ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Commodore Barry Bridge - Wikipedia

バリー提督橋: Google map ストリートビュー

バリー提督橋 (Commodore Barry Bridge)

バリー提督橋はカンチレバー橋で、デラウェア川にかかり、 米国ペンシルバニア州チェスター (Chester) とニュージャージー州ローガン・タウンシップ (Logan Township, タウンシップ = 郡区) を接続している。 橋は米国独立戦争の英雄で、フィラデルフィアに在住したジョン・バリー (John Barry) にちなんで名付けられた。


バリー提督橋

ペンシルバニア州における位置

ベッツィ・ロス橋 (Betsy Ross Bridge)、 ベンジャミン・フランクリン橋 (Benjamin Franklin Bridge)、 そしてウォルト・ウィットマン橋 (Walt Whitman Bridge) と共に、 バリー提督橋はフィラデルフィアの都市圏とニュージャージー南部を繋ぐ 4 基の有料橋の 1 基であり、 デラウェア港湾公社 (DRPA, Delaware River Port Authority) によって所有されている。 元々、高速道路と接続するためにデザインされていたが、 高速道路用の橋が地元にもっと貢献するように最近作り直された。 2007 年から 2011 年にかけて DRPA と PennDOT (ペンシルバニア州輸送局) はチェスター再開発公社 (Chester Redevelopment Authority) と共に入出ランプ (坂道) を建設し、自動車 -- とりわけ重トラック -- が州間道路 I-95 から、フラワー・ストリート (西 9 番ストリート (US 13) を経由) とペンシルバニア州道 291 を経由して、 チェスター・ウォーターフロント (チェスター水辺) に進入できるようにした。 他の改良、例えば、路面の接合部の交換、 (進入路の) コンクリート補修、 そしてそれ以外の安全上、工学上の改良は現在進行中か、完了済みである。 この橋は 1974 年の開通時にそれまでの渡し舟のチェスター・ブリッジポート・フェリー (Chester-Bridgeport Ferry) に取って代わったが、 ペンシルバニア州デラウェア郡から、ニュージャージー州グロスター郡 (Gloucester County) までデラウェア川を横断する唯一つの手段である。 渡し舟 (フェリー) 事業の終了とその後の火災と、スーパーファンド (Superfund) による汚染除去から、 チェスター川のフェリーの終点は市が所有するバリー橋公園となり、 これに隣接するタレン・エナジー・スタジアム (Talen Energy Stadium、 メジャー・リーグ・サッカーのフィラデルフィア・ユニオンの本拠地) は 2010 年に開設した。 による

訳注
  1. 橋は US ルート 322 の一部で、チェスター市における出入り口はペンシルバニア州ルート 291 (北からの出入り口) と US ルート 13 (南からの出入り口) であることが地図から分かります (車が右側通行であることに注意)。 上の説明は間違っており、US ルート 322 から出る方法は
    • 北からの場合:ペンシルバニア州道 291 (西 2 番ストリート) の出口 --> ペンシルバニア州道
    • 南からの場合:西 9 番ストリートの出口 --> フラワー・ストリート --> ペンシルバニア州道 291 (上の説明には州間道路 I-95 のことが書かれているが、この道路は US ルート 322 の北にある。)
  2. スーパーファンドは汚染地帯を清浄化する連邦政府のプログラムで、 この場所にはゴムの再生工場と、違法な産業廃棄物の貯蔵施設と処理施設があった。
  3. タレン・エナージー・スタジアムは以前は PPL パークと呼ばれた。

    タレン・エナージー・スタジアム: フォト・スフィア

  1. 歴史
  2. 通行料
歴史

橋の建設は 1969 年 4 月 14 日に開始し、1974 年 2 月 1 日に開通した。 橋は全長が 13,912 フィート (4,240 m)、主スパンは 1,644 フィート (501 m) であり、 カンチレバー橋として世界で 4 番目に長く、米国で最長である。 路面は 5 車線あり、車線はジッパー・バリア (Zipper barrier, ファスナー障壁) で分離されている。 ジッパー・バリアは機械によって交通量や工事に応じて車線を変更できる。 橋は US ルート 322 の一部として指定され、直接接続されているのは: ペンシルバニア州ルート 291 (西 2 番ストリート、W 2nd Street)、 US ルート 13 (西 9 番ストリート、W 9th Street)、 チェスターの州間道路 95、 ブリッジポートの US ルート 130、 州間道路 295 であり、 ニュージャージー・ターンパイクは橋の半径 5 マイル (8.0 km) 以内にある。

訳注
機械によるジッパー・バリア移動の動画 (金門橋)

バリー提督橋は、元諸当時提案されていたニュージャージー州の高速道路の 1 つの接続するために建設され、 チェスターの近くで州間道路 195 に接続し、ハモントン (Hammonton) の近くのある場所でアトランティック・シティー高速道路に 接続することになっていた。 しかし、これらの計画はまもなく廃棄された。 これは大学の町であるグラスボロ (Glassboro) の多くの人々が影響を受けることが理解されたからであった。 US 130 から州間道路 295 の現在の出口 11 までを高速道路に格上げする可能性のある新しい話がある。 この新しい高速道路が州間高速道路システムに含まれるか否かに関して、何も言及されていない。 もっとも、これが除外されているわけでもない。

通行料

ペンシルバリア州で進入する乗用車 (車両総重量 7,000 ポンド (3,200 kg) 未満) は片道 $5.00 が課金される。 丸 1 ヶ月 (calender month) に 4 基の DRPA の橋の 1 つを 18 回横断すれば、 DRPA から E-ZPass (日本の ETC に相当) に 1 タグ (tug) が発行され、 1 タグ毎に $12 が還元される。 トラック、商用車、トレーラーハウス (mobile home)、 キャンピングカー (recreation vehicle) (車両総重量 7,000 ポンド (3,200 kg) 以上) は車軸ごとに $7.50 を現金で支払う。 65 才以上の高齢者はチケット・プログラムを使用して、1 回あたり $2.00 を支払う。 (これは E-ZPass に統合されなかった。) (2008 年 12 月 31 日に中止になった。)