 年 10 月に川の東岸に 「クラムリン高架橋工場」 を建設することで、 建設工事を開始した。 ここでファルカークからの鋳造品とブラナヴォンからの錬鉄製品は一緒にされ、 すべての取り付けと組み立て工事が行われた。

マンマスシャー・ブレコン運河 (Monmoouthshire and Brecon Canal) からの支線を短くし、 2 つの谷の間の自然の土地を 9 番目の橋脚にして、 最初のガーダーが 1854 年 12 月 3 日に定位置に持ち上げられた。 北のポンティプールのクラレンス・ストリート駅と南のブライン・トンネル (Bryn Tunnelm, 398 フィート (364 m)) を接続する構造が 1857 年 5 月末に完成した。

同じ月に交易委員会検査官のウィン大佐 (Colonel Wynne) の前で試験が開始した。 鋳鉄や鉛を積載した 6 台の機関車で全重量が 370 英トン (380 トン) となるものが、 機関車運転手の 「マッド・ジャック」 (Mad Jack) の操作によって (橋に) 置かれた。 ジャックは最初の横断をする前にクラムリン中のパブを訪れていた。 一連の試験で、ゆがみ (deflection) が 1.5 インチ (38 mm) 以内であることが測定され、 橋は同じ月に使用することが承認された。

操業

高架橋は 1857 年 6 月 1 日のホイット・マンデー (Whit Monday, 聖霊降臨節の月曜日) にレディー・イザベラ・フィッツモーリス (Lady Isabella Fitzmaurice) が開通式を挙行した。 1854 年 6 月に最初の列車が橋を渡ってブライン・トンネルに入っていたが、 これ以上は進めなかった。 それはケナードの建設チームがヘングード高架橋をまだ完成していなかったからである。 ケナードはこの橋をデザインする契約を勝ち取り、 土木技術者として働いていた。 最終的なクラムリン高架橋は高さ 200 フィート (61 m) で、 全長が 1650 フィート (500 m) で 全部で 10 基のトラスがあった (エブブ峡谷 7 基、1066 フィート (325 m) + ケンドン峡谷 3 基、584 フィート (178 m))。 この橋が任務に就いている間には、橋は英国で最も高い鉄道橋であった。 近くにはクラムリンの鉄道駅があり、高架と谷底の 2 ヵ所にあった。

石版画、1860 年 高架橋が
クラムリン低層駅の上を通る。

リデルが予測したように、この場所は強風が吹きやすく、 その結果、揺れがあり、その結果、連続して高価な保守をする必要があった。 NA&HR ルートは高さと勾配のきつさから、英国で操業するのに最も経費がかかる鉄道の 1 つであることが判明した。 従って、第二次世界大戦後の国有化に引き続いて、 ブリティッシュ・レールウェイが 1947 年以後、全長を単線にしたのは驚くに値しない。

閉鎖と取り壊し

ビーチング・アックスの結果、 最後の定期乗客列車が 1964 年 6 月 13 日土曜日に橋を渡った。 ポンティプールを 21:10 に出発し、トレヘルベルト (Treherbert) に向かった。

歴史的高架橋の保存が議論され、橋は 住宅・地方政府省 (Ministry of Housing and Local Government) により、建築的・歴史的興味があるものとして予定された。 しかしながら、石造のヘングード高架橋は生き延びたが、 鋳鉄製のクラムリン高架橋の構造調査から、貧弱な状態であることがわかり、 将来を確保するには高い投資をする必要があった、実行中の保守費用のことは言うまでもなかった。 従って、決定はこれを取り壊すことで、 今や住宅が低峡谷地帯にまで拡張していたからである。 NA&HR の閉鎖と取り壊し作業が始まる前に、 ユニバーサル・スタジオの映画 アラベスク (Arabesque) -- ソフィア・ローレンとグレゴリー・ペック主演 -- が橋の上と周りで撮影された。 橋の取り壊しはスウォンジー (Swansea) のバード社が 1966 年 6 月から実施し、 ベイリー橋の助けを借りて 9 ヶ月かかった。

橋の鉄製品は 1967 年末までに完全に取り壊され、 今では、石、鋳鉄、コンクリートの橋台が峡谷の側面に見ることができるのみである。

ギャラリー
ニューポート・アバガベニー・
ヘリフォード鉄道のタフ・ベイル
延長鉄道上のクラムリン高架橋、
1865 年頃、ニューマン社
(イングランド、ロンドン)
ウェスト・ミッドランド鉄道のタフ・
ベイル延長鉄道上のクラムリン
高架橋、1855 年頃、H.J.クック
(1855 年頃繁栄した会社)、
石版画家、マクドナルド
マックルーア、マックレガー
ニューポート・アバガベニー・
ヘリフォード鉄道のタフ・ベイル
延長鉄道上のクラムリン高架橋、
1865 年頃、