ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Smithfield Street Bridge - Wikipedia

スミスフィールド・ストリート橋: Google map アップされた写真

スミスフィールド・ストリート橋
(Smithfield Street Bridge)

スミスフィールド・ストリート橋はレンズ型トラス橋で米国ペンシルバニア州ピッツバーグで モノンガヒラ川を横断している。

スミスフィールド・ストリート橋 ピッツバーグにおける位置

橋はグスタフ・リンデンソール (Gustav Lindenthal) -- 後にニューヨークのヘル・ゲート橋をデザインした技術者 -- によりデザインされた。 スミスフィールド・ストリート橋は 1881 年から 1883 年にかけて建設され、 1883 年 3 月 19 日に開通した。 橋は 1889 年に拡幅され、1911 年に再び拡幅された。 橋は 「国内歴史的土木工学ランドマーク」 (National Historic Civil Engineering Landmark) 及び 「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) に指定され、 「ピッツバーグ歴史・ランドマーク財団」(Pittsburgh History and Landmarks Foundation) の 「歴史的ランドマーク銘板」 が掲げられている。

  1. 歴史
  2. 画像ギャラリー
  3. ポピュラー・カルチャー
歴史

現在の橋は、この場所の 3 番目の橋で、米国で 2 番目に古い鋼の橋であり続けている。 1818 年に Louis Wernwag により $102,000 の経費で木造の橋がモノンガヒラ川にかけられた。 この橋はピッツバーグの大火災 (Great Fire) により破壊された。 この場所の第 2 の橋は ジョン A. ローブリング (John A. Roebling) により建設されたワイヤー・ロープ吊り橋である。 橋の交通と川の交通が共に増え、 8 基の短いスパンを持ち、 軽く建設された橋では不適切になった。 現在のリンデンソールの橋は、この場所でローブリングの石造橋脚を使用して建設された。

モノンガヒラ川がアレゲーニー川と合流して、 ピッツバーグのダウンタウンでオハイオ川となるまでに、 モノンガヒラ川に多くの橋がかかり、 スミスフィールド・ストリート橋は、この多くの橋の後ろから 2 番目の橋である。 フォート・ピット橋 (Fort Pitt Bridge) がこの更に下流にある。

かって橋はピッツバーグ鉄道の路面鉄道網にも貢献し、 ワシントン山通過トンネル (Mt. Washington Transit Tunnel) から来る線路とカーソン・ストリート (Carson Street) の線路が橋を横断して、 ダウンタウンの中に進み、 グラント・ストリート (Grant Street) とスミスフィールド・ストリートを通り、 ウッド・ストリートもしくはグラント・ストリートで橋に戻った。 軌道は橋の東半分を占有していた。 路面電車の線路は 1985 年 7 月に見捨てられ、この時路面電車は 7 月 7 日にパンハンドル橋 (Panhandle Bridge) と地下軽鉄道に迂回した。 ピッツバーグのダウンタウンとスミスフィールド・ストリート橋における路面電車の 最後の営業日は 1985 年 7 月 6 日であった。 もっとも路面電車が橋を最後に横断したのは 7 月 7 日の AM 1:40 であった。 それまでの路面電車の通行権は北向き交通用の舗装道路に転換された。

橋は 1974 年 3 月 21 日に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録された。 2 年後の 1976 年 5 月 11 日に 「国の歴史的ランドマーク」 に指定された。

橋の水上余地が小さいことと、 橋が劣化したことによりペンシルバニア州輸送局 (PennDOT) の当局者は 橋を取り壊して現代的な橋で交換することを確信した。 「ピッツバーグ歴史・ランドマーク財団」 による、橋の保存運動が当局者を考えさせた。 1994 年 - 1995 年に、橋は新しい路面、 多彩な塗装計画、建築上の照明により、復元された。 見捨てられた鉄道は余分な車線となり、 交通ラッシュ時に作動する信号制御のバス車線が追加された。 橋には最も多くの歩行者が利用する歩道橋としての特徴があり、 歩行者の大半はステーション・スクエア (Station Square) に駐車する通勤者である。

橋はピッツバーグ、ダウンタウンのスミスフィールド・ストリートとステーション・スクエアを接続している。

訳注
ステーション・スクエアはモノンガヒラ・インクラインにも登場する。 下の画像ギャラリーの最初の写真をクリックして拡大画像を表示させると、 モノンガヒラ・インクラインが見える。
画像ギャラリー
1984 年のダウンタウンからの
光景、路面電車が橋から出る。
1966 年に路面電車が橋を
横断、南に向かう。
スミスフィールド・ストリート橋
の鉄細工の詳細。南を向く。
夕闇のスミスフィールド橋 2000 年代の北端
ポピュラー・カルチャー

1993 年のブルース・ウィルスの映画 スリー・リバース (Striking Distance) で、 1983 年の映画 フラッシュダンス (Flashdance) の除幕で、そして 2010 年のラップ・ビデオ Black and Yellow で橋が呼び物となった。