ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Poole's Mill Covered Bridge - Wikipedia

プールズ・ミル覆い橋: Google map アップされた写真

プールズ・ミル覆い橋
(Pool's Mill Covered Bridge)

プールズ・ミル覆い橋は 1 世紀を経過した歴史的な木造の覆い橋で、 米国ジョージア州フォーサイス郡 (Forsyth County) のセッテンダウン川 (Settendown Creek) にかかっている。1820 年頃に チェロキー族の酋長 (Chief) であるジョージ・ウェルチ (George Welch) はエトワ川 (Etowah River) の支流のこの場所に、(水力) 製粉工場、(水力) 製材所と簡単な開放橋を建設した。 ウェルチは工場と橋の操業・保守を続けたが、 1838 年にチェロキー族の強制移動があった。


プールズ・ミル覆い橋のジョージア州における位置

橋と工場を備えた土地はジャクソン郡 (Jackson County) のジョン・メイナード (John Maynard) がくじ引きで手に入れ。 彼はジェイコブ・スカッダー (Jacob Scudder) に土地を売った。 1870 年のスカッダーの死により、 工場と橋は医者の M. L. プール (Dr. M. L. Pool) が購入した。 1920 年代に 綿繰り機 (cotton gin) がその場所に追加された。 養鶏産業が導入されると、地元の人々は綿をほとんど見捨てた。 工場は 1947 年までに使用されなくなり、 1954 年に放火 (vandal) により焼失した。

この土地に元々あった橋は、 1899 年の洪水で流された。 格子トラス橋の型式を使用して、 新しい橋を建設することが決定された。 このデザインでは木製の梁を穿孔 (せんこう) して、 ここに木のクギを打ち込んで構造をまとめる必要があった。 梁は製材工場で切断されたが、間違った位置に穴があけられた。 この時点でバッド・ジェントリー (Bud Gentry) が引継ぎ、 ドリルによる再穿孔の監督をした。 ドリルで間違えてあけられた穴を今でも橋の梁に見ることができる。

訳注
板の切断は当然、蒸気動力のノコギリを使用しているはずですが、 トリルも蒸気ドリルと思われます。

1990 年代の中頃に、橋がたわみ始めて、再活性化の努力が始まった。 支持橋脚が川の中間に建設された。 この再活性化の最中に複数の民間人がこの地域の土地を寄付し、 プールズ・ミル公園 (Pool's Mill Park、プールの (水力) 工場公園) が作られた。