ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Waterford Covered Bridge - Wikipedia

ウォーターフォード覆い橋: Gppgle map アップされた写真

ウォーターフォード覆い橋
(Waterford Covered Bridge)
ウォーターフォード覆い橋 ペンシルバニア州における位置

ウォーターフォード覆い橋は タウン格子トラス覆い橋で、 米国ペンシルバニア州エリー郡のウォーターフォード・タウンシップ (township = 郡区) のレボウーフ川 (LeBoeuf Creek) にかかっている。 橋は 1875 年に建築され、 長さが 85 フィート 11 インチ (26.2 m) である。 ウォーターフォード覆い橋はエリー郡に残っている 2 つの覆い橋の 1 基で、 もう 1 つはハリントン覆い橋である。 この橋もタウン格子トラス橋で、 ペンシルバニア州に 19 基しか残っていないものの 1 基である。 橋は 1936 年の 「米国の歴史的建築物調査」(Historic American Buildings Survey) により記録され 1980 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録された。 2011 年に劣化により閉鎖された。

1936 年のウォーターフォード覆い橋
の HABS/HAER の写真
訳注
HABS = Historical American Building Survey = 歴史的な米国建築物調査
HAER = Historical American Engineering Record = 歴史的な米国工学記録
  1. デザイン
  2. 歴史
デザイン

ウォーターフォード覆い橋はウォーターフォード自治町 (borough) の南東にある。 橋はレボウーフ川 (LeBoeuf Creek) にかかり、 スパンの長さは 78 フィート (24 m) で、 全体の長さは 85 フィート 11 インチ (26.2 m) である。 橋は 15 フィート 1 インチ (4.6 m) の幅があり、ニーマイヤー道路 (Niemeyer Road, タウンシップ道路 463) の 1 車線を通している。 道路の路面自身は 13 フィート 5 インチ (4.1 m) で、 横板で構成され (transverse decking)、2 フィート幅 (1m) の 1 対の車輪が載る縦板 (runner) があり、 ゆるんだ板からの騒音を削減し、車を誘導している。 橋には上方余地が 10 フィート 4 インチ (3.1 m) しかなく、 これにより大きすぎる車両が頻々と衝突している。

ウォーターフォード覆い橋の内部

橋はリチャード・クロス (Richard Cross) によりデザインされ、 タウン格子トラスが使用された。 トラスは梁が 45 度から 60 度の角度で交差し、 木のピンで接続される格子から構成された。 ペンシルバニア州にはタウン格子を使用した 19 基の橋が残っているのみで、 ウォーターフォード覆い橋はエリー郡にある唯一のものである。 橋はエリー郡にある塗装された唯一の覆い橋で、 橋の外側は 「納屋の赤」 (barn red) に塗られている。 橋には 「通常と違う金属製のパイプ構造」 が橋の南側の橋台に取り付けられている。 この構造はキング・ポストの枠組みで支えられ、近くのパイプラインに接続されているようである。

ウォーターフォード覆い橋の南側
青いパイプ構造に注意

元々、白い標識が各入口の上に取り付けられ 「古い接吻橋 は 1875 年にフェルプス兄弟 (Phelps Bros.) により建設された」 と書かれていた。 2000 年代の中頃のある時期に標識が取り外された。 橋が閉鎖された時に、 「橋は閉鎖」 の大きな標識が同じ場所に取り付けられ、 橋の進入路にコンクリート製のバリケードが置かれた。

歴史

米国で最初の覆い橋は 1805 年に ペンシルバニア州フィラデルフィアのスクーカル川 (Schuylkill River) にかけられた。 19 世紀の終わりには、 1500 基以上の覆い橋が州の至る所に建設された。 1820 年にイシエル・タウン (Ithiel Town) が自分の名前を付けた格子トラスの特許を取った。 このトラスはとりわけ人気が出た。 これは、より大きな重い木材 -- 製造することがより高価 -- の代わりに小さな木材しか使用しなかったためで、 比較的熟練していない労働者にも簡単に建設できたからである。 この橋は又、十分に強固であったため、 木材と鉄を使用して鉄道建設に適したものになった。

ウォーターフォード覆い橋はフェルプス兄弟 (チャールズとジェームズ) により 1875 年に建設された。 建設の目撃者が 1936 年に物語った所によると、 完成するのにおよそ 2 ヶ月かかったとのことである。

2001 年に、ウォーターフォード・タウンシップは 「ペンシルバニア州歴史・博物館委員会」 (Pennsylvania Historical and Museum Commission, PHMC) から $54,000 の補助金を受け取り、 橋の 垂木、屋根、 こけら板 (shake shingles) を交換することになった。

現代の使用と立場

2014 年現在では、 エリー郡には、たった 2 基の覆い橋 -- ウォーター覆い橋とハリントン覆い橋 -- しかない。 カーメン覆い橋 (Carmen Covered Bridge) とガッジョンビル覆い橋 (Gudgeonville Covered Bridge) はそれぞれ 1996 年と 2006 年に放火で失われた。 橋は大きすぎるトラックが橋を横断しようとして被害を受けた。 最初の事件は 2003 年 6 月 17 日に起き、箱型トラックが関連した。 別の事件には フェデックス (FedEx) のトラックが関連し、 このトラックは橋に掲示してある上方余地よりも 8 インチ (20 cm) 高く、 掲示してあった重量 -- この時は 3 米トン (1,620 kg) -- より 3,580 ポンド (2.7 トン) 重かった。 路面の板、支持梁、横木の幾つかが被害を受けた。 もっとも橋の構造一貫性 (integrity) は被害を受けることがなく、 橋は閉鎖されることがなかった。 橋は頻々とバンダリズムの対象となり、 落書きが橋の表面に描かれた。 ある時には、鹿の死体が垂木から垂れ下がっているのが発見された。

2014 年の州と連邦政府の道路当局者による査定から、 ウォーターフォード覆い橋を安全に再開するには随分と刷新する必要があることがわかった。 構造板は無くなっていたり、緩んでいることが見つかり、 全ての部分構造を交換する必要があることがわかった。 ペンシルバニア州輸送局 (PennDOT) は大きすぎるトラックが橋に到達するのを防ぐために、 橋の手前に頭上の棒を (設置することを) 提案し、 更には照明とバンダリズムを阻止するために監視カメラを提案した。