ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bridge L-158 - Wikipedia

橋 L-158: Google map (衛星写真)、 ストリートビュー: 横から見る、 アップされた写真 その 1 その 2

橋 L-158 (Bridge L-158)

橋 L-158 はマスクート貯水池 (Muscoot Revervoir) に架かる使用されていない鉄道橋で、 米国ニューヨーク州ゴールデン・ブリッジ (Golden Bridge, 集落) の近くにある。 この橋は キングストン (Kingston) の近くで ロンダウト川 (Londout Creek) 横断のために ニューヨーク・セントラル鉄道によって建設され、 1904 年に現在の場所に移動された。

橋 L-158 位置

1960 年に橋は任務から離れ、軌道が取り除かれた。 橋はニューヨーク州で唯一残存する二重交差 ウィップル・トラス鉄道橋である。 1978 年には橋は国の歴史登録財に登録され、 完全にウェストチェスター郡 (Westchester County) の中にあって、 それ自身で登録された唯一の橋である。

  1. 位置
  2. 構造
  3. 歴史
位置

橋は貯水池の入り江に架かり、 メトロノース鉄道 ハーレム線のゴールデン・ブリッジ駅、及び 州間道路 684 から西におよそ 0.5 マイル (1 km) の所にある。 橋は東のルイスボロ町 (town of Lewisboro) と西のソマーズ町 (Somers) の境界にまたがっている。

州道 138 (NY 138) が 500 フィート (150 m) 北で貯水池を横断している。 橋はここで、最もはっきり見えるが、駅の近くの通勤列車から木々の間に見ることができる。

橋は林で囲まれ、 これは貯水池の保護された土地の一部で、 橋同様にすべてがニューヨーク州環境保護局により所有されている。 かっての軌道ルートが橋の両側の進入路に見受けられる。

構造

両側のトラスは長さ 163 フィート (50 m) で、 9 枚の全く同一なパネルから構成されている。 トラスは高さ 32 フィート (9.8 m) である。 2 つの橋台が平均水位の上 12 フィート (3.7 m) の位置で橋を支えている。

訳注
パネルはトラス要素から構成される枠のことで、 写真からこのトラスは 7 枚の長方形のパネルと、2 枚の三角形のパネルから構成されている。 従って、上の説明の 「9 枚の全く同一なパネル」 は間違い。

ピンで接続された上部構造は、 下端要素と伸張要素に錬鉄製のフェニックス社の柱 (カラム) を使用している。 エンドポスト (トラス両端の斜めの支え) と上端要素は 6 個のフランジを付けた鋳鉄製の要素がリベット付けされたものでできている。 中間の垂直要素と横支柱 (lateral strut、トラスの上端で左右のトラスをつなぐ横方向の支柱) は各々 4 個から構成されている。 対角要素と下端要素は幅 4 インチから 8 インチ (10 cm から 15 cm) の長方形のアイバーから構成されている。 丸棒がカウンター (counter) とスウェイ・ブレイス (sway brace, 横支柱の下にある横方向の補強材) に使用されている。 (路床に関しては) 鉄製の縦桁に鉄製の横桁がリベット付けされている。 どちらの入口も四つ葉のブラケット (quatrefoil bracket) とフィニアル (finial) で装飾されている。

訳注
  1. フランジは鉄道の車輪の輪縁のようなもの、鉄の棒やパイプを長く接続する時に使用する。
  2. 四角形の対角線の要素に対して、もう一つの対角線要素のことをカウンター・ブレイスと呼ぶようです。 これが上のカウンターのことかもしれない。
  3. 冒頭の「アップされた写真、その 1」から判断すると、四つ葉のブラケットは次の形をした支え
    フィニアルは入口の一番上についている小さな塔 (or 突起)。
歴史

この橋は元々 1500 フィート (370 m) の高架橋の 3 スパンのうちの最小のもので、 北に 50 マイル (80 km) の所にあるキングストンのロンダウト川の合流点で 西海岸線 (West Shore Line) にあったものである。 この橋は 1883 年にフェニックスに拠点を置くクラーク・リーブス社 (Clarke, Reeves & Company, フェニックス鉄工場の子会社) により幅 26 フィート (8.8 m) の橋 -- ニューヨーク・セントラル鉄道の管理上では橋 141 と呼ばれた -- として建設された。

訳注
1882 年に全て鋼のフォース橋ができていますが、 米国では 1883 年にまだ古い方法が使用されていることがわかる。

1904 年に鉄道会社はロンダウト川を 1 つのスパンで横断する別の橋を建設した。 同時期にニューヨーク市はクロトン川 (Croton River) の流域で給水のために土地を購入して、 木々を払って、ダムを作ることを始めていた。 この地域の鉄道は市との合意により、 水没した地域で自分たちの費用で橋を建設することが要求された。

鉄道会社は橋 141 を南の貯水池に移動することを決定し、 ここで、かってのニューヨーク・ハーレム鉄道 (New York and Harlem Railroad) のマホーパック支線 (Maphopac Branch) に必要となる橋 -- 今や橋 L-158 -- を建設することになった。 この鉄道は、かってのニューヨーク・マホーパック鉄道で、 19 世紀に夏のリゾート地の任に就いた。 鉄道は単線であったため、橋はそのように -- 幅を 16 フィート (4.9 m) に短くして -- 再建された。

マホーパック支線の事業は 1960 年まで続いた。 橋に出入りする軌道はまもなく取り外されたが、橋自身は残った。 1976 年に「歴史的な米国工学記録」 (Historic American Engineering Record) の調査チームは 橋が保守・使用されていないのにかかわらず、 良好な状況であることを発見した。 橋がニューヨーク市の水源にあり、 公衆の侵入が固く制限されていることも保存の助けとなった。