ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Kingsley Covered Bridge - Wikipedia

キングスリー覆い橋: Google map アップされた写真

キングスリー覆い橋
(Kingsley Covered Bridge)

キングスリー覆い橋は、ミル川橋 (Mill River Bridge) とも呼ばれ、 木造の覆い橋で、 バーモント州クラレンドン町 (Clarendon) のミル川にかかり、イースト・ストリート (East Street) を通している。 およそ 1870 年頃に建設され、 橋は町に現存する唯一の 19 世紀の覆い橋である。 橋は 1974 年に国の歴史登録財 (National Register of Historic Places) に登録された。


キングスリー橋の北の進入路
ラトランド空港の滑走路は
この写真の右手の丘の上にある。

説明と歴史

キングスリー覆い橋はバーモント州道 103 の西にあり、 ラトランド空港 (Rutland Air Port) のすぐ南にあり、ゴージ道路 (Gorge Road, 峡谷道路) から分岐するイースト・ストリート延長道路 (East Street Extension) にある。 この道路は舗装されているが、橋を渡ると地道になる。 これは 「キングスリー製粉工場歴史地区」 (Kingsley Grist Mill Historic District) に隣接し、この場所には復元された水車と家屋がある。 橋には 3 トンの重量制限がある。

橋は単一スパンのタウン格子トラスの構造を持ち、 長さ 121 フィート (37 m)、 幅 17.5 フィート (5.3 m)、 道路幅は 14 フィート (4.3 m) (1 車線) である。 トラスは表面がコンクリートの橋台の上に載っている。 外側は垂直な壁板で仕上げ、 側壁から入口を回り込んで、入り口のすぐ中まで入っている。 屋根は波型を付けた金属製である。

橋には 1836 年に建設されたことを示す標識があるが、 国の歴史登録財の推薦では建設年はおよそ 1870 年とされている。 橋はティモシー K. ホートン (Timothy K. Horton、1814 年 - 1896 年) により建設され、 町に現存する最後の 19 世紀の橋である。 この場所には 18 世紀末から橋があったようで、1788 年に、ここに橋の建設が認可されたことが言及されている。