ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hillsgrove Covered Bridge - Wikipedia
ヒルスグローブ覆い橋: Google map、 アップされた写真: その 1、 ストリートビュー: 西の入口
ヒルスグローブ覆い橋
(HIllsgrove Covered Bridge)

ヒルスグローブ覆い橋バー・アーチ・トラスの覆い橋で、 米国ペンシルバニア州サリバン郡のヒルスグローブ・タウンシップのロイヤルソック川に架かっている。 橋は 1850 年頃建設され、長さ 186 フィート (56.7 m) である、 1973 年に、郡の覆い橋で、始めて国の歴史登録財となった。 橋はタウンシップの名称と、近くの法人化されていないヒルスグローブ村の名称にちなんで名付けられた。 隣接する農場の理由から リンカーズ覆い橋 とも呼ばれる。

ロイヤルソック川に架かる
ヒルスグローブ覆い橋、2012 の修復後 (上)
2011 年の洪水の被害 (中),
2008 年の修復前 (下)
ペンシルバニア州における位置

ペンシルバニア州は米国で最初に覆い橋が建設された場所で、 19 世紀以来、覆い橋が最も多かった場所である。 覆い橋は石の橋から金属の橋への移行期のもので、屋根と側板が木造構造を気象から守るものである。 ヒルスグローブ橋では荷重を支えるバー・アーチが多重キング・ポストを両側から挟み込み、 強さと剛性を与えている。 橋はサドラー・ロジャース (Sadler Rodgers) により建設され、 彼は近くのフォークスビル覆い橋も類似のデザインで同じ年に建設している。

ヒルスグローブ橋はサリバン郡で残っている 3 基の覆い橋で最長のものであり、 1870 年から 1890 年の間、材木イカダの川の上陸地点の任を担った。 速度、動物の数、及び火を制限する 19 世紀の規則が橋の上に告示してある。 修復工事が 1963 年、1968 年、2010 年に実施され、 深刻な洪水の被害の後で 2012 年にも実施された。 橋は今でも使用され、2012 年には 1 日の平均交通量は 54 台の車両であった。 これらの修復にもかかわらず、2012 年の国内橋梁台帳 (National Bridge Inventory) では橋を 「構造的に不十分」 (structurally deficient) と評価し、 構造充足率を 16.5% にした。

  1. 概観
  2. 歴史
  3. 橋の大きさ
概観

覆い橋はヒルスグローブ・タウンシップの 「覆い橋道路」 (Covered Bridge Road, タウンシップ道路 357) にあり、この道路はペンシルバニア州道 87 の北 0.1 マイル (0.16 km) にあり、 州道から覆い橋道路に至るには 「スプラッシュ・ダム・ロード」 (タウンシップ道路 359) を経由する。 橋は法人化されていないヒルスグローブ村の北東 2.6 マイル (4.2 km) の上流地点で ロイヤルソック川を横断し、エルクランド・タウンシップ (Elkland Township) のすぐ南にある。 橋はリンカー農場 (Rinker farm) の理由からリンカーズ覆い橋 (Rikers Covered Bridge) とも呼ばれる。 リンカー農場は橋の東端にある。 サリバン郡はペンシルバニア州中央北部にあり、 フィラデルフィアの北西およそ 123 マイル (198 km)、 ピッツバーグの北東およそ 195 マイル (314 km) にある。

ヒルスグローブ村の最初の定住者はダニエル・オグデン (Daniel Ogden) で、 およそ 1786 年頃のことで、ここは今ではサリバン郡に属している。 ヒルのグローブ (ヒルの森、Hill's Grove, 後に単にヒルスグローブとなった) 村を設立し、 命名したジョン・ヒル (John Hill) は 1789 年にこの地を訪れ、1794 年にオグデンの土地を購入した。 サリバン郡は 1847 年 3 月 14 日にライカミング郡から分離し、橋が 1850 年に建設された。 ライカミング郡との境界はプランケッツ・クリーク・タウンシップ (Plunketts Creek Township) の中を通り、そのため当初は、隣接する郡の各々に、この名前を持つタウンシップが存在した。 混乱を避けるために、サリバン郡のタウンシップの名前が 1856 年にヒルスグローブ・タウンシップ に変更された;新しいタウンシップの名前はヒルスグローブ村に由来した。 ヒルスグローブ村はタウンシップの当時の (そして現代の) 最大の集落である。 ヒルスグローブ覆い橋はタウンシップと村の名前から命名され、 橋の名前は近くの一部屋だけの学校にブリッジ・ビュー・スクール (橋が見える学校、Bridge View School) の名前を与えた。

ヒルスグローブ覆い橋の名前は今では消え失せた覆い橋のことも指していた。 この橋もロイヤルソック川に架かっていたが、ヒルスグローブ村にあった。 これは 1876 年から 1934 年まであったが、この時運命づけられて、鋼とコンクリートの構造で置き換えられた。 この覆い橋はこの場所の 3 番目の覆い橋で、最初のものは川に落下し、2 番目のものは取り壊されて 3 番目に道を譲った。

歴史
背景

米国で最初の覆い橋は 1800 年にペンシルバニア州フィラデルフィアのスクーカル川 (Schuylkill River) を横断した。 ペンシルバニア州の覆い橋:ガイド (The Covered Bridges of Pennsylvania: A Guide) の著者である スーザン M. ザッカー (Susan M. Zacher) によると、バー・アーチ・トラスのデザインによる最初の覆い橋も 同様にペンシルバニア州で建設された。 ペンシルバニア州にはかって少なくとも 1500 基の覆い橋があったと見積もられ、 1830 年から 1850 年にかけて国内で最多であったと思われている。 2001 年に、ペンシルバニア州には、他の州よりも現存する歴史的な覆い橋がもっと多くあった; 67 郡のうちの 40 郡で 221 基が残っていた。

覆い橋は石の橋から金属製の橋への移行期のものであった; 後者は鋳鉄もしくは鋼で作られた。 19 世紀のペンシルバニア州では、木材は橋の建設用に豊富な資源であったが、 気象にさらされると長持ちしながった。 覆い橋の屋根と取り囲む側板が構造要素を保護した。 バー・アーチ・トラスは荷重を支えるアーチが多重キングポスト・トラスを挟み込むことで構成され、 その結果一つだけの要素よりももっと頑丈で、剛性を持つ構造になった。 1890 年にはサリバン郡には 30 基の覆い橋があったが、1954 年には 5 基しか残っておらず、 2011 年には 3 基のみになった; フォークスビル、ヒルスグローブ (Hillsgrove)、及びソンズタウン (Sonestown) の覆い橋である。

橋の内部の光景 (2015 年)
バー・アーチとキングポスト
が見える。両側で床にボルト
付けされた木の針は車輪ガード
橋の下、東を見る、2012 年。
建設と説明

3 基のサリバン郡の覆い橋はすべて、1850 年頃にバー・アーチ・トラスで建設された。 ヒルスグローブ橋はサリバン郡のためにサドラー・ロジャース (Sadler Rogers (or Rodgers)) により建設された。 彼はフォークスビル生まれで、当時わずか 18 才であった。 彼は同じ年にフォークスビル覆い橋を建設した。 ヒルスグローブの橋はおよそ 5 マイル (8 km) 下流にあった。 大半の情報源はソンズタウン橋の建設者の名前を載せていないが、 サリバン郡の残りの覆い橋に関する 2 つの新聞記事が報道する所によれば、 ロジャースはこの橋も同様にデザインし、恐らくは建設した。

1973 年 7 月 2 日に、ヒルスグローブ橋は NRHP (国の歴史登録財) に追加されたサリバン郡の最初の覆い橋となり、 1980 年 7 月 24 日に、 ブラッドフォード郡、サリバン郡、及びライカミング郡の 7 基の覆い橋の「多重歴史遺産提案」 (Multiple Property Submission) で再び NRHP に含まれた。 ヒルスグローブ橋は 2013 年の国内橋梁台帳 (NBI, National Bridge Inventory) に載り、台帳ではこの覆い橋を長さ 186 フィート (56.7 m)、 最大荷重を 5.0 米トン (4.5 t) としている。 しかしながら橋の進入路に告示されている最大荷重は 3.0 米トン (2.7 t) しかない。 2006 年の NBI では橋の路面の幅を 12 フィート 2 インチ (3.7 m) とし、 NRHP によると 「路面幅」 は 18 フィート (5.5 m) で、 これは単一車線の交通に十分なだけである。

2015 年現在、各入口には頭上余地が 8 フィート (2.4 m) であることが告示されている。 東の入口の頭上余地の標識の上の標識には 19 世紀の使用制限が保存されている: 「注意:動物に乗って、あるいは引き連れて橋を渡る時には走ってはいけない。 一度に 15 匹以上を引き連れてはならない。火は安全容器に入れること。 以上に抵触すれば罪状ごとに $.30 以上の罰金が課せられる。」 2010 年の修復以前には、西の入口には頭上余地の標識の下に 「トラック禁止」 の標識があった。

覆い橋は石としっくいの橋台に設置されていたが、 橋台はコンクリートで強化されている。欄干はない。 橋の針は、場所によっては鋼の梁で強化されている。 橋の路面は横方向の 「幅が狭い床板」 で作られている。 路面の車輪ガードは道路と両側の歩道を分離し、側面を保護している。 側面は 「垂直な目板打ちの壁」 (vertical board and batten siding) によっておおわれて、ほとんどひさしまで達している。 内部と外部は赤く塗装されている。橋には長くて狭い窓があり、木造の扉 (shutter) がある: 南側に 3 つ、北側に 2 つある。 ひさしと壁の間の開口部は両側で橋の全長にわたっている。 切妻屋根は木造のこけら葺き (shake single) である。 橋はバー・トラスで支えられ、 フォークスビルのものとデザインと建設で類似している。 ヒルスグローブの橋の西端は急な山腹に面し、 西から橋に近づく時に、橋に進入するためには 急に右折する必要がある。 2010 年の修復前には側面は塗装されていなかったが入口は赤く塗装されていた。 一方、切妻屋根は板金で、これは元々の木造のこけら葺きの上に設置された。

南側の東端の窓からロイヤル
ソック川を見る。窓の前に
キングポストがある。
東の入口 (2008 年) には頭上余地
の標識と橋の上での動物と火の
歴史的な制約示す標識
西の入口と橋の南側の一部。
こちら側で橋に入るには
急な曲がり角がある。

サリバン郡の覆い橋に対する態度は 20 世紀の後半に随分と変化した。 1954 年に残っていた 5 基の覆い橋の 2 基が 1970 年に破壊され、 この時ペンシルバニア州輸送局はフォークスビル覆い橋も壊すことを考えていた。 しかし橋はその歴史的価値と観光客が気に入る理由から壊されずに修復された。 ヒルスグローブ橋は 1973 年に NRHP に追加され、 他の 2 つの橋も 1980 年に追加された。 ペンシルバニア州歴史・博物館委員会は現在では州内の NRHP の覆い橋の破壊を禁止し、 いかなる修復工事も委員会の承認を得る必要がある。

使用と修復

19 世紀にヒルスグローブ覆い橋は 1865 年 3 月 1 日、及び 1889 年 6 月 1 日の 大規模な洪水を生き延びたが、これらはサスケハナ川西支流 (West Branch Suquehanna River) の峡谷の他の橋を破壊した。 1870 年と 1890 年の間頃には、 ロイヤルソック川流域の木の伐採により材木イカダが作られ、 橋の下を通り過ぎた。 橋は夜には航行しない材木イカダの 「アンクル・ベンの上陸地点」(Uncle Ben's Landing) の場所になった。 これらのイカダは 5000-30000 ボートフィート (12 - 70 m3) の材木から構成され、 ロイヤルソック川を下って (サスケハナ川西支流の) 流出口のモントゥアズビル (Montoursville) まで下った。 イカダの時代は東側の ツガがすべて伐採されると終了した。

サリバン郡とライカミング郡の覆い橋に関して、 1963 年 4 月の記事にはヒルスグローブ橋の路面が少し後方にずれたと述べ、 NBI のデータによると橋は 1963 年に再建されたと述べている。 T. コービン・ルイス (T. Corbin Lewis) -- ヒルスグローブ・タウンシップの引退した電気請負業者 -- が 1968 年に橋を再建した。 ヒルスグローブ橋の南西の橋台のコンクリートによる強化は 1968 年のものであるが、 この修復でなされた他の工事は記録されていない。 ルイスは 1970 年にフォークスビル覆い橋も修復し、 NRHP の推薦様式では 「あらゆる風変わりな修理」 と記述されたものである。 ルイスのフォークスビルの修復工事には始めて橋の両側に窓を作ることが含まれ、 南側に 4 つの窓、北側に 3 つの窓が作られた。 一方、ヒルスグローブの橋では南側の窓 (3 つ) が北側の窓 (2 つ) よりも多いが、 これらは追加されたものかどうかは知られていない。 1936 年の橋の写真では南側には窓がなく、東の橋台はコンクリートで強化されていなかった。

覆い橋道路 (Covered Bridge Road) にアクセスするには東端のヒルスグローブ覆い橋か、 西端のエルク川 (Elk Creek) の橋を通る方法のみである。 サリバン郡は 1989 年 3 月 21 日と 7 月 21 日の間にエルク川に架かる橋を交換した。 4 家族、1 商店、そして リトル・リーグ野球キャンプの 110 人の子供たちは覆い橋の使用に限定された。 郡の当局者の述べることによると、 覆い橋は 2.0 米トンの重量制限が告示されているが、5.0 米トンを支えることがまだ可能で、 小さな消防車と救急車には十分である。 緊急事態にはより大きな緊急車両は必要とあれば、川の浅瀬を渡ることができる。 いずれにせよ、エルク川の橋が交換中の 4 ヶ月間に、アクセスの制約から問題が生じることはなかった。

エバンズの本は 1991 年から 2000 年にかけて橋の北東の側壁にされた修理を述べている。 2001 年に米国運輸省連邦道路管理局は 「歴史的覆い橋保存プログラム」 (Historic Covered Bridge Preservation Program) の下にヒルスグローブ橋の修復工事の 80% をまかなうための $360,000 を承認した。 これは、この年にこのプログラムで選ばれたペンシルバニア州の 2 基の橋の 1 つで、全国では 43 基の 橋の 1 つであった。 2010 年に橋は 1960 年以来、始めて修復された。 サリバン郡は 2 月に入札を呼びかけ、 プロジェクトの経費を $200,000 から $500,000 の間と予測した。 金属の屋根がスギのこけら葺きで交換され、 修理は木造構造、入口、側壁になされ、橋と路面が清浄化され、 橋は赤色に塗装されて。 修復費用は $150,516 かかり、橋は 2010 年秋に再開通した。

2010 年に 8 月末の ハリケーン・アイリーンと 9 月初めの熱帯低気圧リー (Lee) により橋はひどく損傷した。 ロイヤルソック川の洪水は橋にガレキを押し寄せ、 南の側壁の多くを奪い、進入路を流し去り、構造梁に損傷を与え、 北側の 「木造下部トラス要素と路面の間に 2 本の木を食い込ませた」。 フォークスビルの覆い橋は深刻な被害を逃れたが、 ヒルスグローブとソンズタウンの覆い橋は共に閉鎖され、「ペンシルバニア州の保存」 (Preservation Pennsylvania、私的非営利組織) はどちらの橋も復元できるか否かを問う報告を刊行した。 サリバン郡は 連邦緊急事態管理庁 (Federal Emergency Management Agency) にどちらの橋も修理するための資金を申請し、 受理した。 ヒルスグローブの方が先に修復された。 というのは、これはレストランに行くための主なルートで、猟師にひどく利用されていたからである。 修理には構造梁、路面の区間と側壁の交換が含まれていた。 ロイヤルソック川は 「例外的に価値がある川」 (Exceptional Value Stream) であるため $250,000 の修復の最中に川床で構造を支える足場はペンシルバニア州環境保護局 (Pennsylvania Department of Environmental Protection) の承認が必要であった。 橋は 2012 年 11 月 21 日に再開通し、 丁度、鹿狩りシーズンに間に合った。 開通式はサリバン郡の郡政委員が挙行し、彼は丁度 25 年前に橋で結婚式を挙げていた。

2011 年の洪水の被害、梁と側板が
壊れ、2 本の木が食い込み、
路面が曲がった。
2012 年の洪水後の修復
の最中に橋を支える足場

2010 年の修復にもかかわらず、2012 年の連邦道路管理局国内橋梁台帳 (Federal Highway Administration National Bridge Inventory) は橋を 「構造的に不十分」 (structurally deficient) とした。 更に、橋の充足率 (sufficiency rating) を 16.5% とし、 橋の手すりと進入路のガード・レールは 「現在の許容できる標準」 に合致しないとした。

2015 年現在、橋はなお使用されている: 1 日の平均交通量は 2012 年に 54 台の車両であった。 2012 年の洪水後の橋の修復は 「緊急応答」 (Emergency Response) の賞を受けた。 2014 年の本 米国の覆い橋 -- 現実的な橋 -- 懐旧の偶像 (America's Covered Bridges - Practical Crossings - Nostalgic Icons) にはヒルスグローブ覆い橋の 2 枚の写真が含まれていた。 (そして本の表紙には近くのフォークスビル覆い橋の写真が含まれていた。) ザッカーによると 「サリバン郡の複数の橋は、その背景から、 州の中で最も魅力的なものの幾つかである」。

橋の大きさ

次の表は異なる情報源で、異なる方法による、長さ、幅、荷重の公表値の比較で、 更には引用されている名称の比較である。 NBI は橋の長さを橋台の背面の間の距離、あるいは舗装の溝の間の距離とし、 道路面の幅を縁石あるいはレールの間の最も制限がある最小距離としている。 NRHP の様式はペンシルバニア州歴史・博物館委員会 (PHMC, Pennsylvania Historical and Museum Commission) によって準備されたもので、 これはペンシルバニア州のすべての覆い橋に関して、 (複数の) 郡の技術者、歴史協会、覆い橋協会などに調査したものである。 エバンズは 2001 年にペンシルバニア州のすべての覆い橋を訪れ、各橋の長さ (入口から入口まで) と (入口の) 幅を本のために測定した。 ザッカー (Zacher) の本のデータはペンシルバニア州のすべての覆い橋の 1991 年の調査に基づくもので、 この調査は PHMC とペンシルバニア州輸送局が地方政府と民間機関の協力を得て実施したものである。 これは基本的には NBI と NRHP のデータを使用している。 というのはこれは全国調査だからである。

情報源 長さ 荷重 名称
NBI 201256.7m 3.71m4.5t ヒルスグローブ
NRHP 198052.1m 5.5m 2.7t ヒルスグローブ
エバンス200156.59m4.6m 記載なしヒルスグローブ、
リンカーズ
ザッカー199446.3m 5.5m 記載なしヒルスグローブ